アニメの紹介

NARUTO-ナルト-疾風伝を全話一挙放送・配信している動画サービス

更新日:

NARUTO-ナルト-の全話一挙放送・配信している動画サービスはここ

王道中の王道少年漫画であるナルト。

海外では第二のドラゴンボールとして、国内よりもずっと人気なのは知っていましたか?

国内ではワンピースの方が人気のイメージがありますが、海外ではナルトの方がずっと人気なんです。

その理由は派手なニンジャアクションにもありますが、本当に王道のストーリーかつ、味方から敵まで魅力にあふれるキャラクターばかりだからでしょう。

そんな名作アニメ・ナルトが全話見られる動画サービスを紹介します。

 

ナルト疾風伝の見逃し配信(再放送)が見られる動画配信サービス

VOD事業者 見放題 ペイパービュー 見放題数 月額利用料
U-NEXT 80,000本 1,990円
Hulu 50,000本 933円
FOD 2,500本 888円
dTV 120,000本
※カラオケ動画などが多い
540円
auビデオパス 10,000本 562円

ナルトが見られるのは、現在のところFODをのぞい4つの動画サービスで見られます。

4つもあるとどれを選べばいいのか迷ってしまいますが、オススメなのはU-NEXTでしょう。

80,000本からなる厳選された無料見放題作品(ナルトも含む)、40,000本からなる有料の最新作・特別作品など、魅力あふれるサービスばかりだからです。

とくに見放題サービスのタイトルは、豪華なものが多く「え!これも無料見放題なの!?」という作品ばかり。

これから動画サービスを選ぶのであれば、U-NEXTが最初の選択肢でしょう。

 

>>U-NEXTの詳細を見てみる

 

ナルト疾風伝が定額で無料見放題なのはどれ?全話一挙放送・配信

このサービスでイッキ見しよう!

 

ナルト・ナルト疾風伝のあらすじ

里の問題児にして落ちこぼれの少年忍者ナルトは里で一番の忍者である「火影」を目指しています。

落ちこぼれの彼は忍者アカデミーの卒業すら危ぶまれる低い成績しかとれません。

そんなナルトの体にはその昔忍者の里を襲った九つの尻尾を持つ狐「九尾」が封印されているとわかります。

ナルトは体に封じた強力な九尾の力を上手いこと自分の力に換え、次々と忍術を編み出し、強敵を倒すだけの力を得ていきます。

生徒想いの恩師、刺激しあえるライバルでもある仲間達に支えられて、ナルトは己の「忍道」を歩み、長き時を経て自分の夢であった里の最高の忍者「火影」の地位まで上り詰めます。

落ちこぼれだった少年が夢を掴むまでの物語。

王道の少年漫画の展開で、子どもから大人まで心から楽しめる内容ですよ。

 

ナルト・ナルト疾風伝の声優キャスト

ナルト無印

  • うずまき ナルト(竹内順子)
  • うちは サスケ(杉山紀彰)
  • 春野 サクラ(中村千絵)
  • 山中 いの(柚木涼香)
  • はたけ カカシ(井上和彦)
  • 木ノ葉丸(大谷育江)
  • 犬塚 キバ(鳥海浩輔)
  • 日向 ヒナタ(水樹奈々)
  • 三代目火影・猿飛(柴田秀勝)
  • 奈良 シカマル(森久保祥太郎)

ナルト疾風伝

  • うずまきナルト(竹内順子)
  • カンクロウ(加瀬康之)
  • チヨ(谷育子)
  • サソリ(櫻井孝宏)
  • 九喇嘛(玄田哲章)
  • 春野サクラ(中村千絵)
  • はたけカカシ(井上和彦)
  • マイト・ガイ(江原正)
  • キラービー(江川央生)
  • 牛鬼(相沢まさき)

 

ナルト・ナルト疾風伝の感想・ネタバレ

迫力の忍法アクション

この作品は忍者の世界を描いています。

それだけに注目する点は忍術を用いてのバトルシーンです。

主人公ナルトをはじめとして、敵味方含めたくさんの忍者が登場。

そのどれもが個性的な忍術を使い、術を発動させるチャクラをコントロールし、時に発生する高度な頭脳バトルも本作の醍醐味だといえるでしょう。

本作の戦闘シーンは迫力があり、その駆け引きがリアルで見ていても緊張すること受け合いでしょう。

見た目の派手さのみでなく、どうやって技を有効に使うかを各キャラクターがよく考えている点も高く評価できます。

 

仲間達

この作品はとにかくドラマ性が高いことが特徴です。

ナルトは人生を通して、多くの人と出会い、刺激され成長していきます。

落ちこぼれのナルトを支えた恩師イルカ先生とのエピソード、同じ小隊として行動を共にした仲間であるサクラとサスケとのエピソードなど、少年誌にしてはかなりキャラクター性を掘り下げた中での深い人間関係が描かれています。

