アニメの紹介

俺の妹がこんなに可愛いわけがないの動画を見放題!あらすじと感想も紹介

更新日:

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

ライトノベルからのアニメ化!

その代表作である「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」が見られる動画サービス・あらすじ・感想の紹介です。

一時期は大ブームになりましたが、動画配信サービスで見放題はできるのでしょうか。

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがないが見られる動画配信サービス一覧

VOD事業者 見放題 ペイパービュー 月額利用料
U-NEXT 324円 1,990円
FOD 888円
Hulu 933円
dTV 540円
auビデオパス 562円

このように現在では、auビデオパスでしか見られません。

一時期はHuluでも見られていましたが、現在では配信が終わっています。

ビデオパスでしか見られないのは、ちょっとだけ寂しいところですね。

 

無料で見放題なのはどれ?イッキ見(一気見)できる動画配信サービス

このサービスならイッキ見!

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがないのあらすじ

学校では普通の女子を演じていますが、その実ものすごいアニメやゲームのオタクである高坂桐乃と、その兄である高坂京介の兄弟の絆を描いたコメディー作品となっています。

幼い時は仲が良かった二人の兄弟は、大きくなるにつれて不仲になって行きます。

しかし京介が桐乃の隠れた趣味を知ったことで秘密を共有する仲になり、それがきっかけで再び兄弟が仲を深めて行きます。

コメディ展開の中に人間心理を突いた上で、深い人間関係が描かれる奥深い作品となっています。

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがないのキャスト

メインキャスト

  • 高坂桐乃(竹達彩奈)
  • 高坂京介(中村悠一)
  • 黒猫(花澤香菜)
  • 田村麻奈実(佐藤聡美)
  • 沙織・バジーナ(生天目仁美)
  • 新垣あやせ(早見沙織)
  • 来栖加奈子(田村ゆかり)
  • 高坂大介(立木文彦)
  • 高坂佳乃(渡辺明乃)
  • メルル(田村ゆかり)

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがないの感想・ネタバレ

この作品はいわゆる「妹萌え」を前面に出した作風となっています。

このジャンルにおいてはかなりの地位に君臨する秀逸な作品。

わがままだったり、時には荒唐無稽な言動を行う妹の桐乃に兄の京介は振り回されることになります。

しかし桐乃がとにかく可愛いので、それも良いだろうと視聴者目線で感じてしまいうでしょう。

桐乃の活躍にばかり目が行きがちですが、京介も妹思いで行動力に長けるやさしくて頼れる兄の一面をしっかり見せてくれます。

入りこそ「妹萌え」の触れ込みに誘われての視聴になりましたが、結果的には兄妹愛の素晴らしさをうたった作品だと認識し、そのあり方のすばらしさを実感しました。

兄妹以外にも個性的な人物が登場します。

物語が進むと桐乃のオタク仲間として黒猫、沙織・バジーナといった定番のキャラクターが登場。

それまでオタクであることを隠していた桐乃が、兄の後押しで自分を周囲に曝け出し、かけがえのない仲間を得ていきます。

桐乃の心の成長にも感動します。

基本的にはいがみあっている兄妹ですが、妹はお兄ちゃんが大好きだし、お兄ちゃんは妹が可愛くて仕方ないという関係。

この関係にはほのぼのとします。

オタク仲間なのになにかと馬が合わないことから、桐乃と黒猫が度々喧嘩をすることに。

これがオタク女子特有の饒舌と饒舌とがぶつかりあう隠見な口喧嘩となっています。

結局は仲良しのこの二人の喧嘩シーンも個人的には凄く好きです。

桐乃が普段はオタク女子を匂わせない、ハイスペックな女子に描かれていることも印象的な作品でした。

桐乃は学生として陸上競技部で好成績を収める優秀な選手です。

その上学生生活のかたわらモデル業もこなすというかなりタイトな生活を行っています。

そしてオタク女子なので私生活が忙しすぎる、という目が離せない桐乃のキャラクター設定は面白いと思いました。

見方によっては歪かもしれませんが、本質的には理想と言ってもよい兄妹を描いた作品だと思いました。

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがないの続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

物語の結末を見る限り、続編が作られる可能性は限りなく少ないでしょう。

完全に完結してしまっていますからね。

本編を何度も見返して楽しみましょう。

 

 

 

