動画配信サービス比較

安心・安全!デビットカードが使える10の動画配信サービスまとめ

Pocket
LINEで送る

たくさんの動画配信サービスがありますが、そんな中でも意外と重要なのが支払い方法でしょう。

なかでもデビットカードは、世界中で利用者数が増加している便利なペイメント方式。

なぜか日本では、あまり普及が進んでいませんが、利用額がつねに把握できて使いすぎを防止したり、家計簿アプリとの連携でラクに管理できたりとメリットがたくさんあります。

ですから動画配信サービスでも、デビットカードでまとめられるとラクだし安心ですよね。

この記事では、そんなデビットカードが使える動画配信サービスについてのご紹介します。

①Huluは公式にデビットカードが使える

Huluでは公式にデビットカードの使用が認められています。

デビット対応してる金融機関

  • 楽天銀行
  • スルガ銀行
  • りそな銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ソニー銀行

以上の6つの銀行のデビットカードなら、公式にHuluでの支払いが可能です。

ぜひ試してみてください。

Huluではどのようなお支払い方法がありますか?
ご利用いただけるお支払い方法は、以下になります。

1. クレジットカード
  Visa/Mastercard/JCB/American Express/Diners Club
  及び一部のデビットカード (楽天銀行/スルガ銀行/りそな銀行/ジャパンネット銀行/三菱UFJ銀行/ソニー銀行)
  ※プリペイドカードはご利用いただけません。

(出典:Hulu/ヘルプセンター Huluではどのようなお支払い方法がありますか?)

>>詳細ページへ>>公式サイトへ

②auビデオパスは公式にデビットカードが使える

auビデオパスでは、公式にデビットカードの使用ができます。

対応しているのは、VISAデビットカードとJCBデビットカード。

つまりほとんどの方が持っているデビットカードに対応しているということですね。

はい、VISAデビットカード・JCBデビットカード・JCBプリペイドカード がお支払いにご利用いただけます。

■引落しタイミングについて
上記カードでご利用料金をお支払いされている場合、クレジットカード会社へご利用料金の通知(承認依頼)を行った時点でお客さまの口座よりお引落としされます。
なお、ご利用料金の通知(承認依頼)の時期はお客様によって以下の通り、異なります。

・「WEB de 請求書」の発行日が毎月 3日頃のお客さま : 毎月 4日~ 9日頃の引き落し
・「WEB de 請求書」の発行日が毎月 8日頃のお客さま : 毎月 8日~11日頃の引き落し
・「WEB de 請求書」の発行日が毎月12日頃のお客さま : 毎月12日頃の引き落し
・「WEB de 請求書」の発行日が毎月19日頃のお客さま : 毎月18日~21日頃の引き落し

※一部VISAデビットカードの引落日は、上記スケジュールと異なります。

(出典:auビデオパス/料金の支払いに、デビットカードは利用できますか?)

>>詳細ページ >>公式ページ

③Netflixも公式にデビットカードが使える

Netflixでもデビットカードによる支払いが認められています。

VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Dinersなどに対応。

こちらもほとんどのデビットカードに対応しているため、とても助かりますね。

さすがデビットカード先進国である、海外発のサービスだと思います。

デビットカード

デビットカードは、Visa、MasterCard、JCB、American Express、Dinersをご利用いただけます。VisaやMasterカード等のロゴが無い、別の金融機関 (一般的に銀行) から発行されたデビットカードをお持ちの場合、Netflixのお支払いページにその情報をご入力頂くことは可能です。カード発行元の銀行がNetflixからのオーソリゼーションのリクエストを承認した場合、そのカードでお支払いいただけるようになります。

Netflixでご利用いただくために、カードは自動引き落としの電子商取引が利用可能になっていなければなりません。

(出典:Netflix/ヘルプセンター Netflixのお支払いに関するよくあるご質問)

>>詳細ページ>>公式ページ

例外④U-NEXTは非公式だがデビットが一部使える可能性がある

U-NEXTでは公式にはデビットカードの利用が認められていません。

ですがデビットカードや人によっては、なぜか登録できるケースもあります。

実際に私はデビットカードでの登録に成功しています。

もちろん公式情報ではありませんから、あくまで「チャレンジしてみる」というくらいの感覚で試してみるくらいがよいでしょう。

>>U-NEXTは残念ながらデビットカード不可!でもじつは登録できる場合も

>>詳細ページ>>公式ページ

例外⑤dTVは非公式だがデビットカードが使える

dTVも非公式にではありますが、デビットカードが利用できるケースがあります。

こちらもカードや人によるところもありますが、登録できたとの報告が多数挙がっていることから、無理やり登録できることもあるようです。

もちろん非公式情報ですから、「試してみてダメだったら諦める」というくらいの気持ちで試しましょう。

>>詳細ページ>>公式ページ

例外⑥dアニメストアは一部デビットカードが使える報告もある

dアニメストアでは、公式サイトにも記載の通り、表向きはデビットカードは使えません。

ですがデビットカードの種類によっては 、登録に成功している方も報告されているため、試してみる価値はあると思います。

登録を試してみて、ダメならクレジットでの支払いをしましょう。

>>詳細ページ>>公式ページ

⑦Amazonプライム・ビデオはデビットカードが公式に使える

Amazonプライムそのものに、デビットカードを使える旨が明記されています。

ご利用可能なクレジットカードおよびデビットカードの種類

Amazon.co.jp でのご注文には、クレジットカードおよびデビットカードをご利用いただけます。

  • Visa
  • Mastercard
  • American Express
  • Diners Club
  • JCB
  • 銀聯(クレジットカードのみ利用可)

