動画配信サービス比較

洋画を楽しみ尽くせる動画配信サービス5選!ココから選べば間違いなし

Pocket
LINEで送る

動画配信サービスってたくさんあって迷いますよね。

そんな動画配信サービスの中でも、洋画に強いサービスを今回は集めてみました。

映画には洋画ファンと邦画ファンでまっぷたつに割れるものですが、どちらかというと洋画が好きという方はかなり多いのではないでしょうか。

じつは最近の動画配信サービスは、洋画の充実度が半端じゃないんです!

もうレンタルDVDを借りるのは、もったいないレベルですよ。

コスト重視のサービスから、作品数重視のものまで紹介していきますので、洋画がたくさん見れる動画配信サービスをお探しの方は要チェック!

動画配信サービスを選ぶときのポイントもいっしょにお伝えしていきますので、さっそく見ていきましょう。

洋画に強い動画配信サービスを選ぶポイント

動画配信サービスを選ぶ際のポイントですが、洋画に特化するのであれば注目しておきたいポイントもあるので紹介していきます。

収録しているタイトルの違いや、毎月の料金の違いはかならずチェックしておきましょう。

作品数多いもの・好みの作品があるものを選ぶ

せっかく契約したのに見られる作品数が少なくてすぐに飽きてしまった、なんて経験はしたくありませんよね。

全体の作品数だけでなく、洋画の作品数が多いかどうかも選ぶときのポイントです。

動画配信サービスには、そのサービスごとに得意なジャンルというのが存在するもの。

ですので、事前にそのサービスがどのようなジャンルを得意としているのか確認しておくことをおすすめします。

好みの作品が多い動画配信サービスに当たると、充実した動画ライフをずっと満喫できますよ。

準新作の配信スピードで選ぶ

旧作映画ばかり見る方にはあまり関係がないかもしれませんが、できるだけ新しい映画を見たいという方にはここはゆずれない重要なところです。

一般的なサービスでは、準新作がリリースされるまでしばらく時間が掛かることがほとんど。

中には新作のリリースが早いサービスも合ったりしますが、別売りの課金コンテンツだったりすることもあるので、その点は注意する必要があります。

どの程度の期間で新作がリリースされるのかも考えておく必要があるでしょう。

基本的に最新作は滅多に配信されません。早くて準新作くらいのペースが標準です。DVDがリリースされ、それから数ヶ月後に配信が始まります。DVDの売上が欲しいための措置だと思います。

マルチデバイスへの対応状況で選ぶ

どの端末で洋画を見たいかによっても、選ぶべきサービスは変わります。

テレビでゆったりとソファに座って洋画を見たいのであれば、テレビでの再生に対応しているサービスに登録したいですよね。

パソコンで見たいのであれば、ブラウザでの視聴に対応している必要があります。

そのため自分の見たい環境にサービスが対応しているかを、しっかりとチェックしてサービスを選ぶようにしましょう。

吹き替え対応しているかで選ぶ

映画を吹き替えで見たいという方は、この点について確認しておくべきです。

なぜなら多くの動画配信サービスでは、字幕でしか対応していないから。

吹き替えに対応しているサービスはあまり多くはありませんので、吹き替え派の方はこの点についてよくチェックしておくべきです。

月額利用料で選ぶ

月々の利用料金はできる限り抑えたいですよね。

月額利用料金はサービスによって大きく異なるのでできる限り安いサービスを契約したいところ。

ですがサービスの内容違うので、環境によっては多少高くついたとしてもトータルで考えると安く付く場合もあります。

そのあたりはサービスの内容をしっかりと吟味して決めたいところですね。

視聴に別料金が取られない見放題サービスだけで選ぶ

動画配信サービスには、月額利用料金で利用できるコンテンツと、PPV(課金コンテンツ)がある場合があります。

課金コンテンツが多い場合は、見たい作品を好きなだけ見てしまうと月額利用料金よりも課金コンテンツの利用料が高くなってしまうことも。

そのため、課金コンテンツが少ないものを選んでおいたほうが、余計な出費を減らすことができるのでおすすめです。

画質がいいかで選ぶ

映画を楽しむのであれば画質は重要です。

映画をみるのであれば、HD画質にはできれば対応していてほしいところですよね。

ですが中には対応していない作品やサービスもあったりするので要注意。

このあたりの点に関しては、無料のお試し期間でしっかりと確認したいところです。

ダウンロードできるかで選ぶ

動画配信サービスの中には、動画をダウンロードできるサービスもあります。

動画をダウンロードできるのは、スマホ・タブレットのサービスが主ですが、動画をダウンロードすることで、データ通信料を節約できたり、動画が途切れたりする心配がなく利用できるのでメリットが大きいです。

