アニメの紹介

アニメ・七つの大罪を見逃し配信で全話見られる動画サービス

更新日:

アニメ・七つの大罪を見逃し配信で全話見られる動画サービス

今誰もが注目するアニメ「七つの大罪」を見逃し配信で全話見られる動画サービスを紹介します。

ブリタニアの世界を舞台とし、七つの大罪をモチーフにした大作で、めちゃめちゃおもしろいですよ。

 

七つの大罪の見逃し配信(再放送)が見られる動画配信サービス一覧

VOD事業者 見放題 ペイパービュー 見放題数 月額利用料
U-NEXT 80,000本 1,990円
Hulu 50,000本 933円
FOD 2,500本 888円
dTV 120,000本
※カラオケ動画などが多い
540円
auビデオパス 10,000本 562円

七つの大罪は5つの動画サービスのすべてで見られます。

さすが超人気作ということもあり、各社力を入れていることがわかりますね。

まだこのいずれのサービスも使っていないのなら、U-NEXTを試してみることをオススメします。

5つのサービスは全部よいところがあるのですが、その中でもU-NEXTは作品数や付加サービスまで抜きん出ているのです。

31日間は無料トライアルがあるので、この期間中に七つの大罪を全部見てしまってもよいかもしれませんね。

 

>>U-NEXTの詳細を見てみる

 

七つの大罪が定額で無料見放題なのはどれ?全話一挙放送・配信

このサービスでイッキ見しよう!

 

七つの大罪のあらすじ

 

かつて人間と人間ならざる物の世界が分かたれていなかった時代がありました。

ブリタニアを舞台とし、大罪人7人からなる最強の騎士団「七つの大罪」の闘いが描かれます。

前の戦争が終わって、「七つの大罪」の騎士団長であった主人公メリオダスは相棒の豚ポークとともに身分を隠して飲食店を経営していました。

そこへ王女エリザベスがやってきて、自国の救出のために戦ってほしいと願い出ます。

エリザベスの願いを受けて、メリオダスは再び戦場に身を置く決心。

メリオダスは散り散りになってしまったかつての「七つの大罪」のメンバーを集めるための旅に出ます。

その先では「七つの大罪」以外の仲間達とも出会い、強敵とも戦うことに。

 

七つの大罪のキャスト

メインキャスト

  • メリオダス(梶裕貴)
  • エリザベス(雨宮天)
  • ホーク(久野美咲)
  • ディアンヌ(悠木碧)
  • バン(鈴木達央)
  • キング(福山潤)
  • ゴウセル(髙木裕平)
  • ギルサンダー(宮野真守)
  • ツイーゴ(三宅健太)
  • ハウザー(木村良平)

 

七つの大罪の感想・ネタバレ

メインキャラクター「7人」に心ときめく

じつは「七つの大罪」を題材にした作品は日本には多く存在するのですが、その中でも個人的に今作が一番面白いと思います。

日本の様々な作品では縁起の良いとされる「7」を用いた作品が割りと多くありますよね。

やはり7人で構成される組織と聞くとわくわくしてしまいます。

最強の部隊「七つの大罪」のメンバーが一人、また一人と集まって行く過程にはわくわくしました。

大罪のメンバーはいずれも個性的で視聴者にとってお気に入りのキャラクターがきっといると考えられます。

アニメ一期の段階では6人までしか登場しませんが7人揃うまでとにかくわくわくしますね。

 

メリオダスの自然な生き方

奔放な主人公メリオダスは基本的には己の願望に逆らわない性質の人物です。

物語冒頭では相棒の豚ホークと共に小さな飲食店を営み、そこにやってきたヒロインエリザベスとの出会いを経て長い冒険が始まります。

メリオダスはいやらしさを感じる表情はせず、あくまでも自然な態度で、エリザベスの尻を触り、足を触り、胸も触ります。

主人公にあるまじき行為を毎度平気で行うのがおもしろいところ。

メリオダスが息をするかのごとく、エリザベスにセクハラをするという一連の流れがこの作品の一つの特徴となりました。

こういうことをしておいて、不思議とエリザベス的にも視聴者的にも好感度が落ちないというのがメリオダスの魅力でもありました。

 

キャラのギャップ

普段はおふざけも多いメリオダスですがが、実は七つの大罪のリーダーということで、腕っぷしはものすごく強いです。

強敵との戦闘時には高い戦闘スキルを発揮するので普段のんびりしている人間とは思えなくなります。

このような主人公のギャップにぐっとくる作品でもありました。

 

七つの大罪の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

の続編はあるのか!?原作漫画の状況から考察

超人気作品・七つの大罪は今後も続編がどんどん出てくるでしょう。

破竹の勢いですから、ご心配なさらず。

少なくとも2作品以上は続編が出ると予想します。

 

 

 

