アニメの紹介

アニメ・妖怪ウォッチの動画を全話配信中のサイトはここ!

社会現象まで起こした人気のアニメ・妖怪ウォッチ。

始まった当初は日本中の子どもたち夢中になり「ようかい体操第一」を踊ったのではないでしょうか。

ちなみにぼくは忘年会で踊りましたが…。

そんな妖怪ウォッチが全話一挙に見られる動画サービスをまとめました。

アニメ妖怪ウォッチの動画が視聴できる動画サイト

VOD事業者見放題ペイパービュー見放題数月額利用料
U-NEXT80,000本1,990円
Hulu50,000本933円
FOD2,500本888円
dTV120,000本
※カラオケ動画などが多い
540円
auビデオパス10,000本562円

妖怪ウォッチが見られるのはU-NEXT・Hulu・dTV・auビデオパスの4つ。

ですがauビデオパスはau専用のサービスですから、実際には3つということになっちゃいますね。

U-NEXT・Hulu・dTVの3つならどれでもよいサービスなのですが、ひとつプッシュするとするならU-NEXTでしょう!

見放題作品80,000本の圧倒的ボリューム、こだわり抜かれた動画のラインナップを考えると、どう考えてもU-NEXTになってしまいます。

ただ本数が多いだけじゃなく、タイトルの選出がすごくいいのです。

そんなU-NEXTは31日間の無料トライアルをやっていますから、まずはお試しで使ってみるのもよさそう。

もちろんHuluにも2週間の無料トライアルがあるので、2つとも申し込んで無料期間中に使い比べるなんてこともよさそうです。

無料期間にキャンセルすれば、お金はかかりません。

徹底レビュー!U-NEXTを1年使ってわかった口コミで評判の理由「U-NEXTってどんなサービスなんだろう?実際に使っている人の意見を聞きたい」 「U-NEXTが口コミで評判がよいのはなぜ?」 今...

妖怪ウォッチが定額で無料見放題!全話一気見しよう

このサービスでイッキ見しよう!

妖怪ウォッチはこの4つのサービスなら、定額内で無料見放題です。

これで夏休み・冬休みに一気見するのもよさそうですね。

妖怪ウォッチのあらすじ・ストーリー・物語

メガヒットコンテンツ「妖怪ウォッチ」のアニメ化作品

2013年にニンテンドー3DSソフトとして、レベルファアイブから発売された「妖怪ウォッチ」。

メディアミックスが前提とされた作品でゲーム以外にも、漫画やアニメにもなった作品です。

ここ最近の子ど向け新規コンテンツとしては爆発的な人気と知名度を持っています。

ごくごく普通の小学5年生天野ケータが、つけると妖怪を見ることのできる「妖怪ウォッチ」を妖怪執事のウィスパーからもらいます。

ケータは、ウィスパーとトラックに轢かれて妖怪になったジバニャンや、たくさんの妖怪たちと友達に。

みんなの周囲で起こる困りごとや、時には妖怪たちの悩みや困りごとを解決していきます。

セカンドシーズンからは、ケータと同じように「妖怪ウォッチ」を手に入れたイナホと、宇宙開発における実験動物だった過去を持つUSAピョンも参戦。

小学生の日常に潜む悩みやあるあるをネタにしたギャグアニメです。

みんなの困りごとは妖怪のせい

妖怪たちが引き起こす妖怪不祥事案件、例えば無駄づかいをしすぎてしまうことや、日曜日のお父さんが横になってそのままゴロゴロし続けるなどは、全て妖怪の仕業、妖怪が取り付いたせいなのです。

