デジタルメディアプレイヤー

1年間使ったレビュー!Fire TV Stickが動画配信サービスに最強な理由

投稿日:

あなたは動画配信サービスを見る時に、どんな端末を使っていますか?

スマホやタブレット、PCで視聴している人はきっと多いと思います。

また動画配信サービスも、さまざまな端末に対応をしているため、テレビで楽しんでいる、という人が増加中。

高画質に対応しているので、大画面で見るとスマホやPCで見るよりもずっと満足度が高いですからね。

ところでそんな動画配信サービスをテレビで見る時に、どんな端末を使うとよいのでしょうか。

テレビやレコーダーに機能が付いているものもあれば、ゲーム機など、外付けの端末を利用することもあります。

そんなたくさんの選択肢がある中で、私がいちばんにオススメしているのがFire TV Stick。

もしこれからテレビで、U-NEXTやHulu、Netflixなどの動画配信サービスを使いたいという人、ほかの端末ですでに見てはいるけど使い勝手に満足で来ていない人に、強くオススメしたい端末です。

この記事では、1年以上もの期間をかけて、Fire TV Stickを使い倒した私がその素晴らしさを熱弁します。

 

▶AmazonでFire TV Stickを見てみる

 

Fire TV Stickとは

Fire TV Stickとは、インターネット通販の王者「Amazon社」が製造・販売している「メディアストリーミング端末」です。

つまりかんたんにいうと、動画配信サービスを提供するための端末ということ。

ポイント

  • プライムビデオ
  • U-NEXT
  • Hulu
  • dTV
  • Netflix

このようなメジャーな動画配信サービス見るための専用端末なのです。

余計な部分や機能をすべてなくして、動画配信サービスに特化している端末なので、ものすごくコンパクトなのに処理も早くて超快適。

テレビやレコーダー、ゲーム機にアプリをインストールして楽しむこともできますが、シンプルな操作性から汎用性、キビキビした反応まで考慮すると、圧倒的にFire TV Stickだと思います。

 

Fire TV Stickは動画配信サービスを見るなら必須!

動画配信サービスを見るためのメディアストリーミング端末は、Fire TV Stickだけではなくいくつか種類があります。

ポイント

  • Fire TV Stick(4,980円)
  • Fire TV(6,980円)
  • Chromecast(4,980円)
  • Apple  TV(17,064円)
  • U-NEXT TV(9,800円)
  • dTVターミナル(7538円)

こんなにたくさんの種類がありますが、まず価格が安いです。

並んでいるのは、Chromecastくらいですが、こちらはスマホの画面をキャストするのが主な使い方。

そのため動画の再生に特化したFire TV Stickには、機能や使い勝手では到底かないません。

ほかの機種に関しても、見られる動画配信サービスの数が少ない、そもそも高いなど、どれもFire TV Stickに見劣りしてしまいます。

私自身は、Fire TV Stick以外に、Fire TV・Chromecast・dTVターミナルを使ったことがありますが、総合的に考えてFire TV Stickより気に入ったものはありませんでした。

全然壊れはしないですが、仮に故障したところで買い替えても、さほど財布も痛くない価格で、しかも超優秀な使い心地。

これから動画配信サービスを楽しむのなら、Fire TV Stick一択だと思います。

 

Fire TV Stickはほとんどの動画配信サービスに対応

Fire TV Stickは、かなりの動画配信サービスに対応しています。

ポイント

このように主要な動画配信サービスには、ほとんど対応しているのがわかります。

独立系サービスである、WOWOWひかりTVTSUTAYAディスカスなどには対応していません(対応できない)が、それでも人気のトップ5のサービスがすべて使えるのでじゅうぶんでしょう。

つまりこれから契約しようとしている人、もうすでに契約していてこれからテレビで見たいという場合でも、柔軟に対応できるのがFire TV Stickなのです。

オンデマン
ちなみに私はU-NEXT・Hulu・Amazonプライムビデオを使っています。Netflixも気になるドラマやアニメがある時だけ、スポットで契約してますよ。昨年はゴールデンカムイのためだけに契約してました(笑)

 

Fire TV Stickが操作がめちゃくちゃかんたん

Fire TV Stickの操作はめちゃめちゃかんたんです。

専用のリモコンが付属しているのですが、見ての通りめちゃめちゃシンプル!ボタンはたったの8個です。

だから操作に迷うことはゼロだと思います。

私の家では、高齢の家族も使っているのですが、操作に困っているところは見たことがありません。

甥っ子が来たときにも、ずっと動画を見せていますが、小さい子でも問題なく直感で使えているので、それくらい操作がかんたんなのです。

 

ボタンは少ないほどいい

少し話は逸れますが、テレビのリモコンを見てください。

何十個ボタンがあるんでしょう。たしかに多機能かもしれませんが、それにしても多すぎますよね。

あれは年齢に関係なく、はじめて見た人なら「うわ…」と感じてしまうと思いませんか?

操作はシンプルな方が、間違いなく快適で直感的に使えてよく、Fire TV Stickはそれをそのまま体現していると思います。

 

音声検索が思った以上に便利

また操作関連では、Fire TV Stickに付属しているリモコンには、音声検索ボタンとマイクがあります。

音声検索ボタンを押して、マイクに向かって喋れば、それだけで作品を検索できるんです。

認識の精度が気になるかな、と思っていましたが、そんなことはまったくありません。

同じAmazonが提供してるAlexaと同じ技術なんですかね。とにかく正確です。

かなり正確に認識してくれるので、ボタンでポチポチと探すのが面倒なときには、音声検索でチャッチャと検索した方が断然早い!