オススメの正規動画配信サービスはコレ

オススメの正規動画配信サービスはコレ

U-NEXT

評価 ★★★★★★★★★★10
月額利用料 1,990円(1,200円分のポイント付)
キャンペーン 31日間無料トライアル
見放題作品数 80,000本以上
PPV作品数 40,000本以上
合計作品数 120,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 対応(見放題5,000本)
電子書籍 対応
特記事項 毎月もらえる1,200円分のポイントでPPV作品などを自由に楽しめる

U-NEXTは国内でも最高峰の動画配信サービス。

見放題作品80,000本にくわえて、PPV作品が40,000本合計で120,000本もの作品で、飽きることは永遠にないというほどのボリュームです。

価格は月額1,990円とほかのサービスよりもやや高い印象がありますが、実際には毎月1,200円分のポイントがもらえることから、実質的に790円が基本料だと考えることもできます。

なおポイントは各種PPV作品で使うことができ、1作品あたり400〜600ポイントですから、毎月2〜3本ほど有料作品が定額内で楽しめるという計算に。

ちなみに標準でアダルト動画の見放題にも対応していることは、ほかにはない特徴です。

VODサービスを検討する時に、まず最初に候補となるのはU-NEXTでしょう。

これ以上によい動画配信サービスは、今のところありません。

 

 

Hulu

評価 ★★★★★★★★★・9
月額利用料 933円
キャンペーン 2週間無料トライアル
見放題作品数 50,000本以上
PPV作品 ×
合計作品数 50,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 定額ですべて見放題のため、非常にわかりやすい料金体系で作品数も充実

日本でのサービス開始はなんと2011年。

もう7年以上もサービスを提供している、動画配信サービスの老舗といってもよいでしょう。

そしてHuluの特徴は、とにかくすべてがわかりやすいこと。

価格は933円の定額のみで、すべての作品が見放題です。

ほかの動画配信サービスにありがちな「見たいと思ったらPPV作品だった…。めんどくさ!」みたいなことが一切ありません。

すべて見放題のサービスだけで統一している点と、しかも50,000作品もあると考えれば、かなり魅力的なサービスだといえるでしょう。

もともとアメリカの事業者でしたが、現在では日本テレビ系列の参加ですから、海外作品と国内作品の両方に強いことが魅力。

準新作あたりのタイトルがなんでも見放題なのは最高ですよね。

 

 

FOD

評価

★★★★★★★・・・7

月額利用料 888円
キャンペーン 最大1ヶ月無料
見放題作品数 5,000本以上
PPV作品数 5,000本以上
合計作品数 10,000本以上
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 対応
特記事項 フジテレビ系列のため、同社のドラマやアニメの最新作に強い

FODはフジテレビが運営している動画配信サービスです。

そのため国内のドラマ・映画・アニメに非常に強く、とくにフジテレビで放映された作品に関しては、独自の見逃し配信があったりとサービスも魅力的。

ただし海外作品に関しては弱いため、どちらかというと国内の作品を中心に、目一杯に楽しみたい人にオススメです。

海外の作品には興味がないよーという人は、FOD一択ではないでしょうか。

ドラマとアニメの充実度は群を抜いてます。

 

 

dTV

評価 ★★★★★★★・・・7
月額利用料 500円
キャンペーン 31日間無料キャンペーン
見放題作品数 120,000本以上
PPV作品 アリ(本数不明)
合計作品数 不明
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 見放題は多いが音楽ビデオやカラオケ動画が多い

NTTdocomo系列が運営しているdTV。

docomoの携帯を契約する時に申し込みをするイメージが強いですが、どのキャリアでも契約できるサービスです。

そしてdTVの強みはたった月額500円なのにも関わらず、見放題本数が120,000本もあることでしょう。

アニメ系の最新作には結構強いです。

ですが注意点もあり、見放題120,000本とありながらも、音楽ビデオやカラオケなど魅力に乏しいコンテンツを集めて見放題としている点。

契約してみると意外と見られる作品が少なかったと感じる人も多いことでしょう。

また複数の端末では一切使えないため、家族で共有することもできないことに注意してください。

1契約で1人しか使えません。個人で楽しみたい人向けだといえそうです。

 

 

auビデオパス

評価 ★★★★・・・・・・4
月額利用料 562円(520円分のコイン付き)
キャンペーン 30日間無料キャンペーン
見放題作品数 10,000本以上
PPV作品 アリ(本数不明)
合計作品数 不明
画質 フルHD
アダルト対応 ×
電子書籍 ×
特記事項 【注意!】auユーザーしか契約できません
auマンデイ(TOHOシネマズ系列なら毎週月曜日に1,100円)、auシネマ割(ユナイテッドシネマ系列ならいつでも1,400円)が使える

auビデオパスはauのユーザー以外では原則使えません。

無料作品に関してはauユーザー以外でも使えるとありますが、実質的にauのケータイを使ってる人専用のサービスだと考えましょう。

映画が安く見られることに関してはメリットがありますが、それ以外はとくに目立ったメリットもないのがつらいところ。

auを使っている人は検討してみるのもいいかも!?

 

 

-アニメの紹介
-, , , ,

Copyright© 動画の森 - VOD動画の専門サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.