それが妖怪不祥事案件です。

もちろん妖怪たちが引き起こす問題は様々、そういった困りごとから、悪質なものまで、たくさんの妖怪たちが人間に取り付いて、問題を引き起こしています。

その理由は、重大なものから、この世への未練や恨み、心残りなど様々です。

そんな問題を妖怪ウォッチを持つケータくんが、友達になった妖怪たちと、妖怪の力を借りて解決していきます。

そして最初の友達ジバニャンの心残りを解決しようとしたり、妖怪の世界や人間の世界を歪めようとする悪い妖怪にも立ち向かいます。

妖怪ウォッチのキャスト・声優・キャラクター

メインキャスト

  • ケータ(戸松遥)
  • ウィスパー(関智一)
  • ジバニャン(小桜エツコ)
  • ワルニャン(小桜エツコ)
  • ブシニャン(小桜エツコ)
  • トゲニャン(小桜エツコ)
  • アカマル(小桜エツコ)
  • さとりちゃん(小桜エツコ)
  • ひも爺(宮澤正)
  • わすれん帽(坂東尚樹)

妖怪ウォッチの感想・ネタバレ

レベルの高い普通のケータくん

普通であることがコンプレックスのケータくん。

妖怪になった際には普通妖怪フゥ2という取り付いた相手を「フツウ」にしてしまう妖怪にされていました。

そのくらい、「普通」がアイデンティティの少年です。

その実態は小学校5年生ながら、各アニメの同世代キャラと比べてもかなり良い普通の男の子です。

嫌味もない、運動神経も平均、感じもいい、勉強も平均、友達たちとの関係も基本的には温厚で良好、家族との関係も良好、そんなケータくんが平均値とはレベルが高い気もします。

時にウィスパーの悪ノリにつきああってやり、時に冷淡で、妖怪たちの悩みに同情し、ともだち妖怪たちへの気配りも忘れません。

優しさと現代っ子らしいドライさが同居した、普通であることにコンプレックスを抱きながらも、それで屈折したりはしないケータくん。

レベルファイブはターゲット調査やマーケティングをしていると思うので、もしかすると最近の子供たちというのは、ケータくんのようにスマートで問題のない良い子たちなのかもしれません。

視聴者に好感を持たせ、長く見ていれば見ているほど親しみを感じる主人公です。

飽きさせない展開と、子供向けコメディーから大人向けのパロディーまでを網羅する作品

短いコメディー作品なので、展開も難しくなく、妖怪の説明もシンプルで飽きさせません。

また、人がしてしまう問題行動や困った状況などを、取り憑かれた妖怪の仕業としてしまうところに気楽さがあります。

妖怪がいなくなれば問題が解決するという決まり切った設定も安心感があります。

しかしながら全力パロディー回、やりすぎてBPOから訴えられるなど、小学生向けという観点でいえばやりすぎかもしれません。

さらには子供が置いていかれそうな、悪ノリの強い大人の度のすぎたおふざけ回まであり、親子で会話が増えることは間違いないでしょう。

ギそれでもリギリセーフ感があるのは、やはり子供向けの最低ラインを意識しているからではないでしょうか。

存在がギリギリすぎる、蘊蓄を語る妖怪うんちく魔、そのまんまである「コマさんタクシー」、そして子供は知っているのかわからない「給食のグルメ」など、話題になったタイトルは多数です。

ギャグが強い印象ですが、ウィスパーの秘密が明かされた完全大河ドラマOPパロディー回「妖怪軍師ウィスベェ」など、パロディーであるものの泣ける話ももちろん入れてきます。

妖怪という存在はもともと人知を超えた科学では解明できなかったことに名前をつけたものです。

妖怪ウォッチは、その妖怪の存在理由をスタンダードに取り込んだ、ちょっとだけ怖いこと、やちょっとだけ不思議なことであり、人間には感知できない部分、どうしようもない部分があると認めることで、おおらかな考え方になれるのかもしれません。

妖怪ウォッチの続編は!?

の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

妖怪ウォッチの続編は「妖怪ウォッチ シャドウサイド」として放送中です!

