アニメの紹介

アニメ・カウボーイビバップの動画を定額見放題!あらすじと感想も紹介

更新日:

アニメ・カウボーイビバップの動画を定額見放題!あらすじと感想も紹介

1998〜1999年にかけて放送され、カルト的な人気を誇ったカウボーイ・ビバップ。

未来の太陽系を舞台にしたSFアニメですが、発想の面白さと斬新さ、細かい描画などでアメリカで実写化が望まれているほどの作品です。

そんなカウボーイ・ビバップが定額で無料見放題の動画配信サービス・あらすじ・感想を紹介します。

 

カウボーイビバップの見逃し配信(再放送)が見られる動画配信サービス一覧

VOD事業者 見放題 ペイパービュー 月額利用料
U-NEXT 1,990円
FOD 888円
Hulu 933円
dTV 540円
auビデオパス 562円

現在のところHuluとauビデオパスの2つが対応しています。

ですがauビデオパスがauユーザー専用と考えると、事実上Huluだけが定額無料見放題だと言えるでしょう。

またHuluは見放題作品が50,000本と、一生かかっても楽しみきれないほど豊富。

もちろんアニメ・映画・ドラマのすべてに対応しています。

 

>>Huluの詳細を見てみる

 

無料で見放題なのはどれ?イッキ見(一気見)できる動画配信サービス

このサービスならイッキ見!

定額で無料見放題なのは、実質的にHuluのみ!

Hulu最高です。

 

カウボーイビバップのあらすじ

 

ビバップ号に乗って宇宙をさすらっているスパイクとジェットは、賞金を懸けられた宇宙の犯罪者を捕らえて生計を立てていた。

賞金稼ぎの2人はいつも犯罪者を捕らえる事に成功していたが、犯罪者を捕らえるまでに何かとトラブルがあっていつも貧しい食事で苦しい懐事情で四苦八苦していました。

それでも宇宙の流れものの二人は、スペースカウボーイとして生きていくしかないので

犯罪者を捕らえる事に日夜努力をする日々を送るのであった。

 

カウボーイビバップのキャスト

メインキャスト

  • スパイク(山寺宏一)
  • ジェット(石塚運昇)
  • フェイ(林原めぐみ)
  • エド(多田葵)
  • シン(檜山修之)
  • アニー(一城みゆ希)
  • ブル(小山武宏)
  • ジュリア(高島雅羅)
  • リン(緑川光)
  • ハキム(大友龍三郎)

 

カウボーイビバップの感想・ネタバレ

カウボーイビバップの良さは大人の雰囲気だけではない

カウボーイビバップというアニメを見人の多くが感じるのは、とてもおしゃれで大人の雰囲気がある作品だという感想です。

実際にカウボーイビバップというアニメを見ると、大人の雰囲気を醸し出している独特の作品だと感じ、それがカルト的な人気である秘密なのだとわかります。

なこの作品を見た人の中には、これをただの雰囲気アニメだと揶揄する人が一定数以上いるのは確かです。

ですがこのアニメを見て、ただの雰囲気アニメだと思っているような人はあまりに突拍子もない作品ばかり見てきた人と言わざるを得ないでしょう。

なぜならいくらこのアニメが、派手なロボットが出てきたり登場する人物や、異能力を持っていなくても、作品としての魅力は本当にすばらしいから。

このカウボーイビバップという作品はどういう魅力があるかというと、このアニメを見ると上質な海外ドラマを見たあとに近い後味があることです。

そのクオリティは、アメリカの有名な俳優も唸るほどのクオリティで、多くの人がこのアニメの虜になりました。

もちろん大人の雰囲気を醸し出しているので、一面だけ見れば雰囲気が良いアニメという事は言えると思います。

ですがそれだけのアニメでないのがカウボーイビバップの良いところです。

また仲間との絆も分かりやすい表現でなく、見ている側に想像させるところも秀逸な作品だといわれる理由でしょう。

 

物語だけでなく音楽や映像表現も秀逸

カウボーイ・ビバップで素晴らしい点が、音楽や表現がこれまでになかったよいものである点です。

そしてまず筆頭に挙げられるのがオープニングテーマです。

オープニングなのにも関わらず、歌は一切なくてインストゥルメンタルだけと驚きを隠せませんでした。

それまで見てきたアニメは、すべてオープニングは歌があるのが基本でしたから、あまりの渋さに衝撃を受けること間違いなしです。

また作中に使われている音楽も、アニメでは珍しいジャズが随所に使われるという味な演出。

 

さらにアニメが制作されたのが、セル画アニメがひとつの歴史に幕を下ろそうとしいた時期に作られたという事もあり、セル画の落ち着いた発色と綺麗な表現でまさに集大成とも言えるべき作品だと言えるかもしれませんね。

