U-NEXT

【まとめ】U-NEXTをテレビで楽しみ倒す9つの視聴方法を解説

U-NEXTをテレビで楽しみ倒す方法をやさしく紹介します
Pocket
LINEで送る

動画配信サービスU-NEXTは、PCやスマホだけではなく、自宅のテレビの大画面でも楽しめます。

ですがU-NEXTに対応しているテレビか端末と、一定以上の速度で安定しているインターネット環境が必要です。

逆にいうと、たったこれだけの環境があれば、すぐにU-NEXTをテレビで楽しめるといういこと。

最近では対応しているテレビやレコーダー、ゲーム機なども増えているため、あなたの自宅もすでに環境が整っている可能性もあります。

もしそうなら、すぐにU-NEXTを大画面で楽しめるのでラッキーですね!

この記事では、60,000本以上の作品が見放題のU-NEXTを、テレビの大画面で楽しむ方法についてくわしく解説します。

\今すぐ無料トライアルを始める/U-NEXT

U-NEXTに対応している端末はこの9種類

U-NEXTを楽しむためには、対応している9種類の端末のどれかが必要です。

これらの端末にU-NEXTのアプリをインストールし、サインインするとすぐに視聴できます。

まずは今の環境に、当てはまるものがあるかをチェックしてみてください。

U-NEXTに対応する9種類の端末

  1. Fire TV Stick
  2. Amazon Fire TV(生産終了)
  3. Chromecast
  4. Chromecast Ultra
  5. スマートテレビ
  6. ブルーレイレコーダー
  7. ゲーム機(PlayStation4)
  8. U-NEXT TV
  9. Nexus Player(生産終了)

もし今使っているテレビやレコーダーが、U-NEXTに対応しているのなら、特別なものを購入する必要はありません。

またPS4などのゲーム機にも対応しているため、そちらを使うのもよさそうです。

いずれの端末がない場合でも、Fire TV Stickなどの便利で安価な専用端末があるので安心してください。

それではさっそく、それぞれの端末の特徴をチェックしてみましょう。

①Fire TV Stick

Fire TV Stickの画像です

Fire TV Stickは、ネット通販最大手のAmazon社が提供している、メディアストリーミング端末です。

本体とリモコンを合わせても、手のひらに乗せられるほど小さくて軽いうえに、とにかく優秀です。

Wi-Fi環境とHDMI端子があるテレビさえあれば、どこからでも楽しめるのが特徴で、出張先・旅行先のホテルで楽しむなんて使い方も可能。

もちろんU-NEXT専用ではなく、プライムビデオ・Netflix・Hulu・AbemaTV・YouTubeなど、いろいろな動画コンテンツにも対応しているため、一台であらゆる楽しみ方ができます。

たくさんの機能があること自体がすばらしいのですが、何よりもうれしいのは、本体の金額がどんなメディアストリーミング端末よりも安価であること。

つい最近になり、新しいバージョンのFire TV Stickがリリースされたことで、使い勝手や反応速度もはるかに向上し、さらに4Kにまで対応しました。

U-NEXT利用者に限らず、一家に一台あると、何かと楽しめるオススメの一台です。

Fire TV Stickのメリット

  • とても小さくてコンパクト
  • たくさんの動画サービスに対応
  • 4K画質にも対応
  • 操作性がいい
  • とても安価で購入できる
Fire TV Stickのデメリット

  • Wi-Fiのみで有線対応していない

Fire TV Stickの設置方法

Fire TV Stickの設置・接続はとてもかんたんです。

本体を取り出して、テレビのHDMI端子に差し込み、ACアダプタで電源を確保するだけ。

たったこれだけですから、たとえ機械が苦手な方でも確実に設置できると思います。

あとはWi-Fi設定とサインインをするだけで、すぐに楽しめますよ。

もちろん一度設定しておけば、次からはすぐに使えます。

ケリー
ケリー
テレビで動画配信サービスを使うのであれば、圧倒的にFire TV Stickがオススメ。これほど安くて楽しめるガジェットはないと断言できるほど魅力がある端末なので、真面目にプッシュしたいです。

魂のレビュー!Fire TV Stickは動画配信サービスに必須のプレイヤーあなたは動画配信サービスを見る時に、どんな端末を使っていますか? スマホやタブレット、PCで視聴している人はきっと多いと思います。 ...

