アニメの紹介

アニメ・BORUTO(ボルト)の見逃し配信・動画が見られるサービス

あの名作ナルトの続編であるボルト。

ナルトたちの世代から、子供であるボルトの世代へと変わった忍の世界の物語です。

ナルトでできあがった世界観に、新しい価値観や技術が発展した、新時代を感じさせる演出がすごくおもしろい作品ですよね。

はじまる前は、あまりに変わった世界観から、少しだけ抵抗がありましたが、見てみるとそれは杞憂に終わりました。

この記事では、そんなアニメ・ボルトを見逃し配信できる動画配信サービスについて紹介します。

BORUTO(ボルト)の見逃し配信(再放送)が楽しめる4つの動画配信サービス

VOD事業者見放題ペイパービュー見放題数月額利用料
U-NEXT80,000本1,990円
FOD2,500本888円
Hulu50,000本933円
dTV120,000本
※カラオケ動画などが多い
540円
auビデオパス10,000本562円

ボルトを見逃し配信しているのは、現在のところU-NEXT・Hulu・dTV・auビデオパスの4つ。

どのサービスも素晴らしいので、気になるサービスを選ぶとよいのですが、中でも一押しなのはU-NEXTです。

表にもある通り、80,000本という見放題作品数の魅力はとにかく大きく、ボルト以外にもかなりの数のアニメ・映画・ドラマが配信されています。

そのためボルトをふくめて、たくさんの作品を心ゆくまで動画を楽しみたいのなら、U-NEXTが断然オススメでしょう。

U-NEXTは、最初の1ヶ月間は無料で楽しみ放題ですし、もし「自分に合わない」と感じたのであれば、無料期間での解約にお金はかかりません。

とりあえず試してみる、というのもひとつのオススメなやり方です。

ちなみにこの4つの動画配信サービスなら、前シリーズのナルトも見放題できます。

\31日間の無料期間でボルトを楽しむ/

U-NEXT

アニメBORUTO(ボルト)が定額で無料見放題できる4つのサービス

一気見するならこの4つ!

ボルトはおそらく長編になると予想できる物語。

毎週見るのはもちろんですが、ある程度話が進んだら、まとめて一気見するのもおもしろいでしょう。

そのためにも、一気見できるサービスを把握しておくことはとても大切です。

年末年始やお盆などにガッツリボルトを見て過ごす、なんてのはいかがでしょうか。

もちろん毎週好きな時間にボルトを楽しむ、なんて使い方でもきっと楽しいでしょう。

なぜならご紹介した4つの動画配信サービスを使えば、好きな時間にいつでも見られるわけですから、これほど便利なものはありませんよね。

▲目次に戻る

BORUTO(ボルト)のあらすじとストーリー

BORUTO(ボルト)は、伝説的だった少年漫画「NARUTO -ナルト-」の息子を主役としたスピンオフシリーズです。

前シリーズである「NARUTO -ナルト-」は、週刊少年ジャンプで絶大な誇った人気忍者漫画でした。

少年時代は落ちこぼれ忍者だった主人公ナルトは、たくさんの戦いや仲間との出会い・別れを経て、一人前の忍者へと成長し、ついに火影となります。

そんなナルトと白眼の使い手ヒナタの間に生まれたのが息子のボルト!

▲目次に戻る

スピンオフ「BORUTO」の第一弾は映画だった

そのボルトを主人公とした、ナルトアニメ映画シリーズ2015年公開作品「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」は記憶に新しいですよね。

リブート作品というコンセプトを根底に置き、「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」をベースとする漫画連載とテレビアニメがスタートしました。