(出典:Amazon/ご利用可能なクレジットカードおよびデビットカードの種類)

つまりAmazonプライム・ビデオでも、問題なくデビットカードが使えるということ。

Amazonのような海外発のサービスでは、基本的にデビットカードが使えるケースが多いですよね。

これには理由があるらしく、海外ではクレジットカードと同じようにデビットカードも当たり前に使われているからなのだとか。

キャッシュレスが進む中で、クレジットカードが持てない人でも使えるデビットカードは、ごく普通に使われているそうです。

グローバル企業であるAmazonですから、デビットカードが使えるのが当たり前なのでしょうね。

>>詳細ページ>>公式ページ

⑧DAZNは直接契約でデビットカードか公式に使える

DAZNでは直接契約でデビットカードに対応済み。

どんな支払方法がありますか?

国内発行のクレジットカード・デビットカード (VISA・MASTERCARD・JCB・AMERICAN EXPRESS) の他にも様々なお支払方法をご用意しております。
・全国の主要家電量販店や一部コンビニエンスストアにて販売中の「DAZNプリペイドカード」
・コンビニエンスストアでご購入いただける「DAZNチケット」
・明治安田生命Jリーグの「DAZN年間視聴パス」
・AppleのiTunes経由
・Amazonのアプリ内課金
・Google Play Store アプリ内課金
・PayPal (ペイパル): 銀行口座(みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行・埼玉りそな銀行)
お支払方法の詳細はこちらをご覧ください。

(出典:DAZN/よくあるご質問)

ただしDAZN fo docomoの場合は、ドコモからの請求で合算されるため、個別にデビットカード支払いを選択できません。

ドコモの支払いをデビットカードにしていれば、間接的にデビットカードで支払えます。

このように直接契約なのか、ドコモも経由するのかで少し変わるので注意してくださいね。

>>詳細ページ>>公式ページ

⑨FODプレミアムは外部アカウントを経由するとデビットカードが使える

FODプレミアムそのものにデビットカードが対応しているわけではありませんが、下記のアカウントを経由すると間接的に支払えます。

  • Amazon
  • iTunes
  • ドコモ
  • au
  • Yahoo!かんたん決済(一部)

これらのアカウントを経由すればOK!

あくまでそれぞれのサービスの支払いに依存するため、今利用している支払い方法を確認しておきましょう。

たとえばAmazonアカウントではクレジットカードで支払っているのに、FODだけをデビットカードでは支払えません。

あくまでAmazonアカウントで選択している支払い方法が必要です。

>>詳細ページ>>公式ページ

例外⑩Paraviは一部デビットカードが使える報告もある

Paraviでは原則デビットカードは使えません。

デビットカードで決済をする場合は、携帯キャリア決済を利用します。

  • ドコモ
  • au

以上2つのキャリアの支払いに、デビットカードを選択しているのであれば、間接的に支払えるでしょう。

未確認ではありますが、ブログやツイッターの一部では、直接の支払いでデビットカードでの契約が通ったとの報告があります。

そのため試してみる価値はあるかもしれません。

ダメだった場合は、クレジットカードでの決済かキャリア決済を選択しましょう。

公式ページ

動画配信サービスをデビットカードで支払うメリット

デビットカードで支払うメリットについて、かんたんにご紹介しておきます。

今後デビットカードは、一般の買い物でもキャッシュレス化が進むにつれて、どんどん普及するでしょう。

▲目次へ戻る

支払い後にすぐ反映される

クレジットカードのように締め日と支払日の誤差がなく、支払い後に即残高に反映されるのがよいところ。

即座に反映でき、自分の口座から引き落とされるので「使っている感」があるため、クレジットカードのように使いすぎの状況を招くことはありません。

クレジットカードと現金払いの、いいとこ取りのような支払い方法ですよね。

動画配信サービスでも、すぐに反映される点は便利です。

▲目次へ戻る

クレジットカード同様に支払い自体がラク

クレジットカードの便利な点は、キャッシュレスでインターネット上でも、即時に支払い方法を設定できること。

デビットカードも当然同じメリットがあり、動画配信サービスの登録時にもすぐに支払い方法として設定できるのはとても便利ですよね。

過去に主流だった、毎月の支払い伝票を郵送してもらう、なんて方法はさすがにもう不便です。

▲目次へ戻る

まとめ

動画配信サービスでも、デビットカードに対応しているサービスとそうでないサービスが存在します。

公式に利用できるのは、今のところHulu・auビデオパス・Netflixの3つです。

公式には対応していない、U-NEXT・dTVでも、場合によっては登録できることもあるそうなので、試すだけ試してみるのはよさそう。

これからキャッシュレス化が推進される中で、デビットカードに対応していないのは、ちょっと不便ですよね。

今後の対応に期待したいところです。

ちなみにデビットカードが使える動画配信サービスの中では、Huluがイチオシ!

初月は無料なので、気軽に試してみてくださいね。

>>Hulu公式サイトへ

\デビットカードでHuluを楽しもう!/

hulu

動画配信サービスランキング
Pocket
LINEで送る

動画配信サービスは、それぞれに得意分野があります。

どれも魅力的なサービスですから、迷ってしまうものですよね。

選び方が分からない人向けに、私がとくに良いと感じたサービスをランキング形式でご紹介しています。

 

————————————————————————

本ページの情報は本記事投稿時点のものです。

最新の配信状況は各動画配信サービスにてご確認ください。

————————————————————————

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です