▶Fire TV StickをAmazonで見てみる

▶Fire TV Stick 4KをAmazonで見てみる

②Amazon Fire TV

AmazonがFire TV Stickの上位互換の端末として販売していた、メディアストリーミング端末です。

先日Fire TV Stickがバージョンアップしたことで、そちらに統合されたため、すでに販売は終了しています。

4K対応と軽やかな操作性が魅力でしたが、新Fire TV Stickの方がスペックが上回りました。

そのためすでにお持ちの方のみが対象ですが、Amazon Fire TVでもU-NEXTを楽しめますよ。

Fire TVのメリット

  • LANケーブルによる有線接続が可能
  • ゲームコントローラー(別売りに対応)
Fire TVのデメリット

  • 価格が高い
  • 筐体が多く場所を取る

Fire TVの設置方法

HDMIケーブルで、本体とテレビをつなぎ、ACアダプタから電源が取れればOKです。

つぎにWi-Fi設定、もしくはLANケーブルによる有線接続をするだけで設置は完了。

あとはサインインすると、U-NEXTなどの動画配信サービスをフルに楽しめます。

設置自体はとてもシンプルでかんたんですよ。

③Chromecast(クロームキャスト)

Chromecastの画像です

Chromecast(クロームキャスト)は、Googleが販売している、スマホの画面をテレビにミラーリングするためのデバイスです。

端末はかなり安価で、通常価格ならFire TV Stickよりも1,000円ほど安い価格に設定されています。

手軽に使える反面、スマホがなければ操作ができない点が、少しだけ不便なところです。

また当然U-NEXTには対応していますが、Amazonが提供するプライムビデオは、競合するサービスのために対応していません。

Chromecastのメリット

  • とても安価で購入しやすい
  • コンパクト設計
  • 設置と操作がかんたん
Chromecastのデメリット

  • 操作にはスマホが必要
  • プライムビデオに未対応

Chromecastの設置・設定方法

Chromecastの設置はとてもかんたん。

テレビのHDMI端子にChromecastを直接挿し、電源を取るだけでOKです。

あとはWi-Fi接続の設定をして、Google HomeとU-NEXTのアプリをインストールすると楽しめます。

さっそくスマホで操作をしてChromecastを楽しみましょう。

▶クロームキャストをAmazonで見てみる

④Chromecast Ultra(クロームキャストウルトラ)

Chromecast ultraの画像です

Chromecastが4Kに対応したモデルです。

画質重視で4Kで楽しみたい人には、Chromecast Ultraがおすすめ。

ただ問題なのは、4K画質に対応している動画配信サービスがかなり少なく、U-NEXTでも同じです。

▶U-NEXTの4K対応作品

そのため現時点では、4K画質にこだわる必要はないのかもしれません。

もちろん今後は、続々と対応作品が増えてくる可能性は高いので、あえて今4K画質に対応したChromecast Ultraを試してみるのもよいでしょう。

有線接続も可能なので、4Kでも安定した動画も楽しめますしね。

注意点としては、テレビが4Kに対応していないと、最大画質で楽しめないこと。

ちなみに価格の目安はChromecastの2倍ほどです。

Chromecast Ultraのメリット

  • 設置がかんたんで手軽に使える
  • 4K画質で楽しめる
  • LANケーブルが利用できるので安定する
Chromecast Ultraのデメリット

  • 対応作品がまだまだ少ない
  • やや価格が高い
  • プライムビデオには対応していない

▶Chromecast UltraをGoogleストアで見てみる

Chromecast Ultraの設置方法

テレビのHDMI端子とChromecastをつなぎ、本体に電源を取ります。

Wi-Fiか有線接続のどちらかでインターネットに接続して、ChromecastにGoogle HomeとU-NEXTのアプリをインストールしましょう。

あとはU-NEXTにサインインすれば、すぐに動画を楽しめます。

⑤U-NEXT対応のスマートテレビ

スマートテレビのイメージ画像です

U-NEXTに対応したスマートテレビであれば、テレビそのものでU-NEXTを楽しめます。

スマートテレビは、インターネットに接続でき、アプリをインストールすることで、いろいろな機能を追加できるテレビのこと。

現時点では以下のメーカーの一部のテレビが対応していますが、まだまだ少ないのが現実。

  • ソニー(BRAVIAシリーズ)
  • パナソニック(VIERAシリーズ)
  • 日立(WOOOシリーズ)
  • シャープ(AQUOSシリーズ)
  • LG

