アニメの紹介

アニメ・美味しんぼの動画を定額見放題!あらすじと感想も紹介

更新日:

アニメ・美味しんぼの動画を定額見放題!あらすじと感想も紹介

グルメアニメの長編人気作品「美味しんぼ」は、休刊中ではあるものの、今でも続いているほどの長寿作品。

アニメも1988年から1992年まで続き、今でも非常に大きな人気を誇っています。

そんな美味しんぼがたっぷりと見られる動画配信サービスと、あらすじ・感想まで詳細をご紹介します。

 

美味しんぼの見逃し配信(再放送)が見られる動画配信サービス一覧

VOD事業者 見放題 ペイパービュー 月額利用料
U-NEXT 1,990円
FOD 888円
Hulu 933円
dTV 540円
auビデオパス 562円

現在のところ美味しんぼが見られるのは、auビデオパスを除く4つのサービス。

中でもオススメしたいのは、総動画数120,000本、そのうち見放題が80,000本以上にも達するU-NEXTです。

U-NEXTなら美味しんぼだけではなく、多くのアニメや映画、そしてドラマまでが見放題できます。

たくさんの動画配信サービスはありますが、現在のところ魅力やコスパで考えるとU-NEXT以外の選択肢はないでしょう。

また31日間は無料トライアルがあるため、お試しで使ってみて合わないようなら途中解約する、なんて使い方もできますよ。

 

>>U-NEXTの詳細を見てみる

 

無料で見放題なのはどれ?イッキ見(一気見)できる動画配信サービス

このサービスならイッキ見!

この4つのサービスなら、現在のところイッキ見可能です。

オススメはU-NEXTですが、次点では単純明快でわかりやすいHuluでしょう。

 

美味しんぼのあらすじ

 

栗田ゆう子は東西新聞社に入社したばかりの進入社員で、これから社会人として活躍していこうと心を躍らせていた。

だがある日東西新聞の社主が、社員を集めて試験をやると食べ物を審査をさせる。

そこで満点を出した社員が2人いて、その2人というのが栗田ゆう子と東西新聞きってのぐうたら社員の山岡士郎であった。

この2人が食べ物について優れた味覚を持っているという事になり、東西新聞の新しい企画である究極のメニュー作りをこの2人が担当する事になる。

 

美味しんぼのキャスト

メインキャスト

  • 山岡 士郎(井上和彦)
  • 栗田 ゆう子(荘真由美)
  • 海原 雄山(大塚周夫)
  • 大原 大蔵(阪脩)
  • 谷村 秀夫(嶋俊介)
  • 富井副部長(加藤治)
  • 花村 典子(佐久間レイ)
  • 田畑 絹江(水原リン)
  • 京極 万太郎(渡部猛)
  • 奥野 勇(丸山詠二)

 

美味しんぼの感想・ネタバレ

美味しんぼの感想・ネタバレ

美味しんぼが面白いのは海原雄山の存在が大きい

美味しんぼというアニメは今見ても面白いアニメであるのは確かです。

では実際にどういう点がこのアニメが面白いと感じさせてくれるのかというと、それは山岡士郎の父親・海原雄山の存在が大きいことでしょう。

なぜならこのアニメを見ていると、やたらといろんな場所で海原雄山と山岡士郎が遭遇し、いつもお互い喧嘩腰で罵り合い、その流れでかならず料理対決になってしまうから。

その一連の流れが時代劇の悪代官を毎回斬るような印象でおかしいからです。

また海原雄山自身もかなり傲慢な態度で、つねに上から目線でまさに時代劇に出てくるような悪人そのもの。

これも見ていておかしくなります。

その予定調和とも言える毎回の流れが、このアニメを見ていて面白いと思わせる最大の要因です。

もしリアルに海原雄山みたいなキャラが身近にいたら確実に不快になりますが、時代錯誤の服装やしゃべり方、高笑いなどすべてがおもしろく、このアニメ屈指の人気キャラとなっています。

 

演出や展開がかなり強引でツッコミどころ満載

このアニメの魅力のひとつにかなり強引なストーリー展開で、はじまりは山岡士郎が誰かに困りごとを助けて欲しいと依頼が入る流れ。

そこから人助けをする事になるのですが、その時の解決の手段は当然料理を使うことでしかも相当強引。

とくによくあるパターンが、山岡がもっと美味しい物を食べさせてやるという流れ。

何かしらが原因で怒っているキャラに喧嘩を売り、そこからなぜかもっとうまいものを食べてもらう流れになってしまいます。

これも回の予定調和で、必ず山岡士郎が相手を唸らせる料理を出し、満足させて怒りを鎮めるという強引なパターンなのです。

あまりにすぐに改心してしまう流れに、どうしてそうなると思わずツッコミを入れたくなります。

また中には全く料理と関係ない事で怒っているキャラがいても、やはり料理を使って解決してしまい「何だこの流れは」と感じつつもおもしろくて見入ってしまうのが美味しんぼなんですよね。

