アニメの紹介

アニメ・残響のテロルの動画を定額見放題!あらすじと感想も紹介

更新日:

残響のテロル

衝撃のアニメ・残響のテロルが見られる動画配信サービスを解説します。

もちろんサービスの紹介だけではなく、物語のあらすじ・声優のキャスト・感想まで詳細にご紹介。

この機会に、残響のテロルを含め、気になっているアニメ作品のイッキ見をしてみてはどうでしょうか。

 

残響のテロルの見逃し配信(再放送)が見られる動画配信サービス一覧

VOD事業者 見放題 ペイパービュー 月額利用料
U-NEXT 1,990円
FOD 888円
Hulu 933円
dTV 540円
auビデオパス 562円

現時点で残響のテロルが見られるのは、Huluとフジテレビ系のFODだけです。

FODはフジテレビ系列のアニメ・ドラマ・バラエティなどには強いのですが、価格の割に見放題が2,500本と少なめ。

対してHuluは50,000本もの、たくさんのアニメ・映画・ドラマが見放題ですから、同じくらいの金額を払うのなら圧倒的のHuluがオススメだといえます。

Huluでは2週間の無料トライアルキャンペーン中ですから、この機会に試してみてもいいかもしれませんね。

トライアル中でもすべて見放題ですし、合わなかった場合に途中でキャンセルしても料金はゼロです。

 

>>Huluの詳細を見てみる

 

無料で見放題なのはどれ?イッキ見(一気見)できる動画配信サービス

このサービスならイッキ見!

残響のテロルをイッキ見したいのなら、この2つの動画配信サービスに限られます。

週末や長期休暇に残響のテロルやそのほかの作品もイッキ見すると、退屈せずに楽しめそうですね。

 

残響のテロルのあらすじ

突如として起こった大規模テロ。主犯は「スピンクス」を名乗る二人の青年でした。

お互いをナイン、ツウェルブと数字で呼び合う奇妙な二人。何故「9」と「12」なのか。

何かを隠しているような影を感じる二人組。女子高生の三島リサは、二人が転向してきた学校に通っているごく普通の女子高生。

しかし、実は家庭に問題を抱えており、鬱屈した感情を持っていました。

たまたま学校で知り合っただけの二人組でしたが、この出会いが彼女のこれからの運命を大きく変えることになるとは、その時はまだ彼女は知りませんでした。

テロ事件のたびに明らかになる社会の闇と二人の正体。未熟な青年と少女の「叫び」がこだまし響き合うような、そんな作品です。

 

残響のテロルのキャスト

メインキャスト

  • ナイン※九重 新(石川界人)
  • ツエルブ※久見 冬二(斉藤壮馬)
  • 三島 リサ(種﨑敦美)
  • ハイヴ(潘めぐみ)
  • 柴崎(咲野俊介)
  • 六笠(かぬか光明)
  • 倉橋(手塚秀彰)
  • 羽村(逢笠恵祐)
  • クラレンス(高橋大輔)
  • 室長(山口太郎)

 

残響のテロルの感想・ネタバレ

ファンにはおなじみノイタミナシリーズの作品です。

テロリストとしての青年二人組が主人公になるという珍しい構想の作品。

ヒロインリサとの接触から、徐々に謎の真相が明らかになる構想は、エピソードを進めるごとに期待を煽るような面白い構想になっていて、回を増すごとに見ごたえが増してきます。

OPのAimerが歌う「誰か、海を。」は地響きを感じさせるような力強さと、野生の叫びを感じさせる恐ろしさを秘めており、この作品に通底している世界への理不尽と、それに立ち向かう少年少女という構図の在り方を明確に示しています。

作画はとても美しく、白を基調として淡々とした淡い色調は、二人とリサの生きている世界の息苦しさを示すようです。

スピンクスを名乗る二人は非常に優秀で、観ていてとても爽快な一方、なぜそのようなテロを刊行するのかといった問いを常に視聴者に投げかけてきます。

少し堅物気味なナインと陽気で人当たりの良いツウェルブという二人のコンビは、時に対立することもありますが、非常に良いチームワークで次々に事件を起こしていきます。

何故テロを起こすのか。なぜ彼らはそんなに手際よくテロを行うことができるのか。

「スピンクス」とは何か。こうした問いかけが明らかになり、彼らが迎えるラストは圧巻の一言でしょう。

タイトルに恥じない「テロ」と彼らの叫び。

人間社会の理不尽とその中で生きなければならない人々の息苦しさ、恐怖、やるせなさ。大きな問題を抱えている二人組。

家庭に問題を抱えたリサからも、そのようなメッセージが否応なく伝わってきます。

彼らの息をのむような痛快で悲痛な生き様にいつしか夢中になれ、そして迎えるフィナーレ。

視聴者は自らにその苦痛を重ねながら、その美しい彼らの抵抗に心打たれること請け合いです。

 

