アニメの紹介

ゆるアニメ・しろくまカフェの動画を見るならここ!配信中のサイトまとめ

Pocket
LINEで送る

ゆるい日常系の動物アニメの「しろくまカフェ」が見られる動画配信サービスがあるのかを解説。

あらすじや感想も紹介しているので、気になっていた人はぜひチェックしてみてくださいね。

しろくまカフェを視聴するならこの動画配信サービス

VOD事業者見放題ペイパービュー月額利用料
U-NEXT1,990円
FOD888円
Hulu933円
dTV540円
auビデオパス562円

現在のところ、しろくまカフェを見られる動画配信サービスは残念ながらありません。

以前はHuluなどいくつかのサービスで見られたのですが、配信期限を過ぎてしまったようです。

配信が再開されたらまたご案内しますね。

定額内で無料見放題したい?一気見するならこの動画サービス

このサービスならイッキ見!

  • 現在のところありません

しろくまカフェのあらすじとストーリー

登場キャラクターが動物という、のんびりした日常系アニメです。

でも人間もでます。普通に動物とお話しするので面白いです。(人間という動物なのでしょうね)

ダジャレ好きで虚言癖のある、しろくまくんが経営する「しろくまカフェ」を中心として、物語が展開していきます。

いつも家でゴロゴロしているとお母さんに叱られるので、ウロウロしていたら見つけたのが「しろくまカフェ」。

マスターであるしろくまくんや、常連客のぺんぎんくんなどとおしゃべりするうちに、常連客として通うようになります。

ゴロゴロしていてはダメなので、動物園で働くようにもなり、色々な動物と出会います。

キャラクターはそれぞれ特徴的で、とても面白い動物たち。

しろくまカフェで雑談したり、悩み事を相談したりしながら、時々起こる出来事をまったりと描くストーリーです。

意外と豪華!しろくまカフェのキャストと声優

メインキャスト

  • シロクマ(櫻井孝宏)
  • MC469MA(櫻井孝)宏
  • パンダ(福山潤)
  • ペンギン(神谷浩史)
  • グリズリー(中村悠一)
  • パンダママ(森川智之)
  • 笹子(遠藤綾)
  • 半田(羽多野渉)
  • 大崎あゆみ(能登麻美子)
  • ラマ(小野大輔)

ゆる過ぎる…。しろくまカフェの感想・ネタバレ

しろくまカフェの感想・ネタバレ

癒される物語の雰囲気とストーリー

動物も可愛いくて、のんびりした様子に見ているだけで癒されます。

そして、とんちんかんな会話やほっこりとした出来事などに笑ったり、時にジーンときたり。

ただの面白動物日常アニメではありません。

独特の世界観と動物達の愛らしさに、一度はまったら抜け出せなくなります。

登場キャラクターも多く、どんどん面白くなっていくこと間違いなしです。

驚きの豪華すぎる声優陣

  • しろくまくん(櫻井孝宏)
  • パンダくん(福山潤)
  • ぺんぎんくん(神谷浩史)
  • ラマさん(小野大輔)
  • メイメイ(花澤香菜)

などなど、書ききれないほどの、豪華すぎる声優陣な事でも有名な作品です。

じつは私もこの豪華な声優さんに惹かれて見始めました、そしてあっという間に大好きになってしまいました。

それぞれがキャラクターソングなども、歌っていらっしゃるので是非聴いてみてください。

この豪華な声優さんたちが、動物になってまったりと独特な会話を繰り広げるので、本当に楽しい作品に仕上がっています。

可愛くてほっこりするだけではない面白さ

動物達はいつもマイペース。

それぞれ種類の違う動物なので、共感できない部分だらけで、会話もちぐはぐ、勝手にしゃべっています。

特徴をうまくとらえていて妙な面白さがあり、あっというまに好きになってしまいました。

登場する動物が個性的すぎて笑えますし、声優さんの力量が凄すぎて皆さんが楽しんで演じているのが伝わってきます。

時折ブラックなジョークもあったりするので、そういう所もはまる理由だと思います。

動物園に電車通勤して働くパンダ…。

飼育員さんに、お疲れさまでした〜!と挨拶して帰るパンダ。おかしいですよね?そんなシュールさも楽しいアニメです。

しろくまカフェの続編は?少し考察してみる

の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

もしかしたら続編の可能性はあるかもしれませんが、現時点では一切の白紙。

もちろん今後も話が持ち上がらないこともじゅうぶんあります。

オススメの正規動画配信サービスはコレ

オススメの正規動画配信サービスはコレ

U-NEXT

評価★★★★★★★★★★10
月額利用料1,990円(1,200円分のポイント付)
キャンペーン31日間無料トライアル
見放題作品数80,000本以上
PPV作品数40,000本以上
合計作品数120,000本以上
画質フルHD
アダルト対応対応(見放題5,000本)
電子書籍対応
特記事項毎月もらえる1,200円分のポイントでPPV作品などを自由に楽しめる

