アニメの紹介

BTOOOM!が全話一挙放送・配信されている動画サービスを比較!

更新日:

BTOOOM!

爆破系バトルロワイヤルのBTOOOM!。

ボンバーマンにヒントを得て作られた本作は、すさまじい頭脳戦が繰り広げられる良作です。

そんなBTOOOM!を全話一気に見られる動画サービスを徹底比較!

今のところ全12話の1シーズンですが、週末や長期休暇に一気に見て楽しみましょう。

 

BTOOOM!の見逃し配信(再放送)が見られる動画サービス比較

VOD事業者 見放題 ペイパービュー 見放題数 月額利用料
U-NEXT 80,000本 1,990円
FOD 2,500本 888円
Hulu 50,000本 933円
dTV 120,000本
※カラオケ動画などが多い
540円
auビデオパス 10,000本 562円

BTOOOM!が見られる動画配信サービスは、U-NEXTとHuluの2つ。

U-NEXTはたくさんの動画配信サービスの中でも、見放題80,000本、PPV40,000本、合計120,000本の作品が見られることが魅力です。

対してHuluは50,000本の動画がすべて見放題で、PPV作品はなく料金体系がわかりやすいことが魅力。

どちらも素晴らしいサービスですよ。

もし迷っているのなら、サービス面で優れているU-NEXTから使ってみることをオススメします。

 

>>U-NEXTの詳細を見てみる

 

定額無料で見放題なのはどれ?全話一挙放送・配信しているサービス

このサービスならイッキ見!

GW・お盆・年末年始の休みは、この2つのサービスでBTOOOM!を一気見しちゃいましょうよ。

 

BTOOOM!のあらすじ

この物語の主人公である坂本竜太(さかもとりょうた)22歳は現実では無職で、怠惰な人生を送っていた。

しかし「BTOOOM!」と呼ばれる流行りのネットゲームの世界では誰よりも強く、ゲームプレイヤーの全ての人から尊敬されていた。

そんなある日、竜太は気が付くと深い森の中にいた。

そんな竜太の前には不思議なサイコロの型をした物体が置かれており、その物体のスイッチを押すと謎のカウントダウンがスタート。

竜太はそれが直感的に危険なものであると判断し、その物体を遠くに放り投げる。

するとその物体が激しく爆発し、それが爆弾である事を確認した竜太。これからこの深い森の中で、竜太の生き残るためのサバイバルゲームが幕をあける。

 

BTOOOM!のキャスト

メインキャスト

  • 坂本竜太(本郷奏多)
  • ヒミコ(三森すずこ)
  • 平 清(大川透)
  • 吉良康介(沢城みゆき)
  • 吉良義久(江川央生)
  • 織田信隆(中村悠一)
  • 平 柚彦(松田崚佑)
  • 平 昭子(佐々木優子)
  • 北条美沙子(藤堂真衣)
  • 宮本雅志(黒田崇矢)

 

BTOOOM!の感想・ネタバレ

手に汗握るサバイバルアクション

この物語は謎の島に連れてこられたプレイヤー達が、様々な種類の爆弾を使って壮絶な戦いを繰り広げる物語です。

通話「BIM」と呼ばれる爆弾には様々なタイプがあり、リモコンで起爆させるタイプや補足したターゲットを追いかける追尾タイプなど、それぞれの状況に合わせて使い分けていきます。

この作品で私が一番面白いと感じたところはその様々な種類の爆弾を使った、体力と知力のぶつかり合いです。

この物語の主人公である竜太はゲームの「BTOOOM!」の世界では天才的な実力を誇っています。

そのゲーム世界と今おかれている現実のサバイバル世界では共に共通している部分があり、竜太がゲームで得たスキルや知識を武器に、次々と敵のプレイヤーを倒していくシーンは見ていてとても気持ちがいいです。

また、ゲームの世界でしか自分の存在価値を見出せなかった竜太が、現実のサバイバル世界で様々な人達と出会い、大切な人達を守る為に戦う姿には深く胸を打たれました。

 