以上の一部に対応

インターネットに接続でき、アプリによって機能を拡張できるため、つねに新しいサービスを試せるのがうれしいところ。

今後テレビを購入する予定があるのなら、ぜひスマートテレビも検討してみたいですね。

スマートテレビのメリット

  • 対応のテレビがあればほかの機器が不要
  • つねに新しい機能が使える
  • テレビのみなので場所を取らない
スマートテレビのデメリット

  • 動きがややもっさりしている
  • 操作性がやや悪い

スマートテレビでU-NEXTを使う方法

テレビをWi-Fi、または有線接続でインターネットにつなぎます。

テレビのアプリ追加機能から、U-NEXTをダウンロードして、サインインするだけで準備完了。

あとは思う存分U-NEXTを楽しむだけです。

⑥U-NEXT対応のブルーレイレコーダー

ブルーレイレコーダーの画像です

U-NEXTに対応しているソニーのブルーレイレコーダーでも楽しめます。

2019年3月現在のところ、ソニーのBDP-S480/BDP-S380の2機種のみ対応。

もしこの2機種をお持ちてあればラッキーですね!

レコーダーと別に端末を準備しなくてもよいのは、場所を取らないのでうれしいところ。

電源などを専有しないのもグッドです。

U-NEXT対応ブルーレイレコーダーのメリット

  • ブルーレイレコーダー1台でメディアを統一できる
  • リモコンを1台に統一できる
U-NEXT対応ブルーレイレコーダーのデメリット

  • 対応モデルがまだまだ少ない
  • 対応モデルの価格がやや高い

U-NEXT対応ブルーレイレコーダーでの使い方

対応ブルーレイレコーダーでU-NEXTを楽しむためには、レコーダーをWi-Fi ・有線でインターネットに接続し、アプリをインストールして利用します。

あとはU-NEXTを見るだけで、むずかしい操作は必要ありません。

⑦U-NEXT対応ゲーム機

プレイステーション4の画像です

現在のところ公式には、プレイステーション4のみが対応。

一応プレイステーションVITAでもアプリは配布されていますが、U-NEXTの公式ページに案内がないことから、いずれ削除されるのかもしれません。

とはいえテレビで楽しむのなら、プレイステーション4一択。

手元にゲーム機があれば、手軽にU-NEXTも楽しめるのはうれしいですね。

ちなみに残念ではありますが、古い機種のためかプレイステーション3には対応していません。

U-NEXT対応ゲーム機のメリット

  • お手元のゲーム機でそのままU-NEXTが楽しめる
  • ゲーム機のスペックが高いのでなめらかな動き
U-NEXT対応ゲーム機のデメリット

  • 対応している機種がまだまだ少ない
  • 専用機として使うには少し高額

対応ゲーム機でU-NEXTを見る方法

プレイステーションを起動し、「プレイステーションストア」へアクセス。

U-NEXTのアプリ(無料)をダウンロード後、アプリを起動してサインインすると楽しめます。

リモコンはないので、操作はプレイステーションのコントローラーです。

▶AmazonでPS4を見てみる

⑧U-NEXT TV

U-NEXT TVの画像です

U-NEXTが販売している、専用のメディアストリーミング端末です。

せっかくの専用端末なのですが、これといった特徴がないのがつらいところ。

U-NEXTを見るために販売しているため、もちろん他社の動画配信サービスには一切未対応。

あ、でもYouTubeは見られますよ。

よいところは4Kに対応していることと、LANケーブルから有線接続ができることでしょうか。

これを購入するなら、今のところさまざまな動画配信サービスに対応し、しかも価格も安いFire TV Stickの利用をおすすめします。

U-NEXT TVのメリット

  • U-NEXTを集中して楽しめる
  • YouTube・カラオケ・音楽サービスが楽しめる(別途料金)
U-NEXT TVのデメリット

  • とても高額
  • 競合他社の動画配信サービスには一切未対応

U-NEXT TVの使い方はとてもかんたんで、Wi-Fiか有線接続でインターネットにつなぎ、U-NEXTにサインインするだけ。

あとは専用のリモコンで充実したU-NEXTライフを楽しめます。

さすがU-NEXT専用に作られただけあり、使い勝手はまあまあいい感じ!