U-NEXTは国内でも最高峰の動画配信サービス。

見放題作品80,000本にくわえて、PPV作品が40,000本合計で120,000本もの作品で、飽きることは永遠にないというほどのボリュームです。

価格は月額1,990円とほかのサービスよりもやや高い印象がありますが、実際には毎月1,200円分のポイントがもらえることから、実質的に790円が基本料だと考えることもできます。

なおポイントは各種PPV作品で使うことができ、1作品あたり400〜600ポイントですから、毎月2〜3本ほど有料作品が定額内で楽しめるという計算に。

ちなみに標準でアダルト動画の見放題にも対応していることは、ほかにはない特徴です。

VODサービスを検討する時に、まず最初に候補となるのはU-NEXTでしょう。

これ以上によい動画配信サービスは、今のところありません。

>>公式サイトはこちら

Hulu

評価★★★★★★★★★・9
月額利用料933円
キャンペーン2週間無料トライアル
見放題作品数50,000本以上
PPV作品×
合計作品数50,000本以上
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

>>公式サイトはこちら

FOD

評価★★★★★★★・・・7
月額利用料888円
キャンペーン最大1ヶ月無料
見放題作品数5,000本以上
PPV作品数5,000本以上
合計作品数10,000本以上
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍対応
特記事項フジテレビ系列のため、同社のドラマやアニメの最新作に強い

FODはフジテレビが運営している動画配信サービスです。

そのため国内のドラマ・映画・アニメに非常に強く、とくにフジテレビで放映された作品に関しては、独自の見逃し配信があったりとサービスも魅力的。

ただし海外作品に関しては弱いため、どちらかというと国内の作品を中心に、目一杯に楽しみたい人にオススメです。

海外の作品には興味がないよーという人は、FOD一択ではないでしょうか。

ドラマとアニメの充実度は群を抜いてます。

>>公式サイトはこちら

dTV

評価★★★★★★★・・・7
月額利用料500円
キャンペーン31日間無料キャンペーン
見放題作品数120,000本以上
PPV作品アリ(本数不明)
合計作品数不明
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項見放題は多いが音楽ビデオやカラオケ動画が多い

NTTdocomo系列が運営しているdTV。

docomoの携帯を契約する時に申し込みをするイメージが強いですが、どのキャリアでも契約できるサービスです。

そしてdTVの強みはたった月額500円なのにも関わらず、見放題本数が120,000本もあることでしょう。

アニメ系の最新作には結構強いです。

ですが注意点もあり、見放題120,000本とありながらも、音楽ビデオやカラオケなど魅力に乏しいコンテンツを集めて見放題としている点。

契約してみると意外と見られる作品が少なかったと感じる人も多いことでしょう。

また複数の端末では一切使えないため、家族で共有することもできないことに注意してください。

1契約で1人しか使えません。個人で楽しみたい人向けだといえそうです。

>>公式サイトはこちら

auビデオパス

評価★★★★・・・・・・4
月額利用料562円(520円分のコイン付き)
キャンペーン30日間無料キャンペーン
見放題作品数10,000本以上
PPV作品アリ(本数不明)
合計作品数不明
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項【注意!】auユーザーしか契約できません
auマンデイ(TOHOシネマズ系列なら毎週月曜日に1,100円)、auシネマ割(ユナイテッドシネマ系列ならいつでも1,400円)が使える

auビデオパスはauのユーザー以外では原則使えません。

無料作品に関してはauユーザー以外でも使えるとありますが、実質的にauのケータイを使ってる人専用のサービスだと考えましょう。

映画が安く見られることに関してはメリットがありますが、それ以外はとくに目立ったメリットもないのがつらいところ。

auを使っている人は検討してみるのもいいかも!?

>>公式サイトはこちら

 

動画配信サービスランキング
Pocket
LINEで送る

動画配信サービスは、それぞれに得意分野があります。

どれも魅力的なサービスですから、迷ってしまうものですよね。

選び方が分からない人向けに、私がとくに良いと感じたサービスをランキング形式でご紹介しています。

 

————————————————————————

本ページの情報は本記事投稿時点のものです。

最新の配信状況は各動画配信サービスにてご確認ください。

————————————————————————

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です