国内映画の紹介

映画・ちはやふる 結びの動画はどこで配信してるの?今すぐ見られるサービス

Pocket
LINEで送る

大人気の少女漫画を実写化した「ちはやふるシリーズ」ですが、その完結作となったのが、この「ちはやふる 結び」です。

この記事ではそんな「ちはやふる 結び」の動画を配信しているサービスや、あらすじと感想を紹介しています。

しかし広瀬すずさんが演じるちはやちゃんがすごくかわいいですよね。

ちはやふる 結びが見られる動画配信サービス一覧

ちはやふる 結びが見られる動画配信サービス一覧
VOD事業者見放題ペイパービュー月額利用料
U-NEXT1,990円
FOD888円
Hulu933円
dTV540円
auビデオパス562円

残念ながら2018年7月現在、ちはやふるの結びが見られる動画配信サービスはまったくありませんでした。

ですが少し前にHuluで配信していたことがあり、作品は時期に合わせて定期的に入れ替えしているため、また見放題に戻ってくる可能性は高いはずです。

また配信が開始された時にはあらためてここでも掲載しますね。

ちはやふる 結びのあらすじ

『ちはやふる・上の句・下の句』に続く完結編です。

綾瀬千早(広瀬すず)がやっとクイーン・若宮詩暢(松岡茉優)と対決できるところまで手がかかった筈なのに、その一歩手前で敗退と言う残念なことになってしまいます。

詩暢は千早を破った中学生の伊織を下して三連覇を成し遂げるのです。

一方、名人・周防(賀来賢人)は千早らの恩師である原田先生(國村準)を下して五連覇、引退を宣言するも、新(新田真剣佑)の挑戦を受けるかたちであと一年続けることを約束しました。

千早たちは最上級生となり、後輩が出来たり、進路に迷ったり。

ぶれずに突き進む千早と、進路に悩む太一(野村周平)、そして千早への想いを告白した新らが織りなす、かるたにかける青春の日々が素敵に描かれています。

ちはやふる 結びのキャスト・俳優・女優

メインキャスト

  • 綾瀬 千早(広瀬 すず)
  • 真島 太一(野村 周平)
  • 綿谷 新(新田 真剣佑)
  • 大江 奏(上白石 萌音)
  • 西田 優征(矢本 悠馬)

ちはやふる 結びの感想・ネタバレ

ちはやふる 結びの感想・ネタバレ

『ああ、やっとここまで来た!』という思いでいっぱいです。

原作ではまだここへ辿り着く途上ではありますが、広瀬すずさんらが作り上げてくれた実写版の世界は一足先に完結してしまいました。

クィーン若宮詩暢の孤独と、千早たちチーム瑞沢の対比、そして千早自身の詩暢へのあこがれや渇望などがつぶさに描かれており、とても見ごたえのある姿になっていました。

競技かるたの世界はまさに格闘技で、ですが強い者たちの姿はとても流麗で美しく、さらにクィーン戦になると素晴らしい着物と袴の、まさに『女の闘い』となります。

原作でも描かれていた素敵なシーンが、実物で動くというのは素晴らしい迫力でした。

そこにスロー効果やカメラワークの変化が加わることでより一層その世界に引き込むパワーがありました。

たった三年しかない高校生活をかるたに捧げた千早たち、ここまで好きなものがあったら、苦しくても、なんて幸せそうなんだろう、と心底羨ましくなります。

漠然と終わらせてしまう人が多いだろうそんな青春時代をここまで昇華しつくしてくれた、そんな彼らと。

見守る大人たちの姿、そして相反する孤高を貫く詩暢や周防らの姿との対比、その構成とバランスは素晴らしいとしか言いようがない、そんな素敵な物語でした。

ちはやふる 結びの続編はあるのか!?

ちはやふるは「結び」とあるように、今のところは実写版としては完結しているため、続編の可能性はかなり低いのではないでしょうか。

ですが時系列の違うオリジナルストーリーで、新たな続編がある可能性はゼロではなさそうですよね。

かなり人気でしたから、もしかすると…。

ちはやふるの原作漫画の状況

ちはやふるの原作は2008年に連載がはじまり、今でも終わる気配はありません。

どちらかというと、ストーリー的には後半ではあるはずですが、原作版に関してはまだまだしばらく楽しませてくれそうですね!

今後のストーリーの進展にも期待です。

ちはやふる 結びを見るためにオススメの正規動画配信サービスはコレ

ちはやふる 結びを見るためにオススメの正規動画配信サービスはコレ

U-NEXT

評価★★★★★★★★★★10
月額利用料1,990円(1,200円分のポイント付)
キャンペーン31日間無料トライアル
見放題作品数80,000本以上
PPV作品数40,000本以上
合計作品数120,000本以上
画質フルHD
アダルト対応対応(見放題5,000本)
電子書籍対応
特記事項毎月もらえる1,200円分のポイントでPPV作品などを自由に楽しめる

U-NEXTは国内でも最高峰の動画配信サービス。

見放題作品80,000本にくわえて、PPV作品が40,000本合計で120,000本もの作品で、飽きることは永遠にないというほどのボリュームです。

価格は月額1,990円とほかのサービスよりもやや高い印象がありますが、実際には毎月1,200円分のポイントがもらえることから、実質的に790円が基本料だと考えることもできます。

なおポイントは各種PPV作品で使うことができ、1作品あたり400〜600ポイントですから、毎月2〜3本ほど有料作品が定額内で楽しめるという計算に。

ちなみに標準でアダルト動画の見放題にも対応していることは、ほかにはない特徴です。

VODサービスを検討する時に、まず最初に候補となるのはU-NEXTでしょう。

これ以上によい動画配信サービスは、今のところありません。

>>公式サイトはこちら

Hulu

評価★★★★★★★★★・9
月額利用料933円
キャンペーン2週間無料トライアル
見放題作品数50,000本以上
PPV作品×
合計作品数50,000本以上
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

>>公式サイトはこちら

dTV

評価★★★★★★★・・・7
月額利用料500円
キャンペーン31日間無料キャンペーン
見放題作品数120,000本以上
PPV作品アリ(本数不明)
合計作品数不明
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項見放題は多いが音楽ビデオやカラオケ動画が多い

NTTdocomo系列が運営しているdTV。

docomoの携帯を契約する時に申し込みをするイメージが強いですが、どのキャリアでも契約できるサービスです。

そしてdTVの強みはたった月額500円なのにも関わらず、見放題本数が120,000本もあることでしょう。

アニメ系の最新作には結構強いです。

ですが注意点もあり、見放題120,000本とありながらも、音楽ビデオやカラオケなど魅力に乏しいコンテンツを集めて見放題としている点。

契約してみると意外と見られる作品が少なかったと感じる人も多いことでしょう。

また複数の端末では一切使えないため、家族で共有することもできないことに注意してください。

1契約で1人しか使えません。個人で楽しみたい人向けだといえそうです。

>>公式サイトはこちら

動画配信サービスランキング
Pocket
LINEで送る

動画配信サービスは、それぞれに得意分野があります。

どれも魅力的なサービスですから、迷ってしまうものですよね。

選び方が分からない人向けに、私がとくに良いと感じたサービスをランキング形式でご紹介しています。

 

————————————————————————

本ページの情報は本記事投稿時点のものです。

最新の配信状況は各動画配信サービスにてご確認ください。

————————————————————————

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です