アニメの紹介

アニメ・銀魂の動画を定額見放題!あらすじと感想も紹介

更新日:

アニメ・銀魂の動画を定額見放題!あらすじと感想も紹介

銀魂はジャンプで連載中の超人気マンガを原作としたアニメです。

ギャグ要素が8割を占める破天荒な進行で、子どもから大人まで、どんな世代でも笑いの渦に巻き込む良作。

そんな銀魂が定額で無料見放題ができるサービスの紹介・あらすじ・感想までご紹介します。

まずはぜひ一度見て欲しい作品。

とにかく笑えるおもしろいアニメで最高ですよw

 

銀魂の見逃し配信(再放送)が見られる動画配信サービス一覧

少し複雑ですが、銀魂の配信はこんな状態です。

分類

  • 第一期
  • 第二期
  • 第三期
  • 第四期
  • 劇場版1
  • 劇場版2

作品の分類がぐちゃぐちゃなのでまとめるのが難しいですが、概ねアニメ版の1〜3期までは見放題の、4期の一部はペイパービューか未配信といった状況。

そのうち時間が経てば4期も見放題になるはずです。

かなり先だとは思いますが。

アニメ版シーズン1

VOD事業者 見放題 ペイパービュー 月額利用料
U-NEXT 1,990円
FOD 888円
Hulu 933円
dTV 540円
auビデオパス 562円

 

アニメ版シーズン2

VOD事業者 見放題 ペイパービュー 月額利用料
U-NEXT 1,990円
FOD 888円
Hulu 933円
dTV 540円
auビデオパス 562円

 

アニメ版シーズン3

VOD事業者 見放題 ペイパービュー 月額利用料
U-NEXT 324円 1,990円
FOD 888円
Hulu 933円
dTV 540円
auビデオパス 562円

 

アニメ版シーズン4

VOD事業者 見放題 ペイパービュー 月額利用料
U-NEXT 1,990円
FOD 888円
Hulu 933円
dTV 540円
auビデオパス 562円

 

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇

VOD事業者 見放題 ペイパービュー 月額利用料
U-NEXT ◎324円 1,990円
FOD 888円
Hulu 933円
dTV ◎300円 540円
auビデオパス 562円

 

劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ

VOD事業者 見放題 ペイパービュー 月額利用料
U-NEXT ◎324円 1,990円
FOD 888円
Hulu 933円
dTV ◎300円 540円
auビデオパス ◎300円 562円

 

定額で無料見放題なのはどれ?イッキ見(一気見)できる動画配信サービス

イッキ見するならこれやで!

もちろん見放題も刻々と変化するので気をつけてくださいね。

 

銀魂のあらすじ

舞台は江戸時代末期の日本ということですが、地上では「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人が往来し、行過ぎた科学技術の発展も見られることから架空の国であることがよくわかります。

そこで暮らす銀さんこと坂田銀時は「万時屋」という、いわゆる何でも屋を営むしがない侍です。

主人公の銀時が万時屋として街の人々から様々な依頼を受け、それを解決することが基本的な物語の筋です。

しかし時には江戸の街に襲来する凶悪な侵略者と激しいバトルを展開することもあります。

 

銀魂のキャスト

メインキャスト

  • 坂田銀時(杉田智和)
  • 志村新八(阪口大助)
  • 神楽(釘宮理恵)
  • 定春(高橋美佳子)
  • 死の爪声mデスキャンサー(石原凡)
  • 希望の爪※ホーリーキャンサー(石原凡)
  • お登勢(くじら)
  • キャサリン(杉本ゆう)
  • たま(南央美)
  • 志村妙(雪野五月)

 

銀魂の感想・ネタバレ

銀魂の感想・ネタバレ

基本的には下ネタから瞬の芸能ネタ、往年のゲーム・アニメネタなどのパロディをふんだんに盛り込んだギャグ展開がなされます。

これには毎度腹を抱えて笑えるのがいいところ。

巧妙な会話劇、体当たりのアクションなど、様々な方法を用いて笑いの渦を生む楽しい作品だと思いました。

ギャグネタに関しては作者の引き出しの多さに驚きます。

銀魂のすごいところは、ただのギャグ作品に留まらないという点です。

主人公の銀時は普段はあれほどだらけているのに、実は元攘夷志士の一人で、恐ろしく戦闘力に長けています。

愛する仲間や自分の暮らす街がピンチに陥ると修学旅行の土産の「洞爺湖」と書かれた木刀片手に敵と立ち回るのですが、これがおもしろい!