汎用性の問題だけクリアできれば、とても魅力的な端末だったと思います。

▶U-NEXT TVの詳細はこちら

⑨Nexus Player(ネクサスプレイヤー)

Nexusプレイヤーの画像です

Nexus Playerは、かつてGoogleが販売していたメディアストリーミング端末です。

正直なところChromecastよりも、ずっと使い勝手のよい端末だったので、販売中止になってしまったのは少し残念です。

Fire TV Stickと唯一互角に張り合える名機ではありましたが、知名度と販売力では、小売最大手のAmazonに勝てなかったのでしょう。

今はもう販売が終了してしまっているため、中古でしか手に入りません。

状態が悪いものも出回っているため、購入時は十分に注意して選びましょう。

なぜU-NEXTはテレビで見るのが良いのか

U-NEXTはPCやスマホ・タブレットなど、あらゆるメディア端末で楽しめます。

ですがその中でも、視聴にオススメなのは間違いなくテレビです。

その理由は画質のよさと音質のよさ、つまり迫力がまったく違うから。

同じ作品を楽しむ場合でも、PCの小さな画面よりも、テレビの方が圧倒的に見応えがあるのです。

せっかく時間を取って同じ作品を楽しむのなら、迫力がある方がよくないですか?

それに家族や友人と楽しむ場合も、テレビの方が確実に便利ですよね。

もちろんそれぞれの端末に長所はありますが、自宅でのんびり楽しむのなら、ぜひテレビで楽しんでみてください。

一度見るとやめられませんよ。

動画に適したインターネット回線を準備する

U-NEXTはインターネットを使った動画配信サービスです。

そのため、ある程度の安定した速度の出るインターネット環境が必要。

フレッツ光などの光回線(FTTH)や、ケーブルテレビなどでもOKです。

もちろんWiMAXや4G回線でも見られますが、使い放題のサービスでない場合は、あっという間に上限に到達してしまうので注意してください。

動画配信サービスは、それなり通信量が多くなるので、最低でもWiMAXの使い放題プランがあるといいと思います。

インターネット回線が使える環境があるなら、続いてWi-Fi環境を整えましょう。

Wi-Fi環境を整える(無線LAN・AP・アクセスポイント)

