アニメの紹介

アニメ・スラムダンクを動画を一気見で楽しむ!名作アニメを見るならここ!

Pocket
LINEで送る

「日本ではバスケットマンガは絶対に流行らない」

こんなことをだれもに言われながら連載がスタートし、前評判を覆して超人気マンガにのし上がった名作・スラムダンク。

ジャンプ黄金期を支えた名作中の名作は、アニメ版も相当な盛り上がりを見せました。

放映当時は、どんな世代でも毎週放送の翌日にスラムダンクの話で盛り上がる光景が見られたことでしょう。

そんなスラムダンクの動画配信をしているサービスをまとめ、あらすじや感想までまとめました。

懐かしの名作をぜひ楽しんでくださいね。

スラムダンクを視聴できる動画配信サービス一覧

スラムダンクを視聴できる動画配信サービス一覧

テレビアニメ版

VOD事業者見放題ペイパービュー月額利用料
U-NEXT1,990円
FOD888円
Hulu933円
dTV540円
auビデオパス562円

アニメ版ではU-NEXT・dTV・auビデオパスで配信しています。

ですがこれだけで選んでしまうのはちょっと待っていただきたい。

なぜならスラムダンクには劇場版があるからです。

劇場版

VOD事業者見放題ペイパービュー月額利用料
U-NEXT1,990円
FOD888円
Hulu933円
dTV540円
auビデオパス562円

劇場版スラムダンクを配信しているのは、U-NEXTとHuluの2つだけです。

アニメ版を配信していた、dTVとauビデオパスには劇場版がありません。

そう考えるとやっぱりアニメ版と劇場版の両方が見放題である、U-NEXTがいちばんのオススメ!

スラムダンクの配信状況からもわかるとおり、U-NEXTは全般でこのように見放題の配信作品が多く、今から動画配信サービスを選ぶのならU-NEXT一択でしょう。

▶U-NEXTの詳細を見てみる

定額内で無料見放題!スラムダンクを一気見できる動画サイト

アニメ版・劇場版ともに、定額の範囲で無料見放題ができるのはU-NEXTだけです。

アニメ版だけならU-NEXT・dTV・auビデオパスが対象、劇場版ならU-NEXT・Huluでイッキ見できます。

ですがせっかくならどちらも見放題で、スラムダンク意外の作品もかなり充実しているU-NEXTがいちばんのオススメです。

▶U-NEXTの公式サイトはこちら

スラムダンクのストーリーとあらすじ

主人公である桜木花道は、強面で有名な不良少年。

ケンカの腕っぷしはめちゃめちゃ強く、周辺の学校でも有名なほどやんちゃです。

そして彼はバスケが大嫌い。

その理由は過去に自分を振った女の子の好きだった男がバスケ部だったから。

それでも懲りずに、つぎに好きになった女の子「赤木晴子」は、バスケ部のキャプテン「ゴリ」の妹でした。

彼女のすすめで下心を抱えながらバスケ部に入部するのですが、少しずつバスケのおもしろさに気づき始めます。

チームメイトでライバル、しかも恋敵である「流川楓」や、先輩の「三井寿」「宮城リョータ」といがみ合いながらも、出る試合すべてで荒削りながらポテンシャルの高さを発揮。

そして花道はますますバスケの世界にのめり込んでいくことに。

スラムダンクの感想・ネタバレ

スラムダンクの感想・ネタバレ

バスケットという面白さを初めて分かった漫画です。

ただバスケをするだけでなく、主人公の恋愛の行方、チーム内でのいざこざなど、バスケだけでなく人間味のある物語です。

一番印象に残ったのは、スリーポイントシューターの三井が湘北に戻ってくるシーン。

突然不良仲間とともに現れ、バスケ部が練習をしている体育館で喧嘩をふっかけます。

桜木やリョータと乱闘がはじまり、むちゃくちゃにしようとしたとき、恩師である安西先生が登場。

三井に本当はバスケがしたい気持ちを指摘され、「安西先生、バスケがしたいです……」と懇願するシーンは前半最大の見どころです。

そこからは、ただひたむきで真面目にバスケに身を投じていく様に、だれもが心を動かされたのではないでしょうか。

基本的にみんな癖のあるキャラクターの集まりで、流川は毎日遅刻してくる問題児。

ですがバスケになるとスイッチが入り、天才的なセンスでプレーをしていく、読者誰もが憧れるようなキャラです。

ほかにも三井寿や宮城リョータなど、元不良だらけの問題児の集まりのようなチームで、いびつながらもいがみ合い、時には共闘しながらバスケと真剣に向き合っていく姿に自分を重ね合わせた人は多いはす。

とくに最初はただの下心でバスケ部に入り、偽りの「バスケ好き」だったのにも関わらず、最後は「心からバスケが好きです」と変わっていく姿に涙した人がどれだけいたことでしょうか。

