アニメの紹介

一気見しよう!アニメ・地獄少女の動画を全話配信しているサービス

依頼人からの依頼により、ターゲットを地獄に落とす代わりに依頼人も地獄へ落ちる。

そんな衝撃のストーリーで一躍有名・人気になった地獄少女が、全話見放題できる動画サービスをまとめました。

地獄少女が視聴できる動画配信サービス一覧

VOD事業者見放題ペイパービュー見放題数月額利用料
U-NEXT80,000本1,990円
Hulu50,000本933円
FOD2,500本888円
dTV120,000本
※カラオケ動画などが多い
540円
auビデオパス10,000本562円

今のところ地獄少女が見られるのは、auビデオパスのみです。

auビデオパスはauユーザー以外でも見られるようになったので、だれでも楽しめます。

ほかにもたくさんの動画作品があるので、ぜひチェックしてみてください。

ですが以前はHuluでも配信されていたアニメですから、タイトルの入れ替えで再び戻ってくる可能性もあるかもしれないですね。

auビデオパスの特徴とメリット・デメリット!だれでも利用可能「auビデオパスってauユーザーにしか使えないんだよね?」 「見たい動画がauビデオパスにしかなかったんだけど、実際このサービスってど...

ここで一気見!地獄少女を定額内で無料見放題

このサービスでイッキ見しよう!

【あらすじ】地獄少女のストーリー・物語

物語内では、深夜の0時にだけアクセスが可能となる謎のサイト「地獄通信」の存在が都市伝説のように囁かれています。

このサイトは恨みを持つ人が、晴らせぬ恨みを書き込むことを目的としています。

そして書き込まれた恨みを「地獄少女」がその人の変わりに果たしてくれるのです。

セーラー服を来た謎の少女「地獄少女」こと閻魔あいは、サイトの書き込み主の下へ直々に出向いて呪いの契約を完成させます。

この契約が結ばれると、恨みの対象となる人物は即座にこの世から消されることに…。

しかし人を呪わば穴二つの諺通り、恨みを晴らした人物にも、またペナルティが課される代償も。

依頼者は死後永遠に地獄で苦しむ、というペナルティを負う事になります。

地獄処女が人知れず世の悪を討つ、痛快にして恐怖漂う物語が展開します。

声優は?地獄少女のキャスト・キャラクター

メインキャスト

  • 閻魔あい(能登麻美子)
  • 一目連(松風雅也)
  • 骨女(本田貴子)
  • 輪入道(菅生隆之)
  • ナレーション(室井滋)
  • あいの祖母(松島栄利子)
  • 柴田一(うえだゆうじ)
  • 柴田つぐみ(水樹奈々)
  • 柴田あゆみ(生天目仁美)
  • 人画蜘蛛(柴田秀勝)

地獄少女の感想・ネタバレ

世の悪事を正すだけではない深い設定

このアニメは、人が持つ晴らせぬ恨みを地獄少女が肩代わりして晴らすという流れの作品。

物語は基本的に一話完結で、多くの回に人の憎悪や卑しさが描かれていました。

恨みを持つ者、持たれる者、それぞれの心に、まがまがしいものを抱えていることがわかります。

人間の持つ負の感情を浮きぼりにした作品になっていました。

時には法では捌けぬ悪事を、地獄少女がさばくという痛快な回もあります。

その一方で、依頼を完了したところでむなしさが残る、物悲しげなエピソードもありました。

物語展開はパターン化されてはいますが、各回で地獄少女が受ける依頼には様々なものがあります。

依頼のすべてが、必ずしも正義の元に行うものと言い切れない点から、勧善懲悪ではなく考えさせられる内容だったと思います。

人間が感情に多様性のある生物だけに、奥深い作品となっていました。

ホラーにサスペンスとミステリーの要素も加えた、面白い作品だと思います。

毎回のゲストについて

地獄少女は毎回違う依頼を受けて活動します。

その回のゲストキャラクターには依頼人と依頼の対象者が登場します。

各回のゲストキャラはそれぞれ違った悩みを持っています。

人の生活の悩みや恨みにも多様性があると理解できました。

またゲストキャラクターには毎回有名な声優が声をあてていたので、声優好きとしては次のゲスト声優は誰か、とわくわくして毎回見ることができました。

媒体がパソコン

昔の作品なら何らかの依頼は「手紙」ですることも多かったのですが、この作品ではウェブサイトを用いています。

パソコンが広く復旧していった世に生まれた作品だけに、世相を反映した設定と作品内容になっていたと思いました。

当時としてはパソコンをキーアイテムにしたのは、面白い発想だと思いました。

地獄少女の続編はある?原作の状況から考察

の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

地獄少女は第四期まで放送されましたが、さすがに全90話も短編ストーリーが作られたと考えると、ネタは出し尽くされた感がありますよ。

そのため一般的には続編に関しては、今後作られることはないという見方がされています。

もちろん人気アニメでしたからゼロではありませんが、可能性は小さいということです。

オススメの正規動画配信サービスはコレ

オススメの正規動画配信サービスはコレ

Hulu

評価★★★★★★★★★・9
月額利用料933円
キャンペーン2週間無料トライアル
見放題作品数50,000本以上
PPV作品×
合計作品数50,000本以上
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

>>公式サイトはこちら

auビデオパス

評価★★★★・・・・・・4
月額利用料562円(520円分のコイン付き)
キャンペーン30日間無料キャンペーン
見放題作品数10,000本以上
PPV作品アリ(本数不明)
合計作品数不明
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項【注意!】auユーザーしか契約できません
auマンデイ(TOHOシネマズ系列なら毎週月曜日に1,100円)、auシネマ割(ユナイテッドシネマ系列ならいつでも1,400円)が使える

auビデオパスはauのユーザー以外では原則使えません。

無料作品に関してはauユーザー以外でも使えるとありますが、実質的にauのケータイを使ってる人専用のサービスだと考えましょう。

映画が安く見られることに関してはメリットがありますが、それ以外はとくに目立ったメリットもないのがつらいところ。

auを使っている人は検討してみるのもいいかも!?

>>公式サイトはこちら

動画配信サービスランキング

動画配信サービスは、それぞれに得意分野があります。

どれも魅力的なサービスですから、迷ってしまうものですよね。

選び方が分からない人向けに、私がとくに良いと感じたサービスをランキング形式でご紹介しています。

 

————————————————————————

本ページの情報は本記事投稿時点のものです。

最新の配信状況は各動画配信サービスにてご確認ください。

————————————————————————

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です