残響のテロルの続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

現時点で残響のテロルに続編の話は持ち上がっていません。

すくなくとも数年は続編は作られることがないはずです。

 

 

 

オススメの正規動画配信サービスはコレ

オススメの正規動画配信サービスはコレ

Hulu

評価 ★★★★★★★★★・9
月額利用料 933円
キャンペーン 2週間無料トライアル
見放題作品数 50,000本以上
PPV作品 ×
合計作品数 50,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

 

 

※残響のテロル視聴可

 

FOD

評価

★★★★★★★・・・7

月額利用料 888円
キャンペーン 最大1ヶ月無料
見放題作品数 5,000本以上
PPV作品数 5,000本以上
合計作品数 10,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 対応
特記事項 フジテレビ系列のため、同社のドラマやアニメの最新作に強い

FODはフジテレビが運営している動画配信サービスです。

そのため国内のドラマ・映画・アニメに非常に強く、とくにフジテレビで放映された作品に関しては、独自の見逃し配信があったりとサービスも魅力的。

ただし海外作品に関しては弱いため、どちらかというと国内の作品を中心に、目一杯に楽しみたい人にオススメです。

海外の作品には興味がないよーという人は、FOD一択ではないでしょうか。

ドラマとアニメの充実度は群を抜いてます。

 

 

※残響のテロル視聴可

 

U-NEXT

評価 ★★★★★★★★★★10
月額利用料 1,990円(1,200円分のポイント付)
キャンペーン 31日間無料トライアル
見放題作品数 80,000本以上
PPV作品数 40,000本以上
合計作品数 120,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 対応(見放題5,000本)
電子書籍 対応
特記事項 毎月もらえる1,200円分のポイントでPPV作品などを自由に楽しめる

U-NEXTは国内でも最高峰の動画配信サービス。

見放題作品80,000本にくわえて、PPV作品が40,000本合計で120,000本もの作品で、飽きることは永遠にないというほどのボリュームです。

価格は月額1,990円とほかのサービスよりもやや高い印象がありますが、実際には毎月1,200円分のポイントがもらえることから、実質的に790円が基本料だと考えることもできます。

なおポイントは各種PPV作品で使うことができ、1作品あたり400〜600ポイントですから、毎月2〜3本ほど有料作品が定額内で楽しめるという計算に。

ちなみに標準でアダルト動画の見放題にも対応していることは、ほかにはない特徴です。

VODサービスを検討する時に、まず最初に候補となるのはU-NEXTでしょう。

これ以上によい動画配信サービスは、今のところありません。

 

 

dTV

評価 ★★★★★★★・・・7
月額利用料 500円
キャンペーン 31日間無料キャンペーン
見放題作品数 120,000本以上
PPV作品 アリ(本数不明)
合計作品数 不明
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 見放題は多いが音楽ビデオやカラオケ動画が多い

NTTdocomo系列が運営しているdTV。

docomoの携帯を契約する時に申し込みをするイメージが強いですが、どのキャリアでも契約できるサービスです。

そしてdTVの強みはたった月額500円なのにも関わらず、見放題本数が120,000本もあることでしょう。

アニメ系の最新作には結構強いです。

ですが注意点もあり、見放題120,000本とありながらも、音楽ビデオやカラオケなど魅力に乏しいコンテンツを集めて見放題としている点。

契約してみると意外と見られる作品が少なかったと感じる人も多いことでしょう。

また複数の端末では一切使えないため、家族で共有することもできないことに注意してください。

1契約で1人しか使えません。個人で楽しみたい人向けだといえそうです。

 

 

auビデオパス

評価 ★★★★・・・・・・4
月額利用料 562円(520円分のコイン付き)
キャンペーン 30日間無料キャンペーン
見放題作品数 10,000本以上
PPV作品 アリ(本数不明)
合計作品数 不明
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 【注意!】auユーザーしか契約できません
auマンデイ(TOHOシネマズ系列なら毎週月曜日に1,100円)、auシネマ割(ユナイテッドシネマ系列ならいつでも1,400円)が使える

auビデオパスはauのユーザー以外では原則使えません。

無料作品に関してはauユーザー以外でも使えるとありますが、実質的にauのケータイを使ってる人専用のサービスだと考えましょう。

映画が安く見られることに関してはメリットがありますが、それ以外はとくに目立ったメリットもないのがつらいところ。

auを使っている人は検討してみるのもいいかも!?

 

 

 

-アニメの紹介
-, , , , ,

Copyright© 動画の森 - VOD動画の専門サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.