ネットフリックス

どう選ぶ?ネットフリックス3つの料金プランの解説と選び方

最近じわじわと知名度を上げてきているネットフリックス。

2018年には、バキやハイスコアガールなど、ネットフリックスでしか放送されていないアニメや、オリジナル作品にもかなり力が入っており、とても魅力的なサービスに生まれ変わった印象があります。

そんなネットフリックスの、だれもが気になるポイントが料金なのではないでしょうか。

どれだけ作品が魅力的でも、月額利用料金が高いと何の意味もないですからね。

この記事では、そんなネットフリックスのプランと料金について解説します。

ネットフリックスのプランと料金の概要

ネットフリックスには、画質に合わせた3つのプランが存在します。

 ベーシックスタンダードプレミアム
月額利用料金800円1,200円1,800円
無料期間1ヶ月1ヶ月1ヶ月
同時視聴ができる端末数1台2台4台
SD画質(DVD程度)
HD画質(ハイビジョン)×
UHD 4K画質××
違約金ナシナシナシ

パッとまとめると、このような区分でわかれています。

基本的には見られる画質に差がある、と思っていただければいいのではないでしょうか。

もちろん同時視聴数などの関係から、4Kが見られなくても、家族でネットフリックスを使うのならプレミアム、という考え方もできますよね。

困ったら、とりあえずスタンダードプランを契約してたら間違いないよ!

ネットフリックスのプランと料金による違いとは

概要でも解説しましたが、ネットフリックスにおけるプランと料金の差とは、「画質」と「同時視聴可能数」です。

この2つを考慮して、自分に合ったプランを選びましょう。

画質の差異

ネットフリックスは、画質によってプランがわかれています。

ネットフリックスのプラン

  • ベーシックプラン(SD画質)
  • スタンダードプラン(HD画質)
  • プレミアムプラン(4K画質)

SD画質はこの中では最も低い画質となりますが、スマホで視聴する分には問題ありません。

さすがに13インチほどのPCサイズともなれば、見れないことはありませんが、さすが画質の粗さが気になります。

そのためパソコンやテレビを中心に視聴するのであれば、HD画質で楽しめるスタンダードプランを利用するとよいでしょう。

プレミアムプランの4K画質は、ご存知のとおり圧倒的な描画数のために、繊細で美しい画質ですが、まだまだ対応デバイスや対応動画自体も少ないです。

そのためよほど画質にこだわる方以外は、プレミアムプランでなくても満足できるのではないでしょうか。

プランによる同時視聴可能数

一人で見るのなら気にすることではありませんが、家族がそれぞれの端末で楽しむのなら同時視聴数も重要ですよね。

プランごとの視聴可能数

  • ベーシックプラン:1台まで
  • スタンダードプラン:2台まで
  • プレミアムプラン:4台まで

このように同時に見られる端末が、プランごとで異なります。

家族が皆好きなように動画を見たいのなら、その端末に合わせた契約をする必要があるでしょう。

1〜2人暮らしならスタンダードプランでOKですが、3人以上の家族になると、金額や画質の観点から考えてもプレミアムプランがお得なのではないでしょうか。

1,800円のプレミアムプランでも、4人で割るとたったの450円/人/月です。これを安いととるか高いととるかはそれぞれですが、基本的には安いといえるのではないでしょうか。

ネットフリックス6つの支払い方法

ネットフリックスの支払いは、以下の通りです。

ネットフリックス充実の支払い方法

  1. クレジットカード
  2. デビットカード
  3. プリペイドカード
  4. Netflixプリペイド・ギフトカード
  5. PayPal
  6. パートナー課金

①クレジットカード

対応クレカ

  • Visa
  • Master Card
  • JCB
  • American express
  • Diners

※Netflixで利用するには、カードは自動引き落としの電子商取引が利用可能な状態にしておく必要があります。

インターナショナルカードでは、国際決済を利用可能にしておく必要があります。

②デビットカード

対応デビットカード

  • Visa
  • Master Card
  • JCB
  • American express
  • Diners

※ブランドロゴがない場合、発行元の情報を入力することで使用可能となります。

またカードは自動引き落としの電子商取引が利用可能な状態にしておく必要があります。

③プリペイドカード

対応プリカ

  • Visa
  • Master Card
  • JCBまたはAmerican expressロゴ入りプリペイド

ブランドロゴがない場合、発行元の情報を入力することで使用可能となります。

カード発行元の銀行がNetflixからのオーソリゼーションのリクエストを承認した場合、そのカードで支払い可能になります。

④Netflixプリペイド・ギフトカード

家電量販店・コンビニ等で販売しており、AmazonカードやiTunesカードのように自分にでもギフトとしてでも使用可能です。

⑤Paypal(オンライン決算代行サービス)

アカウントをお持ちなら、支払いに使用可能です。

⑥パートナー課金

docomo・au・Softbankの携帯キャリア決済が利用できます。

ここまでたくさんの支払い方法に対応しているのは、今のところネットフリックスだけでしょう。

ネットフリックスとプライムビデオ・dTV・Huluとの月額利用料金の比較

ネットフリックスが他社と比較すると、高いのか安いのかをかんたんに解説します。

1番オーソドックスなスタンダードプランの950円ですが、アマゾンプライムビデオ(月額にして325円)、dTV(月額500円)、Hulu(月額933円)とくらべると高いですよね。

ですがここで1つ考えてほしいことがあります。

ネットフリックスは、月額料金を払うとすべての動画が視聴可能です。

つまりアマゾンプライムビデオのように「たまたま見たい動画がプライムではなく有料だった」なんてことがありません。

1か月のうちにたくさんの作品を観る人は、ラインナップが豊富で、すべての作品が見放題のネットフリックスの方がよさそうです。

反対に「あまり1か月で多くのビデオを観ない」「他サイトのラインナップで十分に感じている」方には、ネットフリックスの月額は少々高いのかもしれません。

それでもわずか600円程度の差なので、あまり気にしないという方は1度ネットフリックスも試してみる価値があるといえそうです。

ネットフリックスのちょっとした初回料金時の裏技

ネットフリックスの無料体験期間はすべてのプランで無料です。

月額650円のベーシックプランで登録しようと思っている方でも、無料体験期間中のみ月額1450円のプレミアムプランで登録しておけば、その期間はプレミアムプランが楽しめるということ。

無料体験終了時にプラン変更し、ベーシックプランで有料期間に入ると、ほんの短い期間であればトクできちゃいます。

自分の使うプランが決まっている場合は、無料体験期間中に最上級のプランも試してみてくださいね。

まとめ

ネットフリックスの料金は、かなり安い部類に入り、しかも作品が充実しています。

またいち早く4K画質の動画配信と、料金プランの導入をしていることから、ライトユーザーからヘビーユーザー、そして動画マニアの方まで楽しめる素晴らしいサービスだといえます。

作品も定番のものから、ネットフリックスオリジナル作品まで、魅力的なものが揃っていますから、試してみる価値はじゅうぶんにあるでしょう。

動画配信サービスランキング

動画配信サービスは、それぞれに得意分野があります。

どれも魅力的なサービスですから、迷ってしまうものですよね。

選び方が分からない人向けに、私がとくに良いと感じたサービスをランキング形式でご紹介しています。

 

————————————————————————

本ページの情報は本記事投稿時点のものです。

最新の配信状況は各動画配信サービスにてご確認ください。

————————————————————————

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です