親世代と子世代が絡み合う物語で、前シリーズのナルトとは、時代が移り変わった独特の世界観が魅力的。

「NARUTO -ナルト-」と世代交代がわかる、近代化のすすんだ忍者の里で、かつての主人公たちは親として、そして新しい主役たちは子として、物語が進んでいきます。

▲目次に戻る

父親に反発するボルト

物語のはじめは主人公のボルトが、父であり火影であるナルトがつねに多忙であることから、その寂しさから反発心を抱く描画からスタート。

「俺は親父(ナルト)みたいな忍者にはなりたくない!」

ボルトは反発心からそう豪語します。

ですがボルトはそれでも忍者になるために、忍術学校で学び、そして中忍試験を経て、仲間たちと自分たちの忍道を突き進む、というストーリー。

そんな中、ボルトの目に突然宿る特殊な瞳力、そして謎の組織「殻」の登場など、目が離せない展開が続いており、今後の展開から目が離せません。

▲目次に戻る

BORUTO(ボルト)の声優(メイン)とキャラクター

メインキャスト

  • うずまき ボルト(三瓶由布子)
  • うちは サラダ(菊池こころ)
  • ミツキ(木島隆一)
  • 奈良 シカダイ(小野賢章)
  • 秋道 チョウチョウ(白石涼子)
  • 山中 いのじん(阿部敦)
  • メタル・リー(西谷亮)
  • 猿飛 木ノ葉丸(高橋英則)
  • 筧 スミレ(遠藤綾)
  • 雷門 デンキ(一木千洋)

▲目次に戻る

BORUTO(ボルト)の感想・レビュー・ネタバレ

ナルトが主人公だった前作では、バトル漫画の色がとても濃く、家族の問題もハードな内容でした。

だれが死にだれが生き残るのか、そのためにはどう戦いぬくか、という展開に加えて、仲間との友情や影のある敵キャラの存在で、少年漫画の王道のストーリーが魅力でしたよね。

前作のナルトとはまったく違うボルトの世界観

一転してボルトの世界では、家族との関係に悩み、友達同士との関わりに悩み、新しい技術との付き合い方に悩む、という現代の家庭が持つような問題が出てきます。

ボルトは忍者サラブレットの少年です。

そのため忍者としての才能はあるものの、努力を問われることが多いシーンがあります。

親世代のシリーズから見ていると、忍者の心得とはそんなものでは、と思ってしまうことも。

しかしボルトたちは、時代が違う中で親世代の持つ忍者に対する価値観のすれ違い、これからどんどん時代が変わり変化していくだろう世界で、少年がその夢に向かって自分の道を探します

▲目次に戻る

ボルトたちの若い世代ならではの葛藤

過去には争いがあったからこそ忍者が必要とされ、存在意義を見出すことができ、そして力を発揮できていたともいえるナルトの世代。

反対に大戦から10年以上経ち、平和な世界となったことで忍者として戦う必要がある、ということよりも、自分がどうしたいかが問われる世界で忍者になるボルトたち。

どんなに才能があっても、どんなに努力をしても、平和になった世界では、おそらく父と同じような活躍は絶対にできません。

だとすれば、彼らのモチベーションはどこになるのか。

親世代から昔の価値観を求められ、新しい忍者たちはどう生きるのか模索しているのです。

ボルトたちは、ナルトの世代よりもよい世界に生きているかもしれませんし、恵まれているのかもしれません。

忍者として平和を導いたナルトは偉大ですが、そんな親とは違う生き方を求めるボルトの、葛藤と成長の青春物語なのです。

▲目次に戻る

平和を受け入れる世界のあり方

かつての世界から一転、現実世界の近代化のような技術革新がすすんだ世界で、人々は争いの傷跡が完全には癒えないまま暮らしています。

平和になった世界では、「ナルト」の時代には見られなかった他里との交流や、よその国・よその忍者たちが出てきます。

それでも完全に争いの火種はなくなったわけではありません。

そして多くの国に、傷跡やくすぶっている問題が残っている描画も見られます。

過去として切り捨てられない争いの物語を、実感がなかったとしても新しい世代は生きていかなくてなならないのです。

親世代とはまったく違う、ボルトたちの活躍に期待したいですね。

▲目次に戻る

BORUTO(ボルト)の続編映画はあるのか

もともと映画からスタートしたボルトですが、今後も続編映画はかならず作られるはずです。

なぜなら登場人物多く、アナザーストーリーやスピンオフはどんどん作られるはずですから。

それにファンの支持も高く、期待もされています。これからも原作漫画・アニメの双方で、ボルトの動向に目が離せませんね!