モバイル環境で映画をよく見るのであればダウンロード機能のあるサービスを選びたいところ。

洋画をみるのにおすすめな動画配信サービス一覧

サービス名

月額料金

洋画本数

画質

吹き替え対応数

U-NEXT

1,990円

約3,980作品

SD~フルHD

普通

hulu

933円

約500作品

SD~フルHD

普通

dTV

500円

約780作品

SD~HD

普通

prime video

500円

約660作品

SD~フルHD

普通

Netflix

800円~

約1500作品

SD~

多い

どのサービスでも十分魅力的なのですが、とくにおすすめしたいのはU-NEXTとHuluですね。

Amazonをよく利用する場合は、Amazonプライム・ビデオの利用も魅力的です。

U-NEXTのおすすめポイント

U-NEXTは月額料金が高い分、作品の点数が最も多く、ヘビーユーザーにおすすめです。

また、ファミリーアカウントという機能を使えば4人まで同時にサービスを利用できるので、家族で別々の映画を見るという方はお得に利用できます。

また最新作のリリースも早いので、最新作をいち早く見ておきたい方にもおすすめ。

洋画を除いた総合的な作品数も、あらゆる動画配信サービスの中で、ずば抜けて多いです。

ほかの動画配信サービスの2倍以上の動画が見られるのは魅力的ですね。

>>徹底レビュー!U-NEXTを1年使ってわかった口コミで評判の理由

>>U-NEXT公式サイトへ

huluおすすめポイント

huluが最も得意とするジャンルは海外ドラマですが、洋画の品揃えもかなりよく、よほどのヘビーユーザーで無い限りは見るものには困らないでしょう。

それに作品の入れ替えも頻繁にあるので、配信タイトル数以上に洋画は楽しめるはずです。

全部見るなんて、まず不可能といってもいいレベルですよ。

作品年代や地域、ジャンルなどで検索できるので、見たい作品が特に決まっていなくても絞り込みから探せます。

価格も安価でコストパフォーマンスが高く、洋画を見るためにはとても優秀な動画配信サービスです。

>>使用期間5年以上!Huluが口コミで評判の理由を徹底レビュー

>>Hulu公式サイトへ

dTVおすすめポイント

dTVはコストパフォーマンスが高く、気軽に加入できるのがポイント。

そして、スマホアプリの完成度が高いので、モバイル環境で映画を見る機会が多い方におすすめできます。

ヘビーユーザーであれば他のサービスをおすすめしますが、ライトユーザーで週末に楽しむという方や通勤中に見るという方には最適でしょう。

価格も500円でワンコインとまさにお手軽です。

>>今人気急上昇中のdTVとは?特徴やメリット・デメリットを解説

>>dTVの公式サイトはこちら

prime videoおすすめポイント

prime videoはアマゾンプライムのサービスのうちの一つ。

新作などにはあまり強くありませんが、価格の安さが魅力です。

prime videoのサービスだけでなく、他のアマゾンプライムのサービスもセットで500円(税込み)という価格なので、アマゾンをよく利用するという方には強く推したいところ。

作品の入れ替えも早いので、ライトユーザーであれば見飽きる前に他の作品がラインナップに出てくれるのも嬉しいポイントです。

>>アマゾンプライムビデオとは?特徴とメリット・デメリットまとめ

>>プライム・ビデオの詳細はこちら

Netflixおすすめポイント

Netflixは作品の数と価格のバランスが取れていて、洋画好きであれば非常におすすめできるサービスです。

画質によって料金が変わるので自分に合った画質で選択できるのもポイント。

  • 800円(SD)
  • 1,200円(HD)
  • 1,800円(4K)

またNetflixは、吹き替えに対応している洋画が多く、吹き替え派の方には一番おすすめのサービス。

Netflixはパソコンからでもダウンロードが可能です。もちろんアプリを使用したスマホやタブレットからもダウンロードできます。

出張先でノートパソコンで映画を楽しめるので、オフライン環境で見る方にも適しているでしょう。

>>話題のNetflixとは!?特徴・価格・評判の理由をとことん分析したよ

>>Netflixの公式サイトはこちら

無料お試し期間で全部試してみるのがおすすめ

ここまでサービスを5つ紹介してきましたが、まだどれがいいのかよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方は、無料のお試し期間を利用して、一度利用してみることをおすすめします。

無料のお試し期間でも、有料会員と変わらないサービスを利用できるので、迷っているのであれば登録してみましょう。

無料期間内に解約すれば、利用料金もかかりませんので、ぜひ一度試してみてくださいね。

オススメはこれ!王道の動画配信サービス比較ランキング2019少し前までは敷居の高かった動画配信サービスも、価格の低下や作品数も充実してきていることから、一般的なサービスへと変貌しつつあります。 ...
動画配信サービスランキング
Pocket
LINEで送る

動画配信サービスは、それぞれに得意分野があります。

どれも魅力的なサービスですから、迷ってしまうものですよね。

選び方が分からない人向けに、私がとくに良いと感じたサービスをランキング形式でご紹介しています。

 

————————————————————————

本ページの情報は本記事投稿時点のものです。

最新の配信状況は各動画配信サービスにてご確認ください。

————————————————————————

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です