プライムビデオ

Amazonプライムビデオの画質はどれくらい?調整方法についても解説

投稿日:

今回の記事ではAmazonプライムビデオの画質に関することを紹介いたします。

実は、Amazonプライムビデオは画質が選択できるのです。

その選択によって画質以外の要素も変わってきますので、是非ご覧ください。

画質の種類

Amazonプライムで提供されている画質の種類は現在、以下の4種類となります。

  • SD(標準画質)
  • HD
  • UHD
  • HDR

僕自身の体感ですが、SDはDVD程度、HDはブルーレイ程度、UHDは4K程度、HDRはそれ以上、といった感じです。

1番低いSDでも低画質というほどではなく、よっぽど画質を気にしない限りはSDでも満足に視聴できると思います。

画質が高くなるにつれ、対応端末が少なくなっていくので注意が必要です。

例えばiOSデバイスならどれでもSDとHDのみストリーミング可となっています。

最高画質であるHDRはappleTVや一部のandroid端末などでしか対応していません。

また動画自体もほとんどの動画はSD/HD再生対応となっています。

ですので、特にandroid端末をご使用の方はご自身が視聴する端末がどこまで対応できるか調べておいてください。

(以下にAmazon公式のご参照ページURLを貼っておきます。)

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201460880

 

画質の設定方法

次にどうやって画質を設定するのか説明いたします。

まず、自分が視聴するビデオを選択した後の画面で、「その他購入オプション」を選択です。

「その他購入オプション」画面が開かれると、対応している画質が表示されます。

(この映画の場合、SDかHDで視聴可能です。)

観たい画質を選択すると操作は完了、さっそく動画を視聴できます。

よりきれいに見るには

デバイスの選択

Amazonプライムに限った話ではないのですが、一般的には、高画質のビデオは大きい画面で観た方がよりきれいに映ります。

これは、HDのビデオをiPhoneで観た場合、大画面フルHDテレビで観た場合よりも、きめ細かな描写が解像仕切れずつぶされてしまうためです。

体感としてはスマホならSDで十分、大型テレビになって初めてHDが本領発揮、といった感じになると思います。

ビデオの選択

SDよりHDのほうが高画質、というのは間違いありません。

しかし、同じHDビデオの中でもよりきれいに見えるビデオとそうでないビデオがあります。

昔のビデオをリマスター版としてHDで再生できるもの(男はつらいよ等)は、やはり元からHDで作成された最近の作品にはどうしても画質で勝てないのが現状です。

 

通信環境

YouTubeなどではよくあることですが、通信環境が悪いと高画質動画でも粗めの画質で再生されやすくなります。

Amazonプライムビデオの場合、画面が止まることが多いのですが、画質自体が粗くなって映ることもありますので、高画質で視聴されている方ほど通信環境は整えておきましょう。

 

画質による影響

SD/HD/UHD/HDRを選択した時、それぞれ画質に差が出るのですが、それだけではありません。

画質が変わることによって画質以外の要素にも影響が出ます。

 

価格が変わる

まず、第一に挙げられるのが価格です。

画質による価格の設定は様々で、大体の作品が、SDよりHDを100円高くしてありますが、同じ値段で観られるものもあります。

なので自分が観たいビデオが画質によってどれだけ違うのかは、その都度で調べていただくしかありません。

 

動作速度が変わる。

高画質動画のデメリットその2は動作です。

画質が高いとそれだけ容量が大きくなってしまいます。

参考として、スマホでの1時間ごとのデータ通信量は、最高画質・約0.46GB、高画質・約0.33GB、標準画質・約0.27GB、データセーバー・約0.14GBで、通信環境の良くないところで高画質動画を視聴する場合、動画が止まってしまうなど、逆に快適でなくなってしまうこともあるのです。

もちろん通信量だけでなく、ダウンロードして視聴する場合、高画質動画のほうが媒体の容量自体を大きく食うことになりますのでご注意ください。

 

対応ビデオ数が異なる

Amazonプライムビデオの中で、画質によって対応本数が大きく異なります。

HD対応ビデオはSD画質ビデオの約半分しかありません。

UHDとなると10数作品、HDR画質の作品は数作品のみです。

実質的にはSD画質ビデオとHD画質ビデオのみともいえます。

画質にこだわられる方はもしかするとAmazonプライムビデオでは物足りなく感じてしまうかもしれません。

 

まとめ

以上がAmazonプライムビデオ/Amazonビデオの画質に関する記事となります。

この記事で書いた、高画質対応デバイスや高画質対応動画数は今もどんどん増えつつありますので、これからのAmazonに期待大です。

画質1つ変えるだけで通信量・対応作品数・対応デバイス・料金など様々な要因が絡んできますので、画質設定の際はご自身のデバイスや画質の好みに合わせて満足のいくプランというのを是非発見していってください。

 

-プライムビデオ
-, ,

Copyright© ドーガニスタ - ネット動画・VODの専門サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.