動画配信サービス比較

動画配信サービスは4GやWiMAXでも十分楽しめる?

Pocket
LINEで送る

スマホで動画配信サービスを見てみたいけど、携帯の4G回線やWiMAXで、どこまで利用できるのか気になっている人いるんじゃないでしょうか?

今回は、4G回線でどの程度動画を視聴できるのかや、快適に動画を視聴するにはどうすればいいのかについて、紹介していきたいと思います。

\JP WiMAXが圧倒的にお得!/JPWiMAX

4G回線で動画配信サービスは快適に利用できる?

動画配信サービスはとても便利で、ちょっとしたスキマ時間にスマホで視聴できるのが魅力。

ですが4G回線での視聴となると、回線速度やデータ通信量など様々な部分で気になる点が出てきますよね。

4G回線を使った動画配信サービスの利用で、十分楽しめるのでしょうか。

4G回線での視聴はデータ通信制限にかかる可能性大

結論からいうと、4G回線で動画配信サービスを利用した場合は、データ通信制限にかかってしまう可能性が高いです。

こればかりは、契約しているギガ数にもよるので、一概には言えません。

しかし動画配信サービスを毎日利用するなら、よほど大きなギガ数の契約をしていなければ通信制限にかかってしまうでしょう。

数十ギガの契約をしていても使い方によっては、データ通信制限に引っかかってしまう可能性があります。

ケリー
ケリー
SIMのキャリアによっては、1日当たりの利用容量にも制限を設けている場合があるので注意してくださいね。

4G回線で速度は足りる?

4G回線の速度は75Mbps~100Mbpsとされており、スペック上は動画の視聴には全く問題無いレベルです。

しかし回線が混雑している場合は、この数値よりも大きく下回ってしまいます。

そのため、画質によっては、混雑している4G回線の速度では足りない可能性があるので、動画が再生できなかったり、カクついたりする可能性もでてくるでしょう。

とくに12〜13時と18時移行に遅くなるケースが多く、だれもが一斉に使い始める20時以降は、かなり速度が低下する傾向が。

そして、通信制限に掛かってしまうと、低画質でも動画はまともに再生できなくなってしまいます。

あくまで4Gでの視聴は緊急時のみとしたほうがいい

動画配信サービスを利用するのであれば、4G回線はあくまで緊急用として使うか、補助的に使用するのがいいでしょう。

動画配信サービスを利用するのであれば、Wi-Fi環境のある所で利用するか、配信サービスのダウンロード機能を使って、通信容量を節約するのが懸命です。

こうすることによって、無駄な携帯料金を節約できるので、4G回線で視聴しなければならない状況になったとしても、データ通信量を残しておけます。

このような背景から、4G回線は緊急時や補助的に利用するのに留めておくのがオススメです。

ケリー
ケリー
いくら速度が速くなったとはいえ、メイン回線として使うにはまだまだ非力です。

>>モバイルで動画見るならJP WiMAX一択だよ!

WiMAX回線で動画配信サービスは快適に利用できる?

4G回線では、動画配信サービスの視聴に常用するには無理があることがわかりました。

では、モバイルルーターのWiMAXではどうなの?と気になる方が出てくるでしょう。

WiMAXで動画配信サービスの視聴が快適に行えるのでしょうか。

WiMAXなら速度の心配はあまりしなくていい

WiMAXであれば、4G回線と比べると大幅に回線速度は安定しやすいです。

加えて、速度制限が掛かったとしても、低画質であればカクつかずに再生できる速度までしか制限されません。

そのため、4G回線のように動画が再生されなかったり、カクついたりする可能性はなくなるでしょう。

「ようやく時間ができたのに、回線速度のせいで動画がスムーズに再生できない!」なんて思いをしたくない方にWiMAXはオススメです。

ケリー
ケリー
もともと固定回線の置き換えも視野に入れた回線だったので、動画を見る場合にも比較的安定しています。もちろん100%というわけではないのでご注意を。

WiMAXでもデータ通信制限にかかる可能性はある

4G回線に比べて、優れたパフォーマンスを誇るWiMAXですが、毎日動画配信サービスを長時間利用しているとデータ通信制限に引っかかってしまう可能性も。

WiMAXでは、直近3日間で10GB以上のデータ通信量を超えると、翌日の18時~翌2時まで回線速度が1Mbpsに制限がかかります。

1Mbpsであれば、低画質での再生は可能ですが、高画質での再生ができなくなってしまいますので、注意が必要です。

そのため、高画質での再生や長時間の動画視聴をするヘビーユーザーの方は注意しましょう。

>>モバイルで動画見るならJP WiMAX一択だよ!