そして極めつけはインターハイラストの試合。

まだ見ていない人には、ぜひその目で確かめて欲しい名シーンの連続です。

すべての世代にオススメできる名作ですから、ぜひイッキ見してみてくださいね。

スラムダンクの続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

スラムダンクのその後の話は、何度か書かれていますが単行本化などはされていません。

今後もマンガも続編の話はないことから、スラムダンクのアニメの続きが制作されることはないでしょう。

続きを見てみたい気もしますが、あそこで終わっていたからこそのスラムダンクという考え方もできます。

オススメの正規動画配信サービスはコレ

U-NEXT

評価★★★★★★★★★★10
月額利用料1,990円(1,200円分のポイント付)
キャンペーン31日間無料トライアル
見放題作品数80,000本以上
PPV作品数40,000本以上
合計作品数120,000本以上
画質フルHD
アダルト対応対応(見放題5,000本)
電子書籍対応
特記事項毎月もらえる1,200円分のポイントでPPV作品などを自由に楽しめる

U-NEXTは国内でも最高峰の動画配信サービス。

見放題作品80,000本にくわえて、PPV作品が40,000本合計で120,000本もの作品で、飽きることは永遠にないというほどのボリュームです。

価格は月額1,990円とほかのサービスよりもやや高い印象がありますが、実際には毎月1,200円分のポイントがもらえることから、実質的に790円が基本料だと考えることもできます。

なおポイントは各種PPV作品で使うことができ、1作品あたり400〜600ポイントですから、毎月2〜3本ほど有料作品が定額内で楽しめるという計算に。

ちなみに標準でアダルト動画の見放題にも対応していることは、ほかにはない特徴です。

VODサービスを検討する時に、まず最初に候補となるのはU-NEXTでしょう。

これ以上によい動画配信サービスは、今のところありません。

>>公式サイトはこちら

Hulu

評価★★★★★★★★★・9
月額利用料933円
キャンペーン2週間無料トライアル
見放題作品数50,000本以上
PPV作品×
合計作品数50,000本以上
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

>>公式サイトはこちら

dTV

評価★★★★★★★・・・7
月額利用料500円
キャンペーン31日間無料キャンペーン
見放題作品数120,000本以上
PPV作品アリ(本数不明)
合計作品数不明
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項見放題は多いが音楽ビデオやカラオケ動画が多い

NTTdocomo系列が運営しているdTV。

docomoの携帯を契約する時に申し込みをするイメージが強いですが、どのキャリアでも契約できるサービスです。

そしてdTVの強みはたった月額500円なのにも関わらず、見放題本数が120,000本もあることでしょう。

アニメ系の最新作には結構強いです。

ですが注意点もあり、見放題120,000本とありながらも、音楽ビデオやカラオケなど魅力に乏しいコンテンツを集めて見放題としている点。

契約してみると意外と見られる作品が少なかったと感じる人も多いことでしょう。

また複数の端末では一切使えないため、家族で共有することもできないことに注意してください。

1契約で1人しか使えません。個人で楽しみたい人向けだといえそうです。

>>公式サイトはこちら

FOD

評価★★★★★★★・・・7
月額利用料888円
キャンペーン最大1ヶ月無料
見放題作品数5,000本以上
PPV作品数5,000本以上
合計作品数10,000本以上
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍対応
特記事項フジテレビ系列のため、同社のドラマやアニメの最新作に強い

FODはフジテレビが運営している動画配信サービスです。

そのため国内のドラマ・映画・アニメに非常に強く、とくにフジテレビで放映された作品に関しては、独自の見逃し配信があったりとサービスも魅力的。

ただし海外作品に関しては弱いため、どちらかというと国内の作品を中心に、目一杯に楽しみたい人にオススメです。

海外の作品には興味がないよーという人は、FOD一択ではないでしょうか。

ドラマとアニメの充実度は群を抜いてます。

>>公式サイトはこちら

auビデオパス

評価★★★★・・・・・・4
月額利用料562円(520円分のコイン付き)
キャンペーン30日間無料キャンペーン
見放題作品数10,000本以上
PPV作品アリ(本数不明)
合計作品数不明
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項【注意!】auユーザーしか契約できません
auマンデイ(TOHOシネマズ系列なら毎週月曜日に1,100円)、auシネマ割(ユナイテッドシネマ系列ならいつでも1,400円)が使える

auビデオパスはauのユーザー以外では原則使えません。

無料作品に関してはauユーザー以外でも使えるとありますが、実質的にauのケータイを使ってる人専用のサービスだと考えましょう。

映画が安く見られることに関してはメリットがありますが、それ以外はとくに目立ったメリットもないのがつらいところ。

auを使っている人は検討してみるのもいいかも!?

>>公式サイトはこちら

動画配信サービスランキング
Pocket
LINEで送る

動画配信サービスは、それぞれに得意分野があります。

どれも魅力的なサービスですから、迷ってしまうものですよね。

選び方が分からない人向けに、私がとくに良いと感じたサービスをランキング形式でご紹介しています。

 

————————————————————————

本ページの情報は本記事投稿時点のものです。

最新の配信状況は各動画配信サービスにてご確認ください。

————————————————————————

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です