▲目次に戻る

BORUTO(ボルト)が見られるオススメの動画配信サービスはこの4つ

オススメの正規動画配信サービスはコレ

U-NEXT

評価★★★★★★★★★★10
月額利用料1,990円(1,200円分のポイント付)
キャンペーン31日間無料トライアル
見放題作品数80,000本以上
PPV作品数40,000本以上
合計作品数120,000本以上
画質フルHD
アダルト対応対応(見放題5,000本)
電子書籍対応
特記事項毎月もらえる1,200円分のポイントでPPV作品などを自由に楽しめる

U-NEXTは国内でも最高峰の動画配信サービス。

見放題作品80,000本にくわえて、PPV作品が40,000本合計で120,000本もの作品で、飽きることは永遠にないというほどのボリュームです。

価格は月額1,990円とほかのサービスよりもやや高い印象がありますが、実際には毎月1,200円分のポイントがもらえることから、実質的に790円が基本料だと考えることもできます。

なおポイントは各種PPV作品で使うことができ、1作品あたり400〜600ポイントですから、毎月2〜3本ほど有料作品が定額内で楽しめるという計算に。

ちなみに標準でアダルト動画の見放題にも対応していることは、ほかにはない特徴です。

VODサービスを検討する時に、まず最初に候補となるのはU-NEXTでしょう。

これ以上によい動画配信サービスは、今のところありません。

>>公式サイトはこちら

Hulu

評価★★★★★★★★★・9
月額利用料933円
キャンペーン2週間無料トライアル
見放題作品数50,000本以上
PPV作品×
合計作品数50,000本以上
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

>>公式サイトはこちら

dTV

評価★★★★★★★・・・7
月額利用料500円
キャンペーン31日間無料キャンペーン
見放題作品数120,000本以上
PPV作品アリ(本数不明)
合計作品数不明
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項見放題は多いが音楽ビデオやカラオケ動画が多い

NTTdocomo系列が運営しているdTV。

docomoの携帯を契約する時に申し込みをするイメージが強いですが、どのキャリアでも契約できるサービスです。

そしてdTVの強みはたった月額500円なのにも関わらず、見放題本数が120,000本もあることでしょう。

アニメ系の最新作には結構強いです。

ですが注意点もあり、見放題120,000本とありながらも、音楽ビデオやカラオケなど魅力に乏しいコンテンツを集めて見放題としている点。

契約してみると意外と見られる作品が少なかったと感じる人も多いことでしょう。

また複数の端末では一切使えないため、家族で共有することもできないことに注意してください。

1契約で1人しか使えません。個人で楽しみたい人向けだといえそうです。

>>公式サイトはこちら

auビデオパス

評価★★★★・・・・・・4
月額利用料562円(520円分のコイン付き)
キャンペーン30日間無料キャンペーン
見放題作品数10,000本以上
PPV作品アリ(本数不明)
合計作品数不明
画質フルHD
アダルト対応×
電子書籍×
特記事項【注意!】auユーザーしか契約できません
auマンデイ(TOHOシネマズ系列なら毎週月曜日に1,100円)、auシネマ割(ユナイテッドシネマ系列ならいつでも1,400円)が使える

auビデオパスはauのユーザー以外では原則使えません。

無料作品に関してはauユーザー以外でも使えるとありますが、実質的にauのケータイを使ってる人専用のサービスだと考えましょう。

映画が安く見られることに関してはメリットがありますが、それ以外はとくに目立ったメリットもないのがつらいところ。

auを使っている人は検討してみるのもいいかも!?

>>公式サイトはこちら

動画配信サービスランキング

動画配信サービスは、それぞれに得意分野があります。

どれも魅力的なサービスですから、迷ってしまうものですよね。

選び方が分からない人向けに、私がとくに良いと感じたサービスをランキング形式でご紹介しています。

 

————————————————————————

本ページの情報は本記事投稿時点のものです。

最新の配信状況は各動画配信サービスにてご確認ください。

————————————————————————

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です