動画の再生にはどのくらいの通信量が必要?

さて、ここまで回線速度などについてお話してきましたが、実際どの程度のデータ通信量が発生するのかを見ていきましょう。

データ通信量は画質によって大きくことなるので、画質ごとに分けて解説していきます。

SD画質の場合

SD画質でのデータ通信量は、1時間当り約0.5GB~0.7GB程度。

SD画質は、Standard Definition(標準解像度)と呼ばれ、アナログ放送で使われていた解像度を指します。

具体的にいうと、DVDの画質がSD画質と同じで、解像度は720×480。

動画配信サービスでは、SD画質が最も低い画質として設定されている場合が多いでしょう。

4G回線でも問題無く再生できるレベルの画質ですが、長時間の視聴ではデータ通信量が気になってきます。

HD画質・フルHD画質の場合

HD画質でのデータ通信量は、1時間当り1.8~3.0GB前後。

HD画質は、High Definition Video(高精細度ビデオ)と呼ばれ、一般的にはハイビジョンと呼ばれます。

動画配信サービスでは、HD画質が中間画質として設定されている場合がほとんど。

解像度はHD画質が1,280×720で、フルHDが1,920×1,080となっています。

このぐらいの画質になってくると4G回線での再生は厳しくなってきますし、すぐにデータ通信制限に引っかかってしまうでしょう。

4K画質の場合

4K画質の場合は、1時間当り7GB前後のデータ通信量が発生します。

4Kは4K resolutionと呼ばれ、解像度が約4,000×2,000とフルHD画質の4倍の画質です。

動画配信サービスでは、あまり主流では無い画質ですが、一部のサービスでは4Kでの配信がされています。

たとえWiMAXを使用したとしても、データの消費量が多いので視聴はオススメできません。

4Kを主に視聴したいと考えているのであれば、固定回線での利用を考えたほうがいいでしょう。

>>モバイルで動画見るならJP WiMAX一択だよ!

4GやWiMAXで動画を視聴できる時間はどのくらい?

「動画配信サービスを何時間視聴できるの?」というのが1番気になる所だと思います。

そこで、10GBの通信量で何時間動画を視聴できるのかを、画質別で表にしてみました。

どのくらい動画配信サービスを視聴したいかで、選択肢が変わってくるので参考にしてみてください。

画質

データ消費量/時

10GBで視聴できる時間

SD

0.7GB

14.2時間

HD・フルHD

3.0GB

3.3時間

4K

7.0GB

1.4時間

表を見ていただくと、みなさんが思っている以上に、10GBで動画を視聴できる時間というのは短かったのではないでしょうか?

このことから、自分が動画を視聴する時間をしっかりと考えた上で、接続環境を選択する必要があります。

ケリー
ケリー
動画を見ていると、10GBなんて一瞬です。やっぱり最強を求めるなら固定回線でしょう。今なら固定回線は光一択ですね。

>>モバイルで動画見るならJP WiMAX一択だよ!

WiMAXなら十分実用可能!ヘビーユーザーなら要注意

テレビ朝日の見逃し配信のまとめ-sumallyWiMAXならHD画質であれば、十分実用可能なレベルです。

しかし、HD画質以上の動画を毎日1時間以上視聴するようなヘビーユーザーの方は、回線速度が落ちるのは覚悟しなければなりません。

ただし、低画質での再生であれば、制限を気にせず楽しめるので、画質が気になりにくいスマホでの視聴がメインの方にはオススメ。

スマホで動画を視聴する方や、毎日長時間の視聴はしないという方には、WiMAXを検討してみてくださいね。

>>モバイルで動画見るならJP WiMAX一択だよ!

なんだかんだで動画を心置きなく見るなら、固定回線だと思います。

制限なしでいくらでも動画が見れるだけでなく、自宅でのインターネットライフを幸せにするなら光回線でしょう。

最近だとマンションで3,000円くらい、戸建てでも4,000円くらいでめっちゃ安いので、こちらも選択肢にしておきたいものです。

>>光なのに安ッ!ソフトバンク光の詳細を見てみる
動画配信サービスランキング
Pocket
LINEで送る

動画配信サービスは、それぞれに得意分野があります。

どれも魅力的なサービスですから、迷ってしまうものですよね。

選び方が分からない人向けに、私がとくに良いと感じたサービスをランキング形式でご紹介しています。

 

————————————————————————

本ページの情報は本記事投稿時点のものです。

最新の配信状況は各動画配信サービスにてご確認ください。

————————————————————————

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です