アニメの紹介

シュヴァリエ Le Chevalier D'Eonの動画の見放題!あらすじと感想も紹介

更新日:

シュヴァリエ Le Chevalier D'Eonの動画の見放題!あらすじと感想も紹介

冲方丁の小説が原作のアニメ「シュヴァリエ」が見られる動画配信サービスを紹介します。

またストーリーのあらすじ・キャスト・感想についても説明。

シュヴァリエが気になっていた人は、動画配信サービスでチェックしてみてください。

 

シュヴァリエの動画が見られる動画配信サービス一覧

VOD事業者 見放題 ペイパービュー 月額利用料
U-NEXT 1,990円
FOD 888円
Hulu 933円
dTV 540円
auビデオパス 562円

現在のところシュヴァリエが見られるのは、U-NEXT・Huluの2つです。

どちらの動画配信サービスも素晴らしいのですが、オススメなのは圧倒的に見放題タイトルの多いU-NEXT。

Huluの50,000本に対して、U-NEXTは80,000本のタイトルがあり、家族間での共有や雑誌読み放題など、サービス面から考えてもオススメです。

 

>>Huluの詳細を見てみる

 

無料で見放題なのはどれ?イッキ見(一気見)できる動画配信サービス

このサービスならイッキ見!

現在のところシュヴァリエがイッキ見できるのは、U-NEXTとHuluの2つ。

イッキ見するならどちらかの動画配信サービスをぜひ試してみてください。

 

シュヴァリエのあらすじ

18世紀のヨーロッパを舞台に、史実の人物とオリジナル人物を絡ませながら、この激動の時代を描いたオリジナルアニメーションです。

「騎士」の意義と誇り、生まれながらの貧富の差・男尊女卑・忠誠とは何かを問いかけながら、フランス革命直前まで描きますが、「答え」自体の提示はしてくれません。

このアニメでは「なぜ、革命は起こってしまったのか」を丁寧に説明して、答えは歴史に又は視聴者に託すという、少し意地悪な演出がされています。

ストーリーはフランス編(パリ)・ロシア編・イギリス編・フランス編(ヴェルサイユ)と舞台を変えていくことに。

そして各国での「騎士」「王権」「忠誠」の在り方の違いを提示します。

その激動の時代を、忠実な騎士デオンとともに3人の仲間が、姉の死を巡りヨーロッパの各国を旅するという物語です。

 

シュヴァリエのキャスト

メインキャスト

  • デオン・ド・ボーモン(泰勇気)
  • リア・ド・ボーモン(水野理紗)
  • 老デオン(野島昭生)
  • テラゴリー(佐藤晴男)
  • デュラン(成田剣)
  • ロビン(松元恵)
  • アンナ(喜多村英梨)
  • ブロリー(石住昭彦)
  • ルイ十五世(稲田徹)
  • ベルニス(浜田賢二)

 

シュヴァリエの感想・ネタバレ

シュヴァリエの感想・ネタバレ

魅力的な演出の数々

本作はストーリーに一切遊びがなく、ただただ生真面目に「18世紀ヨーロッパ」を描いている異色のファンタジー活劇です。

しかしハマる人にはとことんハマる演出となっているでしょう。

現に私はハマりました。栄えていたものが滅びていくさまのその美しさと物悲しさ、個々の人間の思惑と信念がからみあって悲劇を生む様が、静かにドラマチックに描かれています。

大河ロマンを見ているような気持ちになるアニメでした。

ストーリーはもちろんですがカットもとても素敵で、中世ヨーロッパの建物・人々のドレス・風景の美しさをきちんとていねいに描いています。

またアクションシーンでの剣技の華麗さもとてもていねいで、思わず見入ってしまうほど。

男性でも女性でもない危うい魅力を備えた貴人が、美しく戦う姿は他のアニメーションでは見られません。

またオープニングアニメーションもとても魅力的なものになっています。

デオン含めて登場人物の魅力を最大限ひきたてた演出とともに、話のキーマンであるリアの死体から始まるという衝撃的なオープニング。

悲劇の死でありながらもとても美しく、ひとつひとつがていねいに作り込まれた良作だと言えるでしょう。

 

壮絶な死

舞台の背景や演出も素晴らしいですが、何より中心人物である4人の騎士たちの生きざまも見所です。

序盤にあんなに熱い誓いを立てて信頼しあう仲間になった彼らが、最後では心も体もばらばらになり悲劇を辿ります。

悲劇的なドラマが多く重い展開が続く作中で、4人はある意味「緩和剤」でした。

どんなにつらくとも彼らの絆だけは確かだと。

ですから終盤にかけて、彼らの「自らの意志」で仲間を辞めていく姿は、見ている人の心までえぐるような気持ちに。

なぜ彼らは仲間ではなくなったのか。

彼らは「騎士」だったからです。

くわしくは作品内で見てほしいのですが、それまでの悲劇はラストの伏線でしかなかった、という事実におどろくことでしょう。

あまりのストーリー構成の上手さに圧巻されてしまう、素晴らしい作品です。

 

シュヴァリエの続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

完全に完結した物語のため、シュヴァリエの続編が制作されることは残念ながらないでしょう。

この作品は完結したままでよかったのかもしれません。

 

 

 

オススメの正規動画配信サービスはコレ

オススメの正規動画配信サービスはコレ

U-NEXT

評価 ★★★★★★★★★★10
月額利用料 1,990円(1,200円分のポイント付)
キャンペーン 31日間無料トライアル
見放題作品数 80,000本以上
PPV作品数 40,000本以上
合計作品数 120,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 対応(見放題5,000本)
電子書籍 対応
特記事項 毎月もらえる1,200円分のポイントでPPV作品などを自由に楽しめる

U-NEXTは国内でも最高峰の動画配信サービス。

見放題作品80,000本にくわえて、PPV作品が40,000本合計で120,000本もの作品で、飽きることは永遠にないというほどのボリュームです。

価格は月額1,990円とほかのサービスよりもやや高い印象がありますが、実際には毎月1,200円分のポイントがもらえることから、実質的に790円が基本料だと考えることもできます。

なおポイントは各種PPV作品で使うことができ、1作品あたり400〜600ポイントですから、毎月2〜3本ほど有料作品が定額内で楽しめるという計算に。

ちなみに標準でアダルト動画の見放題にも対応していることは、ほかにはない特徴です。

VODサービスを検討する時に、まず最初に候補となるのはU-NEXTでしょう。

これ以上によい動画配信サービスは、今のところありません。

 

 

Hulu

評価 ★★★★★★★★★・9
月額利用料 933円
キャンペーン 2週間無料トライアル
見放題作品数 50,000本以上
PPV作品 ×
合計作品数 50,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

 

 

-アニメの紹介
-, , , , ,

Copyright© 動画の森 - VOD動画の専門サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.