現時点では物語の序盤。

そのため続編はまだまだ続くと思われます。

社会現象まで起こした人気作品ですから、第三期も期待できるかもしれませんね。

 

オススメの正規動画配信サービスはコレ

オススメの正規動画配信サービスはコレ

U-NEXT

評価★★★★★★★★★★10
月額利用料1,990円(1,200円分のポイント付)
キャンペーン31日間無料トライアル
見放題作品数80,000本以上
PPV作品数40,000本以上
合計作品数120,000本以上
画質フルHD
アダルト対応対応(見放題5,000本)
電子書籍対応
特記事項毎月もらえる1,200円分のポイントでPPV作品などを自由に楽しめる

U-NEXTは国内でも最高峰の動画配信サービス。

見放題作品80,000本にくわえて、PPV作品が40,000本合計で120,000本もの作品で、飽きることは永遠にないというほどのボリュームです。

価格は月額1,990円とほかのサービスよりもやや高い印象がありますが、実際には毎月1,200円分のポイントがもらえることから、実質的に790円が基本料だと考えることもできます。

なおポイントは各種PPV作品で使うことができ、1作品あたり400〜600ポイントですから、毎月2〜3本ほど有料作品が定額内で楽しめるという計算に。

ちなみに標準でアダルト動画の見放題にも対応していることは、ほかにはない特徴です。

VODサービスを検討する時に、まず最初に候補となるのはU-NEXTでしょう。

これ以上によい動画配信サービスは、今のところありません。

>>公式サイトはこちら

Hulu

評価★★★★★★★★★・9
月額利用料933円
キャンペーン2週間無料トライアル
見放題作品数50,000本以上
PPV作品×
合計作品数50,000本以上
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

>>公式サイトはこちら

dTV

評価★★★★★★★・・・7
月額利用料500円
キャンペーン31日間無料キャンペーン
見放題作品数120,000本以上
PPV作品アリ(本数不明)
合計作品数不明
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項見放題は多いが音楽ビデオやカラオケ動画が多い

NTTdocomo系列が運営しているdTV。

docomoの携帯を契約する時に申し込みをするイメージが強いですが、どのキャリアでも契約できるサービスです。

そしてdTVの強みはたった月額500円なのにも関わらず、見放題本数が120,000本もあることでしょう。

アニメ系の最新作には結構強いです。

ですが注意点もあり、見放題120,000本とありながらも、音楽ビデオやカラオケなど魅力に乏しいコンテンツを集めて見放題としている点。

契約してみると意外と見られる作品が少なかったと感じる人も多いことでしょう。

また複数の端末では一切使えないため、家族で共有することもできないことに注意してください。

1契約で1人しか使えません。個人で楽しみたい人向けだといえそうです。

>>公式サイトはこちら

auビデオパス

評価★★★★・・・・・・4
月額利用料562円(520円分のコイン付き)
キャンペーン30日間無料キャンペーン
見放題作品数10,000本以上
PPV作品アリ(本数不明)
合計作品数不明
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項【注意!】auユーザーしか契約できません
auマンデイ(TOHOシネマズ系列なら毎週月曜日に1,100円)、auシネマ割(ユナイテッドシネマ系列ならいつでも1,400円)が使える

auビデオパスはauのユーザー以外では原則使えません。

無料作品に関してはauユーザー以外でも使えるとありますが、実質的にauのケータイを使ってる人専用のサービスだと考えましょう。

映画が安く見られることに関してはメリットがありますが、それ以外はとくに目立ったメリットもないのがつらいところ。

auを使っている人は検討してみるのもいいかも!?

>>公式サイトはこちら

動画配信サービスランキング

動画配信サービスは、それぞれに得意分野があります。

どれも魅力的なサービスですから、迷ってしまうものですよね。

選び方が分からない人向けに、私がとくに良いと感じたサービスをランキング形式でご紹介しています。

 

————————————————————————

本ページの情報は本記事投稿時点のものです。

最新の配信状況は各動画配信サービスにてご確認ください。

————————————————————————

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です