仲間との友情を描いている点ではこの作品の出来はすばらしいと言えるでしょう。

ついつい感動して泣けてしまう回もあります。

 

強敵達

「ナルト」といえば、強敵の存在感が濃いということが思い浮かびます。

この作品は強すぎると思えるくらいの強敵が多く登場。

一時などは敵が強すぎて、主人公側の仲間達が深手を負うばかりなため、見ていて欲求不満になることもありました。

こうして見る者を恐怖させ、イライラもさせる強敵の存在は魅力的です。

確かに簡単に勝てては面白くないというのがバトル漫画でありがちなファンの要求ですので、この作品はバトル面ではとても楽しめます。

ナルトやその仲間達も魅力的ですが、敵組織の「暁」の面々など、悪役であっても魅力的なキャラクターがたくさん登場します。

 

ナルト疾風伝の続編!今後はボルトの物語へ

の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

ナルトの続編であるボルトはすでに進行中。

ナルトとヒナタの息子であるボルトが大活躍する続編アニメ「BORUTO」は、これからも長く続いていくことでしょう。

時系列から考えると、本編のスピンオフが出る可能性は低いと思われます。

 

 

 

オススメの正規動画配信サービスはコレ

オススメの正規動画配信サービスはコレ

U-NEXT

評価 ★★★★★★★★★★10
月額利用料 1,990円(1,200円分のポイント付)
キャンペーン 31日間無料トライアル
見放題作品数 80,000本以上
PPV作品数 40,000本以上
合計作品数 120,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 対応(見放題5,000本)
電子書籍 対応
特記事項 毎月もらえる1,200円分のポイントでPPV作品などを自由に楽しめる

U-NEXTは国内でも最高峰の動画配信サービス。

見放題作品80,000本にくわえて、PPV作品が40,000本合計で120,000本もの作品で、飽きることは永遠にないというほどのボリュームです。

価格は月額1,990円とほかのサービスよりもやや高い印象がありますが、実際には毎月1,200円分のポイントがもらえることから、実質的に790円が基本料だと考えることもできます。

なおポイントは各種PPV作品で使うことができ、1作品あたり400〜600ポイントですから、毎月2〜3本ほど有料作品が定額内で楽しめるという計算に。

ちなみに標準でアダルト動画の見放題にも対応していることは、ほかにはない特徴です。

VODサービスを検討する時に、まず最初に候補となるのはU-NEXTでしょう。

これ以上によい動画配信サービスは、今のところありません。

 

 

Hulu

評価 ★★★★★★★★★・9
月額利用料 933円
キャンペーン 2週間無料トライアル
見放題作品数 50,000本以上
PPV作品 ×
合計作品数 50,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

 

 

dTV

評価 ★★★★★★★・・・7
月額利用料 500円
キャンペーン 31日間無料キャンペーン
見放題作品数 120,000本以上
PPV作品 アリ(本数不明)
合計作品数 不明
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 見放題は多いが音楽ビデオやカラオケ動画が多い

NTTdocomo系列が運営しているdTV。

docomoの携帯を契約する時に申し込みをするイメージが強いですが、どのキャリアでも契約できるサービスです。

そしてdTVの強みはたった月額500円なのにも関わらず、見放題本数が120,000本もあることでしょう。

アニメ系の最新作には結構強いです。

ですが注意点もあり、見放題120,000本とありながらも、音楽ビデオやカラオケなど魅力に乏しいコンテンツを集めて見放題としている点。

契約してみると意外と見られる作品が少なかったと感じる人も多いことでしょう。

また複数の端末では一切使えないため、家族で共有することもできないことに注意してください。

1契約で1人しか使えません。個人で楽しみたい人向けだといえそうです。

 

 

auビデオパス

評価 ★★★★・・・・・・4
月額利用料 562円(520円分のコイン付き)
キャンペーン 30日間無料キャンペーン
見放題作品数 10,000本以上
PPV作品 アリ(本数不明)
合計作品数 不明
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 【注意!】auユーザーしか契約できません
auマンデイ(TOHOシネマズ系列なら毎週月曜日に1,100円)、auシネマ割(ユナイテッドシネマ系列ならいつでも1,400円)が使える

auビデオパスはauのユーザー以外では原則使えません。

無料作品に関してはauユーザー以外でも使えるとありますが、実質的にauのケータイを使ってる人専用のサービスだと考えましょう。

映画が安く見られることに関してはメリットがありますが、それ以外はとくに目立ったメリットもないのがつらいところ。

auを使っている人は検討してみるのもいいかも!?

 

 

-アニメの紹介
-, , , , ,

Copyright© 動画の森 - VOD動画の専門サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.