使いはじめて半年後に使ったのですが、もっと早く使っておけばよかったと感じてます。

 

Fire TV Stickは動作にストレスがない

Fire TV Stickの動作はかなりキビキビしていて、ストレスを感じさせない軽快な使い心地です。

一度使ってしまうと、ほかのプレイヤーの操作が本当にストレスに感じるでしょう。

たとえばテレビやレコーダー、ゲーム機などを使って動画配信サービスを見る時に、一番のストレスになるのはもちろん「動きの遅さ」でしょう。

リモコンやコントローラーで操作をしている時に、もっさりとした動きをしているとイライラします。

カーソルを動かしたのに動かず、何度も押していると一気にバババババっと急に動いたり、間違った動画を再生してしまったり、そんな経験がある人もいるのではないでしょうか。

ですがFire TV Stickには、そんな心配はないので安心してください。超快適です。

 

Fire TV Stickは設置と設定もラク

Fire TV Stickはの設置はめちゃめちゃかんたんです。

本体は見てのとおりスティック状になっており、HDMI端子に挿し込み、ACアダプターから電源を取れば完了。

HDMI端子の場所がせまくても、延長できるHDMIケーブルが付属しているので問題ありません。

自動的に起動しているので、あとはナビゲーションに沿って、Wi-Fi設定・インストールする動画アプリの選択・設定をすれば、すぐに使えます。

オンデマン
「電源」という考え方がなく、基本的に起動しっぱなしでOK!使っていないときは、電力もほとんど消費しませんし、AndroidベースのOSなの不安定さを感じたこともまったくありません。

 

Fire TV Stickはアプリも追加できる(音楽・ゲームも楽しめる)

Fire TV Stickは、アプリを自由に選択できる仕組みとなっています。

たとえばプライムミュージックを再生できるアプリを追加すれば、音楽も楽しめます。

ほかにもファイナルファンタジーを遊べたりと、シンプルなゲームだけではなく、ごくふつうのゲームまでできるのでびっくりです。

アプリは無料のものから、有料のものまであるので、気になるものを追加して試してみましょう。

 

Fire TV StickでAmazon photoで写真も楽しめる

Amazon photoを利用しているのであれば、Fire TV Stickのアプリを使って、クラウドに保存している写真も楽しめます。

家族みんなで写真を見る、なんて使い方をすると大喜びしてくれるはずですよ。

Fire TV Stickは、基本的に動画配信サービス専用の端末の位置づけではありますが、じつはたくさんの使い方もできます。

価格が安いし地味に見えますが、じつは高機能なんて最高の端末だと思いませんか?

 

Fire TV Stickは持ち運びもラクラク

Fire TV Stickは、かなりコンパクトですから、持ち運びだってかんたんにできます。

私は引きこもりなので、基本外出しないためにやったことはありませんが、本体とアダプター、リモコンを合わせても手のひらサイズ。

Wi-Fi環境があれば、どこでも動画配信サービスが楽しめますから、ちょっとした出張や旅行などでも活躍しそうですよね。

ホテルや宿泊先のテレビに挿せば、すぐに動画をみんなで楽しめます。

ちょっとしたことですが、これってじつはかなり便利な使い方だと思いませんか?

 

上位互換のFire TVもあるけどFire TV Stickでじゅうぶん!

Fire TV Stickには、さらに上位のFire TVがあります。

こちらは単純に、Fire TV Stickのスペックを上げたようなもので、4Kに対応しているかどうかだと考えてよいでしょう。

ココがポイント

  • Fire TV Stick … 動画中心ならこっち!
  • Fire TV   … 4K対応・画質とゲーム中心ならこっち!

もちろん処理速度などもFire TVの方がよいので、ゲームなどを遊ぶ場合にも違いは表れます。

ですがFire TV StickやFire TVを使う主な理由は、大半の人が動画配信サービスを楽しむことではないでしょうか。

それなハイスペックさは必要ないので、Fire TV Stickでじゅうぶんなのです。

ダメ押しですが、そもそも現時点で4K配信されている作品自体かなり少ないので、Fire TVは少しオーバースペック。

ゲームもフルに楽しみたい人には、Fire TVをオススメします。

ですが動画中心の使い方を考えているのなら、Fire TV Stickがオススメですよ。

 

まとめ

ご紹介のとおり、Fire TV Stickはどんなメディアストリーミング端末よりも魅力的な端末です。

これまでいくつかの端末を試したり、テレビやレコーダー、PS3から動画配信サービスを試したことがありますが、あらゆる点でFire TV Stickに勝るものはありませんでした。

つまり大げさではなく、特別なこだわりがない限りは、テレビで動画配信サービスを楽しみたいのなら、Fire TV Stickを選んでおけば失敗はないということ。

これが私が1年間使い倒して感じた結論です。

満足度が半端ではないFire TV Stickをぜひ試してみてくださいね。

 

▶AmazonでFire TV Stickを見てみる

 

動画配信サービスを比較する

あなたにぴったりの動画配信サービスをランキングで比較しよう。

10の動画配信サービスを動画本数・価格・機能・使いやすさ・付加サービスで分かりやすく比較!

もうこれで動画配信サービス選びは迷いません。

-デジタルメディアプレイヤー
-, ,

Copyright© ドーガニスタ!ASIA 動画配信サービス・VODの専門サイト , 2019 All Rights Reserved.