Wi-Fi環境を整えるためには、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を準備すればOK。

特別なものは必要なく、NECやバッファロ、コレガなどのメーカーを選べば問題ありません。

説明書を見ながら設定すれば、とてもかんたんですから準備してみましょう。

この環境が整えば、Fire TV StickなどですぐにU-NEXTを楽しめるようになります。

無線LANルーターは、家電量販店やネット通販でも安く買えますよ。

もしこれまで自宅でWi-Fiを使っていなかったのなら、スマホやパソコンも無線で便利に使えるので一石二鳥。

それに最近では有線接続ではなく、Wi-Fiの利用を前提としたものがほとんどですから、自宅のネット環境を無線化するのはオススメですよ。

ひとつだけデメリットを挙げるのであれば、有線接続にくらべると、少しだけ不安定なことです。

たまに接続が切れてしまうこともあるので、その場合はそれぞれの端末で、再接続をしてあげてください。

ケリー
ケリー
Wi-Fiルーター、無線LANルーター・無線アクセスポイント(AP)など、いろいろな呼ばれ方がありますが、どれも同じものなので安心してください。

▶Amazonで無線LANルーターを見てみる

LANケーブルによる有線接続の場合

LANケーブルによる有線接続をするのであれば、まずはインターネットにつながっている「ホームゲートウェイ(WG)」や「モデム」をチェックします。

LANケーブルを挿せるポートが1つ以上あれば、そのままU-NEXTを再生する端末とケーブルを接続しましょう。

光回線であれば、基本的にこの方法で接続できるはずです。

もし穴がいっぱいであれば、LANポートの空きを増やすHUB(ハブ)を準備すればOK。

ケーブルテレビサービスに多いのが、LANケーブルのポートがもともと1つしかないケースです。

この場合はルーターの購入が必要なので注意してください。

▶Amazonでルーターを見てみる

どうしても光回線やケーブルテレビがダメならWiMAXを

自宅に光回線やケーブルテレビを引きたくても、物理的な理由や金銭的な理由でむずかしい場合があるかもしれません。

その場合はモバイル回線を使う必要がありますが、4Gではなく定額で使い放題のサービスが利用できるWiMAXをオススメします。

なぜなら速度が速いうえに、制限なく使えるため、実質的に固定回線の代わりになるためです。

スマホなどで利用している4G回線は、速度は速いのですが、安定しづらいうえに使い放題がほとんどありません。

仮にソフトバンクエアーのような「使い放題サービス」であったとしても、実質的に制限はあります。

モバイル回線を使うのなら、WiMAXにしておきましょう。

ケリー
ケリー
モバイル回線をメインで使うのなら、圧倒的にWiMAXがオススメです。これは掛け値なしの本音。動画視聴に4Gを勧めている人がいたら、正直疑わしいです。

U-NEXTをテレビで見る時に注意したいこと

注意・ATTENTION!

U-NEXTをテレビで見る時に、注意しておきたいことが2つあります。

  1. そのテレビにはHDMI端子のポートがありますか?
  2. HDMIケーブルを準備してますか?

もし端末とインターネット環境が整っても、肝心のテレビが対応してなければ見られません。

そのテレビにはHDMI端子のポートがありますか?

基本的にすべての端末の接続方法はHDMI端子です。

そのためテレビに、HDMI端子のポートがあるかをチェックしておきましょう。

ここ10年以内のテレビで見るのなら、ほぼ確実にHDMIのポートはあるはずですから、心配ないはずですが念のために確認してください。

空きがないのであれば、見る時に挿し替えて利用するか、分配器を利用するといいかもしれません。

挿し替えし過ぎると、接触不良を起こす恐れがあるので、できることなら分配器の利用がオススメです。

▶HDMI分配器をAmazonで見てみる

HDMIケーブルを準備してますか?

基本的にどの機種もHDMIケーブルが同梱されておらず別売りです。

そのためHDMIケーブルも準備しておきましょう。

テレビと端末の距離の長さがあればよいので、短いものを準備しておくといいかもしれません。

HDMIは長さで価格もかなり変わるため、短いほど安く購入できます。

メーカーはどれを選んでも大丈夫ですが、心配なら国内メーカーのものを選んでおけば安全です。

▶AmazonでHDMIケーブルを見てみる

U-NEXTをテレビで楽しみ倒す方法まとめ

まとめ-sumally

U-NEXTをテレビで楽しむためには、対応の端末が必要です。

ここまでご紹介してきたとおり、以下の端末がU-NEXTに対応しています。

  1. Fire TV Stick
  2. Amazon Fire TV
  3. Chromecast
  4. Chromecast Ultra
  5. スマートテレビ(対応モデルのみ)
  6. ブルーレイレコーダー(対応モデルのみ)
  7. ゲーム機(PlayStation(R)Vita TV)
  8. U-NEXT TV
  9. Nexus Player

これらの端末があれば、インターネット環境さえあれば、テレビの大画面で楽しめますよ。

接続や操作方法もとてもかんたんですから、ぜひ試してみてください。

パソコンやスマホで見るのとは、満足感がまったく違うので、動画はできればテレビで見たいもの。

夜や休日に、充実した動画ライフを送るためには最高の楽しみかたです。

これからU-NEXTを始める予定の方は、今なら31日間の無料トライアル期間中なので、せっかくですからスタートしてみましょう。

>>U-NEXT公式サイトへ

\今なら無料トライアルできます/U-NEXT

動画配信サービスランキング
Pocket
LINEで送る

動画配信サービスは、それぞれに得意分野があります。

どれも魅力的なサービスですから、迷ってしまうものですよね。

選び方が分からない人向けに、私がとくに良いと感じたサービスをランキング形式でご紹介しています。

 

————————————————————————

本ページの情報は本記事投稿時点のものです。

最新の配信状況は各動画配信サービスにてご確認ください。

————————————————————————

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です