オススメの正規動画配信サービスはコレ

オススメの正規動画配信サービスはコレ

auビデオパス

評価 ★★★★・・・・・・4
月額利用料 562円(520円分のコイン付き)
キャンペーン 30日間無料キャンペーン
見放題作品数 10,000本以上
PPV作品 アリ(本数不明)
合計作品数 不明
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 【注意!】auユーザーしか契約できません
auマンデイ(TOHOシネマズ系列なら毎週月曜日に1,100円)、auシネマ割(ユナイテッドシネマ系列ならいつでも1,400円)が使える

auビデオパスはauのユーザー以外では原則使えません。

無料作品に関してはauユーザー以外でも使えるとありますが、実質的にauのケータイを使ってる人専用のサービスだと考えましょう。

映画が安く見られることに関してはメリットがありますが、それ以外はとくに目立ったメリットもないのがつらいところ。

auを使っている人は検討してみるのもいいかも!?

 

 

※俺の妹がこんなに可愛いわけがないが見られるのはauビデオパスだけ(2018年7月)

 

U-NEXT

評価 ★★★★★★★★★★10
月額利用料 1,990円(1,200円分のポイント付)
キャンペーン 31日間無料トライアル
見放題作品数 80,000本以上
PPV作品数 40,000本以上
合計作品数 120,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 対応(見放題5,000本)
電子書籍 対応
特記事項 毎月もらえる1,200円分のポイントでPPV作品などを自由に楽しめる

U-NEXTは国内でも最高峰の動画配信サービス。

見放題作品80,000本にくわえて、PPV作品が40,000本合計で120,000本もの作品で、飽きることは永遠にないというほどのボリュームです。

価格は月額1,990円とほかのサービスよりもやや高い印象がありますが、実際には毎月1,200円分のポイントがもらえることから、実質的に790円が基本料だと考えることもできます。

なおポイントは各種PPV作品で使うことができ、1作品あたり400〜600ポイントですから、毎月2〜3本ほど有料作品が定額内で楽しめるという計算に。

ちなみに標準でアダルト動画の見放題にも対応していることは、ほかにはない特徴です。

VODサービスを検討する時に、まず最初に候補となるのはU-NEXTでしょう。

これ以上によい動画配信サービスは、今のところありません。

 

 

Hulu

評価 ★★★★★★★★★・9
月額利用料 933円
キャンペーン 2週間無料トライアル
見放題作品数 50,000本以上
PPV作品 ×
合計作品数 50,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

 

 

FOD

評価

★★★★★★★・・・7

月額利用料 888円
キャンペーン 最大1ヶ月無料
見放題作品数 5,000本以上
PPV作品数 5,000本以上
合計作品数 10,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 対応
特記事項 フジテレビ系列のため、同社のドラマやアニメの最新作に強い

FODはフジテレビが運営している動画配信サービスです。

そのため国内のドラマ・映画・アニメに非常に強く、とくにフジテレビで放映された作品に関しては、独自の見逃し配信があったりとサービスも魅力的。

ただし海外作品に関しては弱いため、どちらかというと国内の作品を中心に、目一杯に楽しみたい人にオススメです。

海外の作品には興味がないよーという人は、FOD一択ではないでしょうか。

ドラマとアニメの充実度は群を抜いてます。

 

 

dTV

評価 ★★★★★★★・・・7
月額利用料 500円
キャンペーン 31日間無料キャンペーン
見放題作品数 120,000本以上
PPV作品 アリ(本数不明)
合計作品数 不明
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 見放題は多いが音楽ビデオやカラオケ動画が多い

NTTdocomo系列が運営しているdTV。

docomoの携帯を契約する時に申し込みをするイメージが強いですが、どのキャリアでも契約できるサービスです。

そしてdTVの強みはたった月額500円なのにも関わらず、見放題本数が120,000本もあることでしょう。

アニメ系の最新作には結構強いです。

ですが注意点もあり、見放題120,000本とありながらも、音楽ビデオやカラオケなど魅力に乏しいコンテンツを集めて見放題としている点。

契約してみると意外と見られる作品が少なかったと感じる人も多いことでしょう。

また複数の端末では一切使えないため、家族で共有することもできないことに注意してください。

1契約で1人しか使えません。個人で楽しみたい人向けだといえそうです。

 

 

 

-アニメの紹介
-, , , ,

Copyright© 動画の森 - VOD動画の専門サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.