私は本作の原作コミックもアニメもチェックしてますが、そのどちらでもアクションパートの迫力がすごいですね。

昔は刀で戦場に出ていた銀時が、命を奪うことへの罪の意識から殺さずの木刀を持って闘うという、戦闘に対して持つストイックな理念も男らしいと思います。

主人公銀時の魅力は、だらけている通常モードと本気モードのオンオフで生じるギャップにあると思います。

これはいわゆるギャップ萌えで、普段がだらしない分たまに本気になる銀時が倍格好良く見えることも魅力のひとつ。

そして作品の他の魅力は多彩な登場人物の存在にあります。

銀時は万時屋の依頼をこなしていく中で様々な人と関わり、そして仲間の絆をも結んでいく姿も一興。

キャラクターが多いだけの作品ではなく、各キャラクターにしっかりとキャラ付けがされている点は評価できます。

多くキャラクターがいれば、そのそれぞれのキャラクター性を掘り下げることがなおざりになりがちですが、この作品ではそういったことはまず見られません。

最初は万時屋と敵対していた「新撰組」の面々ともなんだかんだで仲良くなって手を取り合うようにもなります。

敵対関係から仲間になって行くというのも少年漫画の王道であり楽しめる展開なので評価できます。

とにかくおもしろいのでアニメ放送の続きが楽しみです。 

 

銀魂の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

銀魂の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

きっとまだまだ、まだまだまだ続編は作られるはずですw

大人気漫画で、しかも今も現在進行形で連載中!

これで続編がどんどん作れられないわけありません。

 

 

 

銀魂が見られるオススメの正規動画配信サービスはコレ

U-NEXT

評価 ★★★★★★★★★★10
月額利用料 1,990円(1,200円分のポイント付)
キャンペーン 31日間無料トライアル
見放題作品数 80,000本以上
PPV作品数 40,000本以上
合計作品数 120,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 対応(見放題5,000本)
電子書籍 対応
特記事項 毎月もらえる1,200円分のポイントでPPV作品などを自由に楽しめる

U-NEXTは国内でも最高峰の動画配信サービス。

見放題作品80,000本にくわえて、PPV作品が40,000本合計で120,000本もの作品で、飽きることは永遠にないというほどのボリュームです。

価格は月額1,990円とほかのサービスよりもやや高い印象がありますが、実際には毎月1,200円分のポイントがもらえることから、実質的に790円が基本料だと考えることもできます。

なおポイントは各種PPV作品で使うことができ、1作品あたり400〜600ポイントですから、毎月2〜3本ほど有料作品が定額内で楽しめるという計算に。

ちなみに標準でアダルト動画の見放題にも対応していることは、ほかにはない特徴です。

VODサービスを検討する時に、まず最初に候補となるのはU-NEXTでしょう。

これ以上によい動画配信サービスは、今のところありません。

 

 

Hulu

評価 ★★★★★★★★★・9
月額利用料 933円
キャンペーン 2週間無料トライアル
見放題作品数 50,000本以上
PPV作品 ×
合計作品数 50,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

 

 

dTV

評価 ★★★★★★★・・・7
月額利用料 500円
キャンペーン 31日間無料キャンペーン
見放題作品数 120,000本以上
PPV作品 アリ(本数不明)
合計作品数 不明
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 見放題は多いが音楽ビデオやカラオケ動画が多い

NTTdocomo系列が運営しているdTV。

docomoの携帯を契約する時に申し込みをするイメージが強いですが、どのキャリアでも契約できるサービスです。

そしてdTVの強みはたった月額500円なのにも関わらず、見放題本数が120,000本もあることでしょう。

アニメ系の最新作には結構強いです。

ですが注意点もあり、見放題120,000本とありながらも、音楽ビデオやカラオケなど魅力に乏しいコンテンツを集めて見放題としている点。

契約してみると意外と見られる作品が少なかったと感じる人も多いことでしょう。

また複数の端末では一切使えないため、家族で共有することもできないことに注意してください。

1契約で1人しか使えません。個人で楽しみたい人向けだといえそうです。

 

 

auビデオパス

評価 ★★★★・・・・・・4
月額利用料 562円(520円分のコイン付き)
キャンペーン 30日間無料キャンペーン
見放題作品数 10,000本以上
PPV作品 アリ(本数不明)
合計作品数 不明
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 【注意!】auユーザーしか契約できません
auマンデイ(TOHOシネマズ系列なら毎週月曜日に1,100円)、auシネマ割(ユナイテッドシネマ系列ならいつでも1,400円)が使える

auビデオパスはauのユーザー以外では原則使えません。

無料作品に関してはauユーザー以外でも使えるとありますが、実質的にauのケータイを使ってる人専用のサービスだと考えましょう。

映画が安く見られることに関してはメリットがありますが、それ以外はとくに目立ったメリットもないのがつらいところ。

auを使っている人は検討してみるのもいいかも!?

 

 

-アニメの紹介
-, , , , ,

Copyright© 動画の森 - VOD動画の専門サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.