デジタルアニメが主流になってしまった今では、もうあのクオリティでアニメを作るのは無理でしょう。

そして最後にもう一つ。

独特の世界感に入り込めるストーリーも素晴らしいのですが、シリアスなストーリーの後に、ギャグストーリーを適度に挟むバランスの取り方もさすがとしかいえません。

物語の緩急があるのと作画レベルの高さや音楽の素晴らしさもあり、大人こそ楽しめる良作といって間違いないでしょう。

 

カウボーイビバップの続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

最初の作品から20年以上経過した今、続編が作られる可能性は限りなく低いでしょう。

同作と同じ監督が手がけたサムライチャンプルーなどを見ると、近い面白さが得られるかもしれませんよ。

 

 

 

オススメの正規動画配信サービスはコレ

オススメの正規動画配信サービスはコレ

Hulu

評価 ★★★★★★★★★・9
月額利用料 933円
キャンペーン 2週間無料トライアル
見放題作品数 50,000本以上
PPV作品 ×
合計作品数 50,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

 

 

※カウボーイ・ビバップ視聴可能

 

auビデオパス

評価 ★★★★・・・・・・4
月額利用料 562円(520円分のコイン付き)
キャンペーン 30日間無料キャンペーン
見放題作品数 10,000本以上
PPV作品 アリ(本数不明)
合計作品数 不明
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 【注意!】auユーザーしか契約できません
auマンデイ(TOHOシネマズ系列なら毎週月曜日に1,100円)、auシネマ割(ユナイテッドシネマ系列ならいつでも1,400円)が使える

auビデオパスはauのユーザー以外では原則使えません。

無料作品に関してはauユーザー以外でも使えるとありますが、実質的にauのケータイを使ってる人専用のサービスだと考えましょう。

映画が安く見られることに関してはメリットがありますが、それ以外はとくに目立ったメリットもないのがつらいところ。

auを使っている人は検討してみるのもいいかも!?

 

 

※カウボーイ・ビバップ視聴可能

 

U-NEXT

評価 ★★★★★★★★★★10
月額利用料 1,990円(1,200円分のポイント付)
キャンペーン 31日間無料トライアル
見放題作品数 80,000本以上
PPV作品数 40,000本以上
合計作品数 120,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 対応(見放題5,000本)
電子書籍 対応
特記事項 毎月もらえる1,200円分のポイントでPPV作品などを自由に楽しめる

U-NEXTは国内でも最高峰の動画配信サービス。

見放題作品80,000本にくわえて、PPV作品が40,000本合計で120,000本もの作品で、飽きることは永遠にないというほどのボリュームです。

価格は月額1,990円とほかのサービスよりもやや高い印象がありますが、実際には毎月1,200円分のポイントがもらえることから、実質的に790円が基本料だと考えることもできます。

なおポイントは各種PPV作品で使うことができ、1作品あたり400〜600ポイントですから、毎月2〜3本ほど有料作品が定額内で楽しめるという計算に。

ちなみに標準でアダルト動画の見放題にも対応していることは、ほかにはない特徴です。

VODサービスを検討する時に、まず最初に候補となるのはU-NEXTでしょう。

これ以上によい動画配信サービスは、今のところありません。

 

 

FOD

評価

★★★★★★★・・・7

月額利用料 888円
キャンペーン 最大1ヶ月無料
見放題作品数 5,000本以上
PPV作品数 5,000本以上
合計作品数 10,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 対応
特記事項 フジテレビ系列のため、同社のドラマやアニメの最新作に強い

FODはフジテレビが運営している動画配信サービスです。

そのため国内のドラマ・映画・アニメに非常に強く、とくにフジテレビで放映された作品に関しては、独自の見逃し配信があったりとサービスも魅力的。

ただし海外作品に関しては弱いため、どちらかというと国内の作品を中心に、目一杯に楽しみたい人にオススメです。

海外の作品には興味がないよーという人は、FOD一択ではないでしょうか。

ドラマとアニメの充実度は群を抜いてます。

 

 

dTV

評価 ★★★★★★★・・・7
月額利用料 500円
キャンペーン 31日間無料キャンペーン
見放題作品数 120,000本以上
PPV作品 アリ(本数不明)
合計作品数 不明
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 見放題は多いが音楽ビデオやカラオケ動画が多い

NTTdocomo系列が運営しているdTV。

docomoの携帯を契約する時に申し込みをするイメージが強いですが、どのキャリアでも契約できるサービスです。

そしてdTVの強みはたった月額500円なのにも関わらず、見放題本数が120,000本もあることでしょう。

アニメ系の最新作には結構強いです。

ですが注意点もあり、見放題120,000本とありながらも、音楽ビデオやカラオケなど魅力に乏しいコンテンツを集めて見放題としている点。

契約してみると意外と見られる作品が少なかったと感じる人も多いことでしょう。

また複数の端末では一切使えないため、家族で共有することもできないことに注意してください。

1契約で1人しか使えません。個人で楽しみたい人向けだといえそうです。

 

 

-アニメの紹介
-, , , ,

Copyright© 動画の森 - VOD動画の専門サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.