これが様式美なのか、と思わせるくらいに、美味しい料理を食べれば解決するという流れは、毎回展開が読めてしまうのにも関わらず、つねに楽しく見てしまう不思議な魅力があります。

 

美味しんぼの続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

美味しんぼは休刊中ながら、今でも連載中の人気作であることから、今後も新たに続編が作られる可能性はゼロではないでしょう。

ですが最後に放送されたのは1992年と、すでに26年前ですから何か理由があるのかもしれません。

また美味しんぼの続きが現在のデジタルアニメで見られることを期待したいですね、

 

 

 

オススメの正規動画配信サービスはコレ

オススメの正規動画配信サービスはコレ

U-NEXT

評価 ★★★★★★★★★★10
月額利用料 1,990円(1,200円分のポイント付)
キャンペーン 31日間無料トライアル
見放題作品数 80,000本以上
PPV作品数 40,000本以上
合計作品数 120,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 対応(見放題5,000本)
電子書籍 対応
特記事項 毎月もらえる1,200円分のポイントでPPV作品などを自由に楽しめる

U-NEXTは国内でも最高峰の動画配信サービス。

見放題作品80,000本にくわえて、PPV作品が40,000本合計で120,000本もの作品で、飽きることは永遠にないというほどのボリュームです。

価格は月額1,990円とほかのサービスよりもやや高い印象がありますが、実際には毎月1,200円分のポイントがもらえることから、実質的に790円が基本料だと考えることもできます。

なおポイントは各種PPV作品で使うことができ、1作品あたり400〜600ポイントですから、毎月2〜3本ほど有料作品が定額内で楽しめるという計算に。

ちなみに標準でアダルト動画の見放題にも対応していることは、ほかにはない特徴です。

VODサービスを検討する時に、まず最初に候補となるのはU-NEXTでしょう。

これ以上によい動画配信サービスは、今のところありません。

 

 

Hulu

評価 ★★★★★★★★★・9
月額利用料 933円
キャンペーン 2週間無料トライアル
見放題作品数 50,000本以上
PPV作品 ×
合計作品数 50,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

 

 

FOD

評価

★★★★★★★・・・7

月額利用料 888円
キャンペーン 最大1ヶ月無料
見放題作品数 5,000本以上
PPV作品数 5,000本以上
合計作品数 10,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 対応
特記事項 フジテレビ系列のため、同社のドラマやアニメの最新作に強い

FODはフジテレビが運営している動画配信サービスです。

そのため国内のドラマ・映画・アニメに非常に強く、とくにフジテレビで放映された作品に関しては、独自の見逃し配信があったりとサービスも魅力的。

ただし海外作品に関しては弱いため、どちらかというと国内の作品を中心に、目一杯に楽しみたい人にオススメです。

海外の作品には興味がないよーという人は、FOD一択ではないでしょうか。

ドラマとアニメの充実度は群を抜いてます。

 

 

dTV

評価 ★★★★★★★・・・7
月額利用料 500円
キャンペーン 31日間無料キャンペーン
見放題作品数 120,000本以上
PPV作品 アリ(本数不明)
合計作品数 不明
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 見放題は多いが音楽ビデオやカラオケ動画が多い

NTTdocomo系列が運営しているdTV。

docomoの携帯を契約する時に申し込みをするイメージが強いですが、どのキャリアでも契約できるサービスです。

そしてdTVの強みはたった月額500円なのにも関わらず、見放題本数が120,000本もあることでしょう。

アニメ系の最新作には結構強いです。

ですが注意点もあり、見放題120,000本とありながらも、音楽ビデオやカラオケなど魅力に乏しいコンテンツを集めて見放題としている点。

契約してみると意外と見られる作品が少なかったと感じる人も多いことでしょう。

また複数の端末では一切使えないため、家族で共有することもできないことに注意してください。

1契約で1人しか使えません。個人で楽しみたい人向けだといえそうです。

 

 

-アニメの紹介
-, , , ,

Copyright© 動画の森 - VOD動画の専門サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.