極限の状況下における人間の本質

 この物語には様々な事情を抱えた登場人物達が数多く登場します。

そんな彼等が極端のサバイバルゲームに直面した際に見せる行動や考え方が、とてもリアルに描かれておりこの作品の好きな魅力の一つです。

登場人物の中には自分の欲求の為に戦う者や、大切な人達の為に戦う者など一人一人事情が異なります。

そんな彼等の戦いを見ていると、私自身が彼等と同じサバイバルゲームに参加する事になったら果たしてどうするだろうと考えてしまうほど。

 壮絶な戦いを通して冴えない性格の主人公である竜太が、徐々に勇敢に成長していく姿がこの作品の大きな見所であると思いました。

 

BTOOOM!の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

BTOOOM!は2018年3月まで連載が続いたマンガです。

対してアニメが放映されたのは2012年とかなり前。

ですから物語が完結した今、1シーズン目から最終局面までのストーリーが作られたとしてもおかしい話ではありません。

もちろん現時点では公式発表は何もありませんが、続編の発表を今後も期待したいところですね。

 

 

 

オススメの正規動画配信サービスはコレ

オススメの正規動画配信サービスはコレ

U-NEXT

評価 ★★★★★★★★★★10
月額利用料 1,990円(1,200円分のポイント付)
キャンペーン 31日間無料トライアル
見放題作品数 80,000本以上
PPV作品数 40,000本以上
合計作品数 120,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 対応(見放題5,000本)
電子書籍 対応
特記事項 毎月もらえる1,200円分のポイントでPPV作品などを自由に楽しめる

U-NEXTは国内でも最高峰の動画配信サービス。

見放題作品80,000本にくわえて、PPV作品が40,000本合計で120,000本もの作品で、飽きることは永遠にないというほどのボリュームです。

価格は月額1,990円とほかのサービスよりもやや高い印象がありますが、実際には毎月1,200円分のポイントがもらえることから、実質的に790円が基本料だと考えることもできます。

なおポイントは各種PPV作品で使うことができ、1作品あたり400〜600ポイントですから、毎月2〜3本ほど有料作品が定額内で楽しめるという計算に。

ちなみに標準でアダルト動画の見放題にも対応していることは、ほかにはない特徴です。

VODサービスを検討する時に、まず最初に候補となるのはU-NEXTでしょう。

これ以上によい動画配信サービスは、今のところありません。

 

 

Hulu

評価 ★★★★★★★★★・9
月額利用料 933円
キャンペーン 2週間無料トライアル
見放題作品数 50,000本以上
PPV作品 ×
合計作品数 50,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

 

 

FOD

評価

★★★★★★★・・・7

月額利用料 888円
キャンペーン 最大1ヶ月無料
見放題作品数 5,000本以上
PPV作品数 5,000本以上
合計作品数 10,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 対応
特記事項 フジテレビ系列のため、同社のドラマやアニメの最新作に強い

FODはフジテレビが運営している動画配信サービスです。

そのため国内のドラマ・映画・アニメに非常に強く、とくにフジテレビで放映された作品に関しては、独自の見逃し配信があったりとサービスも魅力的。

ただし海外作品に関しては弱いため、どちらかというと国内の作品を中心に、目一杯に楽しみたい人にオススメです。

海外の作品には興味がないよーという人は、FOD一択ではないでしょうか。

ドラマとアニメの充実度は群を抜いてます。

 

 

auビデオパス

評価 ★★★★・・・・・・4
月額利用料 562円(520円分のコイン付き)
キャンペーン 30日間無料キャンペーン
見放題作品数 10,000本以上
PPV作品 アリ(本数不明)
合計作品数 不明
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 【注意!】auユーザーしか契約できません
auマンデイ(TOHOシネマズ系列なら毎週月曜日に1,100円)、auシネマ割(ユナイテッドシネマ系列ならいつでも1,400円)が使える

auビデオパスはauのユーザー以外では原則使えません。

無料作品に関してはauユーザー以外でも使えるとありますが、実質的にauのケータイを使ってる人専用のサービスだと考えましょう。

映画が安く見られることに関してはメリットがありますが、それ以外はとくに目立ったメリットもないのがつらいところ。

auを使っている人は検討してみるのもいいかも!?

 

 

-アニメの紹介
-, , , , ,

Copyright© 動画